ひーず のーと

旅、食、落語・・・と日々思うこと、思い出したことの備忘録

13日、高校野球、県春季大会3回戦・桐蔭、慶應、隼人等が敗退し、夏のシード権失う

2019-04-18 23:07:16 | 今日の想い
 13日の高校野球の神奈川県春季大会は3回戦16試合。勝ち進んだところが夏のシードという、大切な試合。秋の関東王者桐蔭、秋神奈川4強の慶應、その他隼人などの強豪が敗退し、夏のシード権を得ることができなかった。

 桐蔭は1回裏、5連打で5点を先制。しかし、向上が2回、6回、7回に1点ずつ返し、8回には桐蔭伊禮から4連打で、ついに試合を振り出しに。そして10回表、向上は岡崎の二塁打とパスボールなどで勝ち越し、桐蔭を6-5で下した。向上は舟木~松村~古澤の継投で石坂に三塁打、岡崎、国崎(2本)に二塁打。桐蔭は長谷川~鈴木~伊禮~山崎の継投で、馬場、富田に二塁打。


 湘南学院は古謝が日大を2点抑え、4-2で勝利。湘南学院は菊池、山口に二塁打。日大は内山~高良~荒川の継投で、小嶋、井上に二塁打。


 東海大相模は吉澤のホームランなどで、湘南台を5回コールド11ー0と圧倒。東海は山村~冨重のリレーで金城、鵜沼、西川、遠藤に二塁打。


 日大藤沢は武冨が横浜清陵を7回零封し、7ー0の7回コールド勝ち。鵜飼に三塁打、石川、牧原、姫木、森田に二塁打。


 慶應は藤沢清流の澁谷~小田嶋の継投の前に無得点。藤沢清流が小田嶋のホームランなどで2-0の勝利。慶應は日比谷~中林~駒形の継投で、本間に二塁打。


 麻溝台は県相模原8-5で逆転勝ち。


 横浜は先制も、星槎国際湘南に追いつかれ、1-1で延長戦。10回は両校1点ずつあげ、12回横浜が3得点で突き放し、5-2で試合を制した。横浜は木下が完投し、度会にホームランと二塁打、吉原に2二塁打、小泉も二塁打。星槎は三浦~一柳~石綿~一柳~茂木良~野呂の継投で、茂木陸、石綿に二塁打。


 藤沢翔陵は3点追い、8回裏2点、9回に追いつき、10回6-5で、横浜作者陽にサヨナラ勝ち。藤沢翔陵は前場~柴田翼~上澤~戸田の継投で、深沢、松原に三塁打、前場、外崎、篠に二塁打。


 立花学園は須田~武井~滝本の継投で、横浜隼人を4安打完封し、3-0で4回戦へ。立花は濱田、村上に二塁打。隼人は佐藤~梅田~加藤大の継投で、佐野に二塁打。


 鎌倉学園対Y校は7回まで、Y校が2-1。8回表、Y校が2点挙げると、その裏、鎌倉学園が3点奪います同点、9回に鎌倉学園が1点追加し、5-4のサヨナラ勝ち。鎌倉学園は荒川~本多の継投で、中村にホームラン、福田に三塁打。Y校は篠崎~小野の継投で、及川に三塁打、島田、笹川に二塁打。


 桐光は冨田~谷村の継投で、伊志田を7回2失点で、7回コールド9-2の勝利桐光は鈴木、馬込、谷村みホームラン。


 厚木北区は浅野に8回コールド10ー2も大勝。


 戸塚は武相を5-3で下した。武相は鈴木~井上の継投も5失点。打線も長打は増田の二塁打のみ。


 弥栄は8回4点、9回5点で湘南工大付10ー3で退けた。湘南工大付は海老原先発で、3投手の継投。


 光明相模原は4-4の8回に4点挙げ、山手学院を突き放し、終わってみれば、17ー4の大勝。


 相洋は本田が平塚学園を7回1点に抑え、8-1の7回コールドが。相洋は國井、山崎にホームラン。平塚学園は豊泉~渡邊から三浦の継投で、白間に二塁打。
コメント

16日、阪神、ヤクルトに大敗

2019-04-18 21:46:51 | 今日の想い
 16日の阪神は1回表、糸原、糸井のヒットと大山、ナバーロのタイムリーヒットで、2点を先制。
 しかし、先発ガルシアが2回途中まで7失点。これで、試合が決まってしまった。
 阪神の反撃は6回、福留の二塁打と2つの内野ゴロで1点。9回にはナバーロの二塁打と中谷の2ランで2点を返したが、中、後半にも2点失って、序盤の失点が大きすぎた。
 5-9で敗戦してしまった。
コメント