「マッキーのつれづれ日記」

進学教室の主宰が、豊富な経験を基に、教育や受験必勝法を伝授。また、時事問題・趣味の山登り・美術鑑賞などについて綴る。

マッキーの『四季を楽しむ』:一栄一落これ春秋

2018年10月11日 | 四季の植物と風景

 桜の木々の葉が、茶色に色づき始めました。そしてすでに紅葉を待たずして、落葉した葉が地面を埋めていました。今年の春、心躍る桜の花を楽しませた木々は、冬枯れた姿に向かってどんどん変化しています。今日は周辺の公園の画像と共に、感じたことを綴ります。





こうした光景を見ていると、「一栄一落これ春秋」という言葉を思いだします。

 時が変わり改まるのを驚く事はない。 栄えるも朽ちるも春がきて秋へと移り変わるのと同じようなものなのだから。 菅原道真が失脚して大宰府へと流された際に歌った有名な漢詩です。この言葉を、菅原道真は知人に語りながら、自分にも言い聞かせた言葉と思われます。さて、菅原道真が達観して語った言葉だったのでしょうか? 

(上:大きなかぼちゃ・下:キク科の花)




 学者の家出身の菅原道真は、破格の昇進を遂げたわけですが、その一族も重要視され、藤原一族と対立し、ついには政争に敗れて太宰府に左遷させられます。「一栄一落これ春秋」は、大宰府に向かう途中で知人に語った言葉でした。

 菅原道真が都を去る時に詠んだ和歌はとても有名です。

東風吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ

(上:百日草の花、下:紅葉したコキア…和名ホウキグサ、草ボウキをつくるのに利用され、
成熟果実は秋田県の郷土料理「とんぶり」の材料。国営ひたち海浜公園の紅葉時期のコキアは有名。





 後ろ髪を引かれる思いで都落ちした菅原道真自身が、「一栄一落これ春秋」の心境まで到達していたのかは疑問です。そうした菅原道真の無念を思って、人々は彼の死後に続いた天変地異を、彼の祟りと考えました。その結果、天満天神として人々の信仰の対象になりました。

 無念の境遇で死を遂げた後に、学問の神様として永久に祀られることは、本人は知り得ません。現在全国で12,000社ほどの神社で天神様がおまつりされているそうです。数え方によっては、2万社~3万社にもなるとも言われています。その事実を本人が知ったら、意外なことだと感嘆したことでしょう。このようなことも、彼が語った「一栄一落これ春秋」ということでしょうか。

(上:子供に人気のクヌギのどんぐり、下:ガマズミの赤い実)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« マッキーの教育:訴訟「大声の... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

四季の植物と風景」カテゴリの最新記事