薄着になったらお肉が・・・

美容と健康を中心にダイエットに挑戦中!でたらめなダイエットは危険なので健康痩せをしています。

下腹のダイエットとは

2018-05-23 18:49:18 | ダイエット
下腹のダイエットとは

下腹ダイエットは何をすべきでしょう。

ダイエットといっても、ウェスト部分をシェイプアップしたいとか、下腹のぽっこりをどうにかしたいという人もいます。

体重を3㎏落としたいから、二の腕部分をスッキリさせたいから、などダイエットの理由は様々です。

下腹が出てきたことがダイエットのきっかけになった人は多いですが、下腹ダイエットに適したものとは何でしょうか。

胸の辺りはそれほどでもないけれど、へそから下の下腹部が見るからにポコッと出ていることが目につくという人は結構多いようです。

年を取れば取るほど、下腹部についた脂肪は代謝されにくくなり、それでいてつきやすくなるようです。

・・・つづく

毎日のケアにはシャンプー後に髪を乾かす際、

洗い流さないトリートメントを付けてドライヤーの熱風から保護してあげるのも大事です。


頻繁にする行為だからこそ、

重要だと思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェイスリフトアップに効果的な成分

2018-05-23 16:51:52 | ダイエット
フェイスリフトアップに効果的な成分

どんな種類の美容成分が、フェイスリフトアップに役立つといわれているのでしょうか。

肌のたるみとは、肌が自重で垂れ下がる現象です。

肌を支えている成分が減ったことが要因なので、肌を支えている物質を補充すれば、リフトアップが可能です。

肌を支えている成分とは、主にコラーゲンやヒアルロン酸です。

これらの成分は若い頃は豊富で、いわば自前でフェイスリフトアップをしている状態です。

ところが年齢を重ねると共にその成分は失われ、だんだんと肌のハリがなくなって薄くなり、顔の皮膚はたるんでしまいます。

フェイスリフトアップにとって大事なことは、コラーゲンやヒアルロン酸を含・・・つづく

食事にも注意が必要、

糖分、

脂質の過剰摂取を避け、

良質のたんぱく質をとったり、

緑黄色野菜などを積極的に摂取することを、

お勧めします。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しみ対策による肌の若返り

2018-05-23 14:56:33 | ダイエット
しみ対策による肌の若返り

肌の若返りとしみ対策についてです。

肌のしみは30代を過ぎた頃から、段々気になってきます。

しみが増えると老けて見えがちですので、若返りにはしみ対策を怠らないようにする必要があります。

皮膚が老化してメラニンの代謝が落ち、色素が溜まりやすくなるこで、肌にしみができるといわれています。

皮膚は紫外線の影響や炎症による刺激によって、メラノサイトというメラニンをたくさん含む層を作ります。

しみとなる原因は、メラニンが表皮に蓄積されることです。

メラニンは若い頃の肌の場合は新陳代謝によって体外に排出されますが、偏った食習慣や年齢、ストレスなどが原因で、メラニンはどんどん溜ま・・・つづく

つやつやヘアは、

誰もが憧れる美髪の要素です。


そして、

できることなら、

子供の時のような天使の輪を、

取り戻したい気持ちもありますよね。


それを実現するには、

毎日のお手入れに、

ちょっとした工夫が必要です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謎解きダイエットとは?

2018-05-23 12:58:33 | ダイエット
謎解きダイエットとは?

あなたはダイエットに辛い日々を送っていませんか?

本当はもっと食べたいのにガマンしたり、逆に食べたいわけでもないけれど

決まった時間に食べないといけない。

という思いから食べていたり・・・。

「美味しいレストランがあるから行こうよ。」という友人の誘いを泣く泣く断ったり。

そんな経験ありませんか?

更にこんな経験もありませんか?

好きなようになんでも食べているように見えるあの人。

あの人は何でスラリと贅肉のないカラダでいられるのかしら?

きっと毎日みえないところでエクササイズしたり、食事制限したり

さぞかし頑張っている・・・つづく

かゆみは当然乾燥した皮膚には起こりやすい症状ですよね。


寝ている間に頭が痒くて無意識にかいてしまって、

傷になり出血までし、

酷い場合は膿んでとびひまで起こって病院に通院しないといけなくなるパターンもあります。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柔軟体操のダイエット効果

2018-05-23 11:08:17 | ダイエット
柔軟体操のダイエット効果

今回は柔軟についてです。

さて、皆さんはダイエットと柔軟を紐付けして考えた事はありますか?

柔軟もダイエット要素としては案外効果的な方法の一つなんですよ!

これは専業主婦、独身OLどちらも共通して言える事なのですが、人間は二足歩行の生き物なので、まず”肩が凝る”生き物です。

肩凝りは四足歩行の動物にはありません。

人間は小さな足の裏で大きな身体を支えて生活をします。

これだけでも下半身にかなり大きな負担と緊張を与えています。

また、細い首一本で10キロはある頭を支えています。

これによって、クビ・肩・背中に大きな負担と緊張を与えています。・・・つづく

正しいブラシの選び方としては、

ブラシの毛はコシがあって、

柔らかいものを選ぶことがオススメ。


豚毛でできているものは、

コシがあってソフトな感触になっています。


また、

目が細かいものよりも、

粗い方がオススメ。


毛先が尖っていると、

頭皮を傷つけたり、

切れ毛の原因にもなってしまいます。


ナイロン製のブラシを選ぶ場合は、

静電気防止加工されているものを選びましょう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加