TOO YOUNG TO ROCK & ROLL

人生裏イニング突入 ☆ ロックンロールには若過ぎる

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

恋愛ライダー

2012-08-09 21:27:50 | 音源
指祭りにて、圧倒的歌唱力で他のアイドルグループのファンの度肝を抜いたBuono!

Buono!「恋愛ライダー」
いい曲だ。
愛理ちゃん推しで。
コメント

圧倒的なスタイル

2012-06-10 18:24:04 | 映像
トル選昨年度No.1(2008年の曲だが昨年発売吉田豪選アイドルコンピで初めて聴いた)Negicco「圧倒的なスタイル」のPVが作られていたのでアップしとこう。

Negicco「圧倒的なスタイル」

マジ名曲。歌声もしっとりしていて素晴らしい。
コメント

PUSH

2012-06-04 17:41:47 | 映像
今月発売ももクロちゃんニューシングルのカップリング曲「PUSH」のPVが秀逸過ぎる!

ももいろクローバーZ「PUSH」

鼻にボタン付けて可愛さ増してる奇跡。
そもそもボタンの付ける位置が鼻である必要全く無し(笑)。
古代ギリシャ風肉襦袢&メイクの破壊力もはんぱねー。
夏菜子とあーりんの「うぉーーーー」の表情が抜群。
ももかの襟巻きトガゲ風走りに爆笑。
そしてれにちゃんの高飛びバー破壊(笑)。

本日しおりん17歳の誕生日おめー。
みんなの妹ももう17とか改めてびっくり。

しおりんと言えば最近一番爆笑したのが夏菜子とのしりとり卓球対決。
球を返しながらしりとりもしなければならないので言葉を考えてる時間はない。
「う」で始まる言葉をとっさに出さなければいけないしおりん。
出ない、出ない、球も打たなければ。あー出ない。

「ううう~~~~んこ」

言っちゃったー(笑)。

カットしないで放送するところがももクロ。


コメント

でんぱれーどJAPAN

2012-06-02 21:51:28 | 映像
でんぱ組、6人になってからの初シングル。楽し。

でんぱ組.inc「でんぱれーどJAPAN」
コメント

星屑ラブソング

2012-05-27 12:08:09 | 音源
一発で永井ルイ氏のアレンジとわかるジェフリンチックなスパガのこの曲。たまらん。

SUPER☆GiRLS「星屑ラブソング」
コメント

ジングルガール上位時代

2012-05-14 22:02:00 | 映像
これ、とてつもなく名曲。

Tomato n'Pine - ジングルガール上位時代
コメント

教育

2012-05-13 14:05:24 | 音源
在日ファンクの超かっこいい演奏に負けない有安のボーカルがすげー。

有安杏果with在日ファンク「教育」

かえるじゃないよー、ももかだよ、げろっぱー♪

んでこの曲と、岡村ちゃんがリミックスした在日ファンクの「爆弾こわい」をミックスしたのを作った人がいて、それが超絶かっこいい。

爆弾こわい(岡村靖幸REMIX) +教育
コメント (3)

涙目のアリス

2012-05-03 21:36:03 | 音源
PC古過ぎてYT貼れなくなったので書いてなかったんだけど、しおりんのソロが素晴らしすぎるのでURLリンクで。

玉井詩織「涙目のアリス」


堀ちえみ「稲妻パラダイス」や超名曲、松原みき『真夜中のドア』、竹内まりや「セプテンバー」等が大好きだった林哲司による曲が懐かしい感じで最高。
なによりしおりんの声がぱきーんと出ていて気持ちよくて抜群なのです。
コメント (2)

RUNAWAY GIRL

2011-12-14 21:01:49 | 映像
ローグ、85年のキングからのデビューシングル。

<-- RUNAWAY GIRL -->


アルバム1枚だけでポニーキャニオンに移籍。
その後89年の武道館まで辿り着くのだが、東京横浜のライブはほぼ全部通った85年~87年が思い入れ深い。

<-- MY HONEY -->


つー事で都内初のホールライブだったこのライブにも当然行っていて、当時ベースで一番好きだったブンメイくん(文明と書いてフミアキだがオレの周りはみんなブンメイくんと呼んでいた)にあわせていつもずーっとぴょんぴょん跳ねていた。こんだけ跳ねてもブンブン鳴らしてミスせず、まーかっこよかった。

