ひーず のーと

旅、食、落語・・・と日々思うこと、思い出したことの備忘録

26日、高校野球神奈川県春季大会、36校が県大会進出

2019-04-01 22:06:14 | 今日の想い
 26日も高校野球の神奈川県春季大会地区予選で36校が県大会進出。

 川崎地区では大師、橘、百合丘が県大会へ。
 すでに県大会を決めていた法政二は川崎北を6回コールド12-2で下した。法政二は鈴木が6回を投げきりb打線は木内にホームラン、山本、鈴木に三塁打、小池、仲谷、山本、五明、南雲、古本に二塁打。



 横浜地区。
 横浜商大は秀英を5回コールド19ー0と一蹴し、県大会進出。商大は松岡が5回零封し、塚本、前田、松岡に三塁打、平田、塚本、海辺、前田、小柴、頼住、松岡に二塁打。

 横浜創学館は横浜栄を5回コールド16ー2と圧倒し、県大会を決めた。創学館は石渡~三浦のリレーで、打線は佐上にホームラン、近藤、山越、新倉に二塁打。

 横浜地区では他に、横浜桜陽、荏田、関東学院、新栄、上矢部、金沢、港北、瀬谷、山手学院、横浜清陵、神奈川大付が県大会へ。

 それ以外の試合では慶應が荻野が5回にで舞岡を5回コールド12-0で下しだしたは水鳥に三塁打、本物、水鳥、杉岡、善波、小林遼に二塁打。

 武相は平沼に5回コールド12-2の大勝。武相は鈴木絡み永井の継投、打線は島内に三塁打、大橋、大崎に二塁打。

 隼人は元石川を7回コールド12-3で下した。隼人は佐藤一、永井、山崎、豊田、梅田の5投手リレー。打線は冨丘、新井にホームラン、冨丘、山下(2本)、佐野、平岡に二塁打。

 Y校は瀬谷西に6回コールド12ー2。Y校は小野が6回投げきり、小野に三塁打、関口が3二塁打、及川、関口、萩原に2二塁打。

 日大は浅野を8-4で下した。日大は安保~稲田~内山の継投で打線は畑崎に2三塁打、小嶋、秋山に二塁打。



 横須賀地区では逗葉が新たに県大会へ。

 

 湘南地区では、藤沢西、茅ヶ崎西浜、藤沢清流、慶應藤沢が新たに県大会進出。
 すでに県大会を決めていた藤沢翔陵が湘南学園を5回コールド10ー0で下した。翔陵は和田~松尾~松尾柴田翼の継投、飯泉、深沢、大島に二塁打。
 


 北相地区。
 東海大相模が相模向陽館・横浜旭陵に5回コールド12ー0で勝って、県大会。東海は冨重~佐竹の無失点リレーで、打線は山村のホームラン、本間の三塁打、谷川、河邉の二塁打。

 北相地区では、他に、厚木北、海老名、城山、厚木、上溝南、相模原総合、麻布大付、大和、秦野、伊志田も県大会進出。


 西湘地区。
 平塚学園は二宮・大井を5回コールド25ー0と圧倒し、県大会進出。平塚学園松村、今関、中村、渡部の継投。打線は松村、東、市川に三塁打、似内、楠田に二塁打。

 他に旭丘、山北、平塚江南も県大会決定。

 西湘地区ではすでに県大会を決めている相洋が小田原に5回コールド13ー3で下した。相洋は石井~高柳の継投で加藤にホームラン、機体に二塁打。

 また、星槎国産湘南は小田原城北工に3-1で勝利。星槎国産は三浦が完投。
コメント

選抜は準々決勝

2019-04-01 21:47:20 | 今日の想い
 昨日の選抜高校野球は準々決勝。
 第1試合では1回裏、1点を追う市和歌山が3-1と逆転。しかし、習志野が5~7回に1点ずつ奪い、4-3の逆転勝ち。

 第2試合は平安・明豊両校投手ともに譲らず0ー0で延長戦に。11回裏、明豊がヒット、四球、敵失で満塁とし、途中出場の後藤のサヨナラヒットで1ー0に。

 第3試合は東邦が筑陽学園を7-2と圧倒。

 第4試合は1回表、智弁和歌山が1点先制も、その裏、明石商は来田のホームランで追いつき、長短ヒットで勝ち越し。明石商は2回にも、連打と来田の犠牲フライで、追加点。智弁和歌山も5回長短3連打で追いついた。しかし、明石商は9回裏、来田がこの日2本目のホームランで4-3のサヨナラ勝ち。

 好試合が多かった。さすがに準々決勝。
コメント

31日、阪神今季初黒星

2019-04-01 21:33:52 | 今日の想い
 昨日の阪神は4安打でヤクルトに1-2の敗戦。今季初黒星で同率首位に。
 先発西が1回表、長短3安打を打たれ、2点失ってしまった。その後、西は7回まで1安打、惜しかった。8回は島本が1安打2四死球で満塁も無失点。9回は藤川が2奪三振無失点。
 打線は4回に近本の二塁打、糸井のヒットの後、大山の犠牲フライで1点差も、追い付けなかった。
コメント