「マッキーのつれづれ日記」

進学教室の主宰が、豊富な経験を基に、教育や受験必勝法を伝授。また、時事問題・趣味の山登り・美術鑑賞などについて綴る。

マッキーの随想:ステイホームで観た映画

2020年06月27日 | 時事随想

 「鬼滅の剣」「アイズ」「僕だけが17歳の世界で」・・・様々な映画を、ステイホームの時期に観ました。その中で、「響」はとても印象的な映画でした。マンガ大賞2017で大賞に輝いた、柳本光晴のコミック「響~小説家になる方法~」を実写化したドラマです。突如として文壇に現れた10代の天才的作家「響」が、さまざまな人たちに影響を与えるさまが描かれた作品です。

 読んだ者に、絶対的な才能を感じさせる作品を書き上げる15歳の女子高校生「響」を、同じ年齢で欅坂46絶対的センターの平手友梨奈が演じるという話題性のある映画です。自分の考えを絶対に曲げない、現代ではとても生きずらい生き方を選択する女子高生を、やはりイメージ的に相似する平手友梨奈が演じました。制作者も観客も、この相似する二人を、結びつけようとしているようです。

 しかし、私は一部は似ている二人ですが、本質的には全く異なる性格の人物のように思います。一人で作品を作り上げる作家・響と、グループを引き連れその調和の中で作品を作り上げる平手友梨奈では、考え方が大きく異なっているからです。

 映画「響」を観た後、ほとんど関心の無かった欅坂46の歌を聞きました。おニャン子クラブ・AKB48・坂道グループなどの流れをくむグループには、若い女性の性を売り物にしているといった印象があって、生理的に違和感がありました。

 YouTubeで、欅坂46の代表作を聞きました。アイドル感を前面に出したグループというよりは、「サイレントマジョリティー」「エキセントリック」「語るなら未来を・・・」「黒い羊」「不協和音」などの楽曲を聞いていると、かつてのフォークやロックの根底に流れている社会性や人生観が、歌われているのに驚きました。そうした楽曲をグループをまとめて歌う平手友梨奈は、アイドルというよりは、カリスマという言葉が似合います。その是非は別として、響や平手友梨奈の生き様は、私たちを圧倒する魅力があります。

先行く人が振り返り

列を乱すなと
ルールを説くけど
その目は死んでいる
君は君らしく生きて行く自由があるんだ
大人たちに支配されるな
初めから そうあきらめてしまったら
僕らは何のために生まれたのか?
夢を見ることは時には孤独にもなるよ
誰もいない道を進むんだ
この世界は群れていても始まらない
Yesでいいのか?
サイレントマジョリティー
(注:静かな大衆とは、「物言わぬ多数派」という意味。)


 悩み多き若者の心に訴えかける楽曲は、多くの人に勇気や元気を与えているのでしょう。親や教師のアドバイスよりも、子どもたちには説得力があるはずです。「憑依型ダンス」と称されるほど圧巻のステージパフォーマンスをしてきた平手友梨奈でしたが、今年1月に欅坂46を脱退しました。「卒業」ではなく「脱退」というのも、彼女らしいと思いました。私の誕生日と一日違いの今年の6月25日で、19歳となったそうですが、今までが精神的に大変な環境だったのだろうと推察されます。

 欅坂46のファーストアルバム「真っ白なものは汚したくなる」を、小6の娘に買ってあげました。「二人セゾン」「世界には愛しかない」「百年待てば」など、楽しい明るい曲もありますので、小6の娘が聞くのも悪くないなと感じました。響ほど、割り切って自己を主張できたなら、平手友梨奈はこんなにも若くして脱退は無かったのだろうと思います。私の娘の名は、友里愛(ゆりあ)ですので、ひらがなで一字違いなのも、平手友梨奈に私が好感を持った原因だろうと思います。

(参考までに)
YouTubeを閲覧していて知ったことです。欅坂46 平手友梨奈の映像に、小田和正さんの名曲「たしかなこと」を、菅野樹梨さんが歌っている映像があります。欅坂46を脱退した平手友梨奈のファンには、たまらない映像と楽曲だと思います。

コメント

マッキーの随想:緊急事態宣言解除

2020年06月02日 | 時事随想

 アジサイの花が咲き始めました。季節は、私達を足早に追い越していくように感じます。新コロナウイルスの緊急事態宣言が解除されました。今回の感染症に対して、諸外国に比べて感染を抑え込めたという事実を、様々な疑問も感じつつ安堵していることと思います。多くの国民が苦痛を感じながら、生真面目に緊急事態宣言の指示に従った結果であり、もっとその事実を褒めてあげるべきだと思います。

