「マッキーのつれづれ日記」

進学教室の主宰が、豊富な経験を基に、教育や受験必勝法を伝授。また、時事問題・趣味の山登り・美術鑑賞などについて綴る。

マッキーの随想:季節は人を待たない

2021年02月09日 | 時事随想

 新型コロナウイルスの第三派も、緊急事態宣言の効果もあり、ようやくピークを過ぎた感があります。多くの人たちが、自制心を働かせウイルスの拡散を防いでいる状況が成果を生み出しています。ただ、そうした我慢は、精神的にも肉体的にも、そして経済的にも苦痛を伴うもので、その苦痛も限界に近付いているようにも思えます。また、緊急事態宣言の趣旨を否定して、そうした自制心をあざ笑うような行為やあおりをする人たちも一部で居ます。そうした行為が、多くの人たちの苦痛を伴う努力を台無しにしてしまうことを想像できないのが残念です。


 節分も過ぎ、立春も過ぎ、近隣の公園にはスイセンの花が咲いています。休園中の新宿御苑では、フクジュソウが満開で、ロウバイや寒桜も咲いているそうです。例年であれば、新宿御苑を散歩しながらそうした花々を楽しむのですが、その楽しみも奪われています。季節の変化は、単に気温や天候で感じ取るよりも、植物の変化によって感じ取っているようです。不要不急の外出を避けている状況では、そうした変化さえ味わうことなく、季節だけが足早に私たちを追い越していくように感じます。



 今年の受験生は、とても大変だったと思います。ようやく中学受験の季節が終わり、これから高校・大学入試の本番です。私にとっても、今年の入試はいろんな意味で特別な年です。一人ひとりの受験生にとってハードルの大きい入試ですが、すべての受験生にとって同じ条件ですから、ネガティブにならずに取り組んでもらいたいものです。

今回の写真は、かつて新宿御苑で撮ったものです。これから梅や藤や桜を楽しめるような状況になってほしいと願っています。

コメント   この記事についてブログを書く
«  マッキーの随想:年末年始の... | トップ |  マッキーの随想:「櫻坂46... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時事随想」カテゴリの最新記事