“JQ2GWH” from Shizuoka

F1,BMW R1200RSで行くツーリング,アマチュア無線,猫,その他いろいろ綴っていきます。

F1合同テストで2番手のタイムを記録したハース、ダークホースとしての印象を残す

2018-03-14 03:52:20 | MotorSports
AUTO SPORT web F1によると

 ハースF1チームは、バルセロナでの
プレシーズンテストで安定感のある
速い走りを見せ、2018年のF1における
ダークホースとして浮上した。

 パドックの関係者に”白いフェラーリ”
とも呼ばれるハースのVF-18は、
カタルニア・サーキットにおいてトラブルなく
2週間のテストを行なった。ケビン・マグヌッセン
とロマン・グロージャンは新マシンのペースを
引き出し、全般的に印象的な
パフォーマンスレベルを達成した。

 先週バルセロナに姿を見せた
元F1ドライバーのアレクサンダー・ブルツは、
ハースのマシンの優れたスピードと挙動を
目にし、感銘を受けたという。

「ハースには強い印象を受けた。昨年の
フェラーリと同じように優れたマシンの
ようだ。そのマシンがどれくらい優れて
いたかは誰もが知っている。それに
燃料積載量がどうであっても、
ハンドリングはとても良いようだ」と
ブルツはSpeed Weekに述べた。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

レーシングカーで重要な点の一つとして
燃料搭載量の増減でハンドリングが変わる、
変わらないがあります。
今回はハンドリングが安定していたという事ですね。
あくまでのテストとは言え、上位のタイムを出せていた
ので、開幕まで更に煮詰めれば上位進出も夢では
ないのかもしれません。
是非今シーズンはNASCARと共に盛り上げて行って
欲しいと思います。
v( ̄ー ̄)v
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« “バスのように重い”新世代F1... | トップ | 「トロロッソ・ホンダの評価... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

MotorSports」カテゴリの最新記事