 ホリエモンのように、指示に従った人たちを、バカだと罵っている人の言葉に耳を貸さずに、節制した結果です。指示を無視して出歩いたことを、武勇伝の如くに得意に語っている著名人もいます。悲劇的な感染拡大が阻止出来て、緊急事態宣言が解除された途端に、そうした人たちが、緊急事態宣言など無用だったと語っているのを聞くと、いら立ちも感じます。



 ウイルスは、自己増殖できません。したがって、人から人への感染を阻止し、感染した人は体の免疫システムでウイルスを殺すことができたなら、ウイルスは増殖できません。今回の緊急事態宣言に伴う努力は、そうした観点から見ても合理的な行為だったと考えられます。

 ただ、多くの科学者は、私たちはウイルスと共生していかなければならないと主張しています。その共生という言葉に、違和感を覚えます。多くの生物の共生の重要性を語る場合、双方の生物が両者の関係で利益を得る場合が多いように思います。今回のウイルスの場合、宿主の人間の体内で増殖し、その恩恵も無視して宿主の命さえも奪うという、卑劣な関係があります。ただ驚くことは、私たちの遺伝子には、そうしたウイルス由来の遺伝子が多く含まれているという事実です。

 その事実を知ると、一時期さかんに語られた「利己的な遺伝子」という言葉を思い出します。体に異質で危険なウイルスの遺伝子をも利用して、遺伝子は進化を遂げてきたのです。ウイルスは、容易に変異を繰り返しているようです。これから、私たちは未知の、そして突然変異したウイルスの脅威に将来直面する可能性が高くなっています。今回の新型コロナウイルス感染により、私たちは多くの貴重な経験をすることができました。今後に役立ててもらいたいと思います。



 緊急事態宣言解除後に、各所でクラスターが発生しています。また、東京都も6月2日に新たに34人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。感染状況の悪化の兆候が見られるなどとして、都民に警戒を呼びかける「東京アラート」が発動されました。小池知事のこの処置の判断は正しいと思います。

 ホリエモンは、国や都の対策指示を無視しろと言っています。感染症の公衆衛生に対する無知と、責任ある立場ではない人の言葉なので黙殺してかまいません。しかし、まじめに指示に従っている人たちを、バカとか無能扱いの誹謗中傷は聞き捨てならないと思っています。弱者の足元を見て一枚11000円で売り出したホリエモンマスクは、ほどんど売れ残り無論利益など出なかったと推察できます。


 緊急事態宣言が解除され、電車内も街中も人々の密度が高くなったのを実感します。感染症対策をしっかりととりつつ、私たちは平常の生活を取り戻す必要があります。再度の感染拡大を避けるために、行政には手際のよいチェックと指示が望まれます。私自身も、感染症対策をとりつつ、近隣の里山散策などで、体力を回復したいと思っています。


(画像)上:浜町駅近くのマスクをしたしょんべん小僧 中:タチアオイ 下:キンシバイ

コメント

マッキーの随想:負けるな!みんな頑張れ!

2020年05月08日 | 時事随想

 今回の新型コロナウイルス感染症は、まだまだ私達に多大な影響を与え続けながら居座り続けています。対象地域を全都道府県としたまま、緊急事態宣言を5月31日まで延長することが報道されました。社会全体も家庭環境も生活リズムも今までとは異なる状態が続いています。

 驚くほどのスピードで、科学進歩を遂げたと思われていた私たちが、生物と言えるかどうかも分からない微細なウイルスによって、ここまで打ちのめされるとは。ただ、歴史を紐解けば、私たちは感染症との戦いの連続だったことが理解されます。多くの感染症を駆逐した地平の先に、私たちは存在していることを再認識しました。

 私たちが今為すべきことは、この感染症をできるだけ早く収束させることに協力することと、この感染症で最も痛めつけられている人たちのことを心に留めることだと、私は考えています。無論のこと。行政はこの感染症で痛めつけられている人たちに、迅速な対応を行う義務があります。確実なセイフティネットの構築をお願いしたいと思います。

 今までではありえない時間帯に、父親とその子供たちがジョギングをしていました。親にとっても子どもたちにとっても、新しい関係を見つけたように感じました。ポジティブな見方をすれば、この感染症が、社会環境や家庭環境の新しい状況を導き出すのではないかという予感が、私にはあります。