奥野くんの歌も含め全員とにかく上手いバンドで、その証拠にヒムロックソロ初期のバックは丸ごとローグの3人だった。

で、渋谷屋根裏のバイト時代から知っている奥野くんが、2年前に高所から転落して現在も車椅子生活な事を最近知り・・・全力でエールを送る事しか出来ないけど、心の底から回復して欲しいと思うよ。
コメント

future diver

2011-12-11 13:09:04 | 映像
吉田豪監修コンピに入っていた「kiss+kissでおわらない」も最高だったでんぱ組.incだが、同じ作詞作曲コンビ、畑亜貴/小池雅也に編曲前山田健一の新曲「future diver」がさらに素晴らしい。

<-- future diver -->


<-- kiss+kissでおわらない -->



コメント

労働讃歌とサンタさん

2011-11-13 12:51:07 | 映像
ももクロ新曲「労働讃歌」、作詞はオーケン!
頭にネクタイ巻いて省エネスーツ着るアイドル(笑)。

<-- 労働讃歌 -->


70年代アクションものを彷彿させるアレンジがじわじわくる。

んで、カップリングの「サンタさん」、前山田作。
れにちゃんおいしいとこ独り占め。

<-- サンタさん -->


「ココ☆ナツ」の引用が楽し。



コメント

師匠、もうあれから10年ですか

2011-11-05 13:38:03 | 映像
我が心の師、モダンドールズ佐谷さんが他界して今年で10年目なんだね。

最近別のヴォーカルを入れてモダンが復活してるようだけど、映像観たら申し訳ないけど師匠と比べたら・・・。

<-- チェリーに首ったけ -->


音と絵がずれてるのが残念だけど・・・やっぱ師匠かっこいいぜ。

コメント (2)

ロックファンの皆さん目をさまして下さ~い

2011-08-07 16:35:46 | LIVE
ロックバンドが多数出る中に殴り込んで強烈な印象を残したとして既に伝説化してるザンジバルナイト@ももクロちゃんの映像をやっと観れた(左右反転してるが)。

リリーフランキーや清水ミチコ、スチャダラやTOKYO No.1 SOULSETの人ら共演者も軒並み心わしづかみされてももクロTシャツ買いに走ったりしたらしいが(笑)、コレ観るとそりゃそうでしょ、って感じだね。

ちんけなロックバンドなら楽に蹴散らしますよ。

小川直也の「プロレスファンの皆さん、目を覚まして下さ~い」の引用をかましてからのー、裸足全力パフォーマンス。

かっこ良過ぎるZ!


<-- ももクロ@ザンジバルナイト -->
コメント

夏菜子ベアダー

2011-07-18 13:33:36 | 映像
Z伝説PVのフルバージョン、貼ってなかったので一応。

<-- Z伝説 PVフル -->



夏菜子のプシューはビッグバンベイダーだなと思ってたら、熊だけに夏菜子ベアダーというらしい(笑)。

ラスト、Zポーズロング停止でしおりんが耐えきれずちょいちょいと2回足着くとこ最高。

ベアダーでの夏菜子もそうだが、このVは夏菜子の全ての表情がすんばらしい。
過去のPVと比べてもダントツだし、同時発売シングル「D’の純情」のPVよりも全然いい。
ちなみに「D’の純情」はももクロちゃんの曲としてはあまりピンとこなかった。

この同時シングルの2曲、デイリーチャートでは1、2位独占の日もあったし、ウィークリーでは5位と6位。

もちっと上でもいいが、両方今月発売のアルバムにも入ってるからね。
アルバムがどこまで行くか注目。
今の感じだとトップもいけんじゃね?

コメント (2)

take me to your party

2011-06-21 18:06:43 | 音源
夏並に暑くて、若かりし頃に海でやったライブを思い出した。

19、20の頃、夏休みに秋田で地元の友達と何度かライヴをやっていて、砂浜にやぐら組んだ上でもやったんだよな。

汗だくだくだくの暑い中、どぎついメイクしてメンバーとぞろぞろ海を歩く異様さ(笑)。

その頃良くやった曲。

<-- 子供ばんど/take me to your party -->


これパワーポップでしょ。

改めていい曲だな、と思う。

この曲が入ったアルバムのレコード(まだCDではない)は店頭発売がなくメンバーがちっちゃい車に乗って全国手売りしたのだ。

東京で買ったか秋田で買ったか忘れちゃったけど、JICK(うじきの事ね)から直接受け取ったのがめっちゃ嬉しかったのは覚えている。

映像に自分が映ってないか探したけど、そもそも当時の自分のたたずまいがよくわからない(笑)。
コメント