「マッキーのつれづれ日記」

進学教室の主宰が、豊富な経験を基に、教育や受験必勝法を伝授。また、時事問題・趣味の山登り・美術鑑賞などについて綴る。

マッキーの随想:緊急事態宣言解除

2020年06月02日 | 時事随想

 アジサイの花が咲き始めました。季節は、私達を足早に追い越していくように感じます。新コロナウイルスの緊急事態宣言が解除されました。今回の感染症に対して、諸外国に比べて感染を抑え込めたという事実を、様々な疑問も感じつつ安堵していることと思います。多くの国民が苦痛を感じながら、生真面目に緊急事態宣言の指示に従った結果であり、もっとその事実を褒めてあげるべきだと思います。

 ホリエモンのように、指示に従った人たちを、バカだと罵っている人の言葉に耳を貸さずに、節制した結果です。指示を無視して出歩いたことを、武勇伝の如くに得意に語っている著名人もいます。悲劇的な感染拡大が阻止出来て、緊急事態宣言が解除された途端に、そうした人たちが、緊急事態宣言など無用だったと語っているのを聞くと、いら立ちも感じます。



 ウイルスは、自己増殖できません。したがって、人から人への感染を阻止し、感染した人は体の免疫システムでウイルスを殺すことができたなら、ウイルスは増殖できません。今回の緊急事態宣言に伴う努力は、そうした観点から見ても合理的な行為だったと考えられます。

 ただ、多くの科学者は、私たちはウイルスと共生していかなければならないと主張しています。その共生という言葉に、違和感を覚えます。多くの生物の共生の重要性を語る場合、双方の生物が両者の関係で利益を得る場合が多いように思います。今回のウイルスの場合、宿主の人間の体内で増殖し、その恩恵も無視して宿主の命さえも奪うという、卑劣な関係があります。ただ驚くことは、私たちの遺伝子には、そうしたウイルス由来の遺伝子が多く含まれているという事実です。

 その事実を知ると、一時期さかんに語られた「利己的な遺伝子」という言葉を思い出します。体に異質で危険なウイルスの遺伝子をも利用して、遺伝子は進化を遂げてきたのです。ウイルスは、容易に変異を繰り返しているようです。これから、私たちは未知の、そして突然変異したウイルスの脅威に将来直面する可能性が高くなっています。今回の新型コロナウイルス感染により、私たちは多くの貴重な経験をすることができました。今後に役立ててもらいたいと思います。



 緊急事態宣言解除後に、各所でクラスターが発生しています。また、東京都も6月2日に新たに34人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。感染状況の悪化の兆候が見られるなどとして、都民に警戒を呼びかける「東京アラート」が発動されました。小池知事のこの処置の判断は正しいと思います。

 ホリエモンは、国や都の対策指示を無視しろと言っています。感染症の公衆衛生に対する無知と、責任ある立場ではない人の言葉なので黙殺してかまいません。しかし、まじめに指示に従っている人たちを、バカとか無能扱いの誹謗中傷は聞き捨てならないと思っています。弱者の足元を見て一枚11000円で売り出したホリエモンマスクは、ほどんど売れ残り無論利益など出なかったと推察できます。


 緊急事態宣言が解除され、電車内も街中も人々の密度が高くなったのを実感します。感染症対策をしっかりととりつつ、私たちは平常の生活を取り戻す必要があります。再度の感染拡大を避けるために、行政には手際のよいチェックと指示が望まれます。私自身も、感染症対策をとりつつ、近隣の里山散策などで、体力を回復したいと思っています。


(画像)上:浜町駅近くのマスクをしたしょんべん小僧 中:タチアオイ 下:キンシバイ

コメント   この記事についてブログを書く
« マッキーの随想:負けるな!... | トップ | マッキーの随想:ステイホー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時事随想」カテゴリの最新記事