 ところで、今回の感染症を通して、様々な人たちの言動がありました。現在感染の危険を感じながらも、多忙な日々を送っている医療関係者。感染症の影響で困っている人たちの為に、自分のできることを実行している人たち。一方、マスクを買い占めて、高額転売した人。感染症を利用して、高齢者に対する詐欺行為を行っている人たち。仮面が外れて、その人の本性が見えてくる、そんな気がします。

 多くの著名人も、この感染症に関連して話題となりました。残念ながら自らが感染して命を落とした方。不用意な発言で批判を受けた方。心がすさんだ世の中に一服の清涼剤のような行動をした人。ただ、その中にあってどうしても許せない発言を繰り返す人がいることが残念です。

 今回の連休も、不要不急の外出を避けて、自宅で過ごした方が多かったはずです。そうした中で、ホリエモンは、「ゴルフ行くの自粛してる奴とか真性のバカでしょ」と述べています。また、アルピニストの野口健氏が、「自然を相手にしている山屋には『待つ力』があるはず!」と、登山を自粛すべきとの考えを示したのに対して、「頭悪すぎて笑う」と反応。「家で家族から感染するよりよっぽど確率低いと思うけどな」と述べている。この人物、自分のことだけを考えて、全く周囲のことが見えていない、あまりにえげつない。ただこうした人物を登場させるマスコミ自体が、えげつないとも言えます。けれども、そうした人間の言動に共感する視聴者がいるから使っているのも事実です。

 馬鹿にされた野口健氏は、「頭が悪いのはピンポン!」とした上で「笑いを求めた呟きではなかったのですが、しかし、笑いが少なくなりつつある今日において、お一人様にでも笑いを提供できたのはよかった」と大人の対応をしました。実は私は今まで、野口健氏を登山家としては評価をしていませんでした。しかし、今回の対応を知って、嬉しくなり好きになりました。この二人の人間性の違いは明らかです。

 今回の感染症をできるだけ早く収束させる努力を一人ひとりが心掛けるだけではなく、感染症状況の負の側面に埋没することなく、自己の研鑽や、新しい人間関係の構築や、思いやりの大切さを私たちは学ぶ必要があると思います。

コメント

マッキーの『四季を楽しむ』:桜の季節到来

2020年03月25日 | 四季の植物と風景

 日本は無論のこと、全世界的に新型コロナウイルスの感染が重大な局面を迎えています。そうした、人間の世界の混乱をよそに、自然の歩みは確実に進展しています。下の画像のように、自宅玄関にひな人形を飾ったのは、ほんの少し前の事です。しばらくブログの投稿をしていないと、前回のブログが季節外れの印象を受けます。それほど、季節の進展は速いと実感します。



 3月15日に、新宿御苑を散策しました。桜(ソメイヨシノ)の開花宣言が、とんでもなく早く出された東京ですが、ソメイヨシノはまだまだ咲揃ってはいませんでした。アマギヨシノ(天城吉野)とカンヒザクラ(寒緋桜)を交雑させて作出した園芸品種の陽光という桜が満開で、人々がその桜の周囲に集まって鑑賞していました。カンヒザクラの遺伝的性質を持っているので、ソメイヨシノよりも朱が強く、美しい桜です。ただ、今年は酒宴のお花見を自粛すべきでしょう。





 桜の他にも、下の画像のようにユキヤナギ・ボケ・サンシュユが咲き、ハクモクレンが満開でした。ロウバイ・マンサク・サンシュユと黄色い花が次々と咲き、同様に黄色い花のレンギョウ・ヤマブキ・キンシバイなどが咲けば、春本番となります。







 下の画像は、3月20日の近隣の公園で撮ったものです。ハクモクレン・ネモフィラ・レンギョウ・オオシマザクラ・枝垂桜・啓翁桜などが咲いていました。今年のソメイヨシノは、日当たりなどの条件により、木々ごとに開花状況が異なるようです。

