二鶴工芸のきままなブログ

京都で呉服に金箔を装飾する金彩工芸の職人です。
仕事のうんちくや商品説明等きままな事を更新していきます。

ありがとうございました!!

2022年10月24日 | 日記

二鶴工芸です。
昨日、京の名工展(搬出含む)が無事終了しました。
お越しいただきましたお客様、誠にありがとうございましたm(__)m
この場からも御礼申し上げます。
コロナの影響で京もの認定工芸士作品展としては京都府京都文化博物館での展示は数年ぶりです。
久しぶりにお会いできた方など、たくさんの方とお話できて良かったです!!
名工の先生方とのオーセンティックな展示はやはり良いな~と思いました。
また何か予定が決まりましたらお知らせします。
引き続きどうぞよろしくお願い致します。
尚、展示していた作品の帯ですが、ご興味ある方はいつでもご連絡くださいませ。

二鶴工芸 上仲昭浩

京もの認定工芸士 京友禅 上仲昭浩

京の名工展

会場:京都府京都文化博物館5階展示室 
住所:京都市中京区高倉三条上ル
電話:075-222-0888

会期:10月19日(水)~23日(日) 10時~17時(最終日16時まで)
入場無料

主催:京都府・京都府工会

お問い合わせ:商工労働観光部染織・工芸課 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
電話番号:075-414-4858
ファックス:075-414-4870 
メール:senshoku@pref.kyoto.lg.jp


<列品解説および制作実演・体験>
京の名工による列品解説や、若手職人京もの認定工芸士によるトークセッション、京の名工や京もの認定工芸士による実演・体験コーナーを実施します。(体験は有料)
詳細な日程はこちら⇒https://www.pref.kyoto.jp/senshoku/news/r4meikouten.html


平安建都以来、千年を越える悠久の歴史の中、政治・経済・文化の中心地であった京都には、優秀な職人たちが数多く集まり、多くの目利きたちに支えられ、創造を重ねる中で、日本を代表する優れた染織品や工芸品が生み出され育まれてきました。

今日においても、京都の伝統産業は、長い歴史の中で培われた伝統の意匠と全国に誇る高い技術を持った職人さんたちの手で支えられています。

◇京都府伝統産業優秀技術者

京都府では、多年にわたり伝統産業に従事し、優れた技術をもってその発展を支えてこられた職人さんを「京都府伝統産業優秀技術者―京の名工―」として、昭和36年から知事表彰を実施してきました。

◇京の若手職人「京もの認定工芸士」

京都府では、西陣織や京仏壇・京仏具、京漆器など「京もの指定工芸品」34品目の従事者のうち、特に技術に優れ、意欲ある若手職人を対象に、「京もの認定工芸士」の称号を授与しております。




最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ra9gaki_do)
2022-10-24 08:00:09
おはようございます(^-^)
いつも温かいリアクション
ありがとうございます。
京の名工展〜大変お疲れ様でした!
会場の賑わいが目に浮かんでおりました。
益々のご活躍をお祈り申します。
ありがとうございます!! (二鶴工芸)
2022-10-24 08:13:38
ra9gaki_do様
おはようございます。
ありがとうございます。
コロナで色々中止になったりしましたが、今年は無事に開催でき良かったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。