薄着になったらお肉が・・・

美容と健康を中心にダイエットに挑戦中!でたらめなダイエットは危険なので健康痩せをしています。

効果的な年齢肌対策を

2017-12-31 21:17:58 | ダイエット
効果的な年齢肌対策を


お肌を美しく保とうと、高級化粧品を使ったりしてお肌を保持するお方は多いです。
お金を沢山かけたりして皆様日々努力をしていますが、きちんとご自身に合ったケアはできているでしょうか。

美肌効果をセールスポイントにした商品は世の中で膨大に流布しており、実に様々な種類の化粧品やグッズが販売されています。
そんな商品の中でも非常に多いのが、年齢肌向けの物です。
歳は誰でもとるもので、加齢とは切っても切れぬ縁ですね。
年齢とともにお肌の機能は弱まり衰えていきます。
これはお肌を若く保ちたい皆様には厄介な問題ですね。

お肌の若返りには、総合的な生活の見直しこそが必要なのです。
外見だけを磨くことでは・・・つづく

髪の毛を切るときに使用する刃物の切れ味が悪いと、

カットした断面がいびつになり、

枝毛になりやすくなるので、

注意が必要です。


自宅で前髪を切ったりするときは、

切れ味の良いハサミを、

使用することをお勧めします。



コメント

メタボリックダイエットと運動

2017-12-31 18:25:53 | ダイエット
メタボリックダイエットと運動

メタボリック症候群が気になるという方は、ダイエットとして食事メニューの見直しも大事ですが、体を動かすことも忘れないようにしましょう。

脂肪を燃焼させるには、毎日継続して有酸素運動を行うことが有効です。

忙しい日常の時間を調整して、有酸素運動を毎日実施し、メタボリックダイエットに励んでみてはいかがでしょうか。

軽く汗ばみ、息がちょっと切れるくらいの運動を有酸素運動を毎日30分ずつ行うことで、ダイエットができます。

血中脂肪などではなく、体内の溜め込まれた脂肪を燃やすには、20分以上は有酸素運動をしましょう。

それほどきつくない運動でもいいので一定時間行う方が、きつい運動を短時間・・・つづく

ドラッグストアや薬局などで洗髪剤のコーナーに行くと、

あまりの品数の多さに戸惑ってしまうお方も多いのではないでしょうか。


様々なメーカーが競って「髪にいい」とされる商品を開発していますが、

少々考えてみましょう。



コメント

ビオチンサプリメントを利用する時

2017-12-31 15:02:23 | ダイエット
ビオチンサプリメントを利用する時

ビオチンサプリメントの利用についてです。

ビオチンはレバーや大豆に含まれていますが、食べ物からのビオチンの抗炎症効果は強くないようです。

ビオチンはサプリメントで摂取することがアメリカでは多いようです。

アメリカでのビオチンサプリメントはアトピー改善よりも、女性を中心にスキンケアとしての需要の方が大きいそうです。

日本のスキンケアは、肌に化粧品を塗りつけるという考え方が多いようです。

肌のお手入れのために必要な成分を口から摂取するという考え方は、スキンケア栄養学が進んだアメリカでは自然なことです。

スキンケアの研究の中でも、ビオチンのサプリメントの存在は注目・・・つづく

髪の毛の内部には、

メラニンがあり、

それで髪の毛が黒くなっていますが、

紫外線を浴びることで、

退色してしまい、

赤茶色になってしまいます。


こういったトラブルを避けるためには、

UVカット効果のあるトリートメントを、

お勧めします。



コメント

イライラ解消とサプリメント

2017-12-30 20:00:43 | ダイエット
イライラ解消とサプリメント

イライラ解消はどんなサプリメントでできるのでしょうか。

いろいろとイライラ解消の方法はあり、趣味を持つ、軽い運動を日常生活に取り入れる、お酒を飲む等人によってさまざまです。

運動などで汗を流すことは健康の為にも、精神的なイライラやストレスにも非常に効果があるといわれています。

イライラや悩み、疲労感から、サウナなどで汗を流したことで開放され爽快感を味わった経験があるという人もたくさんいるでしょう。

汗を運動だけに限らずサウナなどで流した後に、たくさんの水分やビタミンCや摂ることで、イライラ解消に限らず風邪気味などの症状改善ができるといわれています。

日々の生活のなかで、風邪予防・・・つづく

おすすめは「水分補給」や「水分バランスを整える」トリートメント。


コンディショナー後、

軽く水気を切って、

毛先を中心に十分にもみ込み、

髪全体になじませます。


蒸しタオルを巻いて、

3~5分しっかりと温めるのもおすすめです。



コメント

食欲のメカニズムについて

2017-12-30 17:14:34 | ダイエット
食欲のメカニズムについて

食料を摂取したいという欲、おなかが空いたという自覚の根本に食欲があります。

生命を維持するために必要なカロリーを確保するため、食欲とは多くの生物についている欲求でもあるようです。

消化器官と脳で食欲の程度はコントロールされています。

肥満の原点や摂食障害などは食欲のコントロールがうまくいかない場合にあるという話や、体内時計と食欲との関係も指摘されています。

食欲は生き物が生きていく上での一次的欲求で、睡眠やのどの乾きと同列です。

視床下部と呼ばれる脳の中に食欲を感じる部分があり、それには栄養状態が大きく関係しているようです。

空腹に影響を及ぼすものとして味覚が存在し・・・つづく

トリートメントをする前に、

タオルで軽く水気を拭き取ります。


こうすることで、

トリートメントの成分が、

水ではじかれるのを予防することができます。



コメント