ひーず のーと

旅、食、落語・・・と日々思うこと、思い出したことの備忘録

21日、慶應、明治にサヨナラ勝ち・優勝

2018-05-22 21:16:32 | 今日の想い
 昨日の東京六大学野球、慶明3回戦、慶應が明治との接戦を5-4のサヨナラ勝ちで制し、優勝へ大きく前進!来週明治が1敗か、慶早戦での勝ち点で優勝!(明治が来週連勝で、慶早戦で1勝のみならプレーオフ)

 慶應は先発佐藤が3回まで抑えるも4回に3連打などで3点の先制を許した。残る1死2塁は高橋亮が抑え、続く5回も無失点。
 慶應打線は5回裏、明治森下暢を攻め、小原の三塁打と河合のタイムリー、さらに、柳町の二塁打、郡司のタイムリーで、1点差に。
 6回表を田中裕が抑えると、その裏、明治竹田をせめて、ヒットの嶋田がバントで二進した後、植田清の同点タイムリー!
 7回表、石井が失点し、再びリードを許した直後には、明治磯村から柳町が四球を選び、代わった伊勢に郡司、杉本がヒットで続き、嶋田の内野ゴロで、再び追いついた。
 8、9回は石井がヒットを打たれながらも、無失点で切り抜け、9回裏、内田が二塁打を打つと、嶋田が四球、瀬戸西が送って、中村凡退の後、2死2・3塁から1年渡部がサヨナラタイムリーで、激闘を制した。
 優勝まであと一歩!
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 三陸南部産・真イワシ刺し | トップ | 高校野球春季大会、神奈川県... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

今日の想い」カテゴリの最新記事