 昨日、東京オリンピックの延期が決まったようです。学校も休校となるなど、世の中は異常な状況が続いています。私達は、様々なウイルスと戦いながら生存してきたと言えます。近年でもエボラ出血熱・MERS・SARSなどウイルスを原因とする感染症が、社会的及び経済的に影響し、社会を混乱させることが繰り返されました。今回のウイルスが、人との接触がない場所にひっそりと存在していたのか、既存のウイルスが変異したのか、人工的にウイルスを変異させたものなのかは分かりませんが、新たに新種の未知のウイルスとの遭遇は、これからもあることが予想されます。毎年流行するインフルエンザもその原因となるウイルスの変異が激しいので、危険な性質を増強して出現することも予想されます。

 「散る桜 残る桜も 散る桜」 無論この俳句は、戦中に詠まれたものではありません。江戸時代の良寛和尚の辞世の句と言われています。私たち日本人は、春爛漫の満開の桜を見つつ、散っていく運命をも感じ取っています。無常な世の中を、今年は一層感じる桜となりました。













コメント (1)

マッキーのお出かけ:亀戸天神の梅まつり散策

2020年02月28日 | お散歩・お出かけ・遊び

 2月23日(日)、亀戸天神の梅祭りを妻と見に行きました。人が集まる場所は、コロナウイルスの伝染が心配の昨今ですが、マスクを着用して万全の準備で出かけました。地下鉄新宿線の西大島駅から歩いて北上し、JR亀戸駅まで行き、その先の蔵前橋通りを左折すれば、亀戸天神へ行きます。

 けれども今回は、ラーメン二郎の亀戸店で、ラーメンを食べることも目的の一つとしていました。そこで、交差点を右折して、まずはラーメン二郎亀戸店へ行きました。ラーメン二郎は、知ってはいましたが、まだ食べたことはありませんでした。開店前にも拘らず、既に行列ができていました。

 麺は独特の太麺で、汁はちょっと濃い目、トッピングは自由にオーダー可能。普通のラーメンには、チャーシューが2枚入っていますが、とても分厚く切ったチャーシューでした。繊細なラーメンとは言い難いのですが、病み付きになる理由は分かりました。食べ応えのあるラーメン(780円)でした。

 食後、交差点に戻り、亀戸梅屋敷でしばし休憩し、亀戸天神へ向かいました。人出はさほどありませんでしたが、梅は見頃を迎えていました。

  東風吹かば匂い起こせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ

 九州の太宰府に出発する時に、菅原道真が詠んだ和歌です。やはり、天神様には、梅の花が似合っています。ただ、亀戸天神は、梅の花よりも藤の花の方が有名かもしれません。天神様の前に藤・・・菅原道真も苦笑いをすることでしょう。道真の政敵は、藤原氏だったわけですから。










 神社主殿の両脇に、白梅と紅梅が咲き、その下に絵馬の掛け所があり、多くの受験生の願いが込められた絵馬が掛かっていました。受験シーズンももうわずかで終わりです。中高年の参拝客が多かったようですが、孫の合格祈願でしょうか、あるいは合格の御礼参りでしょうか。境内には、甘酒も販売されていました。100円でしたので、いただきました。ほどよい甘みで美味しく感じました。梅の花に甘酒はとても似合います。

 万葉集で詠われた春の花は、桜ではなく梅の花が多かったようです。中国から渡来した梅が、中国の影響を受けた文化と共に、花と言えば梅を指していました。けれども、遣唐使を廃止し、国風文化の機運が高まった頃、すなわち菅原道真が表舞台から姿を消した平安時代中頃には、花と言えば桜を指すようになりました。遣唐使廃止の建議は菅原道真であり、菅原道真と梅の関係も、何か複雑ですね。








 帰りに、船橋屋の葛餅を買って帰りました。関東版 くず餅は、葛を原料とする関西の葛餅とは違い、小麦澱粉を原料としています。船橋屋では、厳選した小麦粉の澱粉質を十五か月乳酸発酵させて作るそうです。一般的な葛餅よりももっちりとした食感の葛餅です。亀戸天神では、ゴールデンウイーク前頃が藤の花の見頃を迎えます。また、訪れたいと思います。

 帰途に周辺の公園を散策しました。下の画像は、自宅周辺の公園に咲く寒緋桜と河津桜に、真っ白いツバキの花です。また、日本水仙の中に咲いていた黄色の水仙は、キブサスイセン ( 黄房水仙 )です。 黄房水仙は、フランス、スペイン原産の水仙で、大正時代に日本に渡来してきたといわれています。日本水仙に少し遅れて咲きだしますが、色が違うだけで驚くほど似ています。西洋スイセンのペーパーホワイトと異なり、日本水仙と同様に良い香りがする花でした。








コメント