ページサイズが軽くなります

文字装飾やレイアウトのためのソースを記述する必要がなくなるためファイルサイズが軽くなり、ページの表示される速度が速くなります。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


誰もが利用しやすい文書作り

本や新聞のように「大見出しがあり、小見出しがあり本文がある。」そんな手順を心がけます内容はHTMLファイル、基本的にレイアウトはCSSファイルで行います

「見出し」という意味の<h1>~<h6>タグをどう操作すれば書き込めるのかというと。
それは、「見出し」という名の操作ボタンをクリックすれば書き込めます。(書式→段落→見出し、または書式ツールバーの[見出し]という操作ボタン。見出しには6段階あります)
 このように、ビルダーの操作メニューに意味が書かれているため「意味のあるタグを利用する」ということはそんなに難しいことではありません。

HPB作成報告

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


デザインが統一されます

例えば、タイトルとして太字にしたい場合は、「見出し」(H1~H6)を利用したり、テキスト内の単語を強調したい場合は、「強調」(EM)を利用するなど、同じ太字でも意味を持たせた使い方をします。
そして、文字の大きさや色などはスタイルシートでデザインにすれば、新しいページを作成した時にも同じスタイルが利用できるので見た目にも統一されたページとなります。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


ページレイアウトの管理が楽になります

例えば、ページ全体をリニューアルする際に背景色を変更する場合。
「背景/文字色の設定」で設定背景色を変更するには1ページ毎に、「背景色変更」の操作を行わなくてはなりません。
 しかし、スタイルシートを利用すると、1ページ毎に変更するのではなく、一度に変更することが出来るようになります。もちろん、背景色だけではなく、文字のサイズ、その他位置やデザインなども変更することが可能です
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


検索のススメ

インターネット上には、たくさんの情報があります。
ホームページの作成方法などは、検索することにより目的の操作を見つけ出せれば人に聞くことなく作成できるのではないかと思います。
しかし、ホームページを作成するには聞き慣れない言葉が多く登場することとなります。そんな時も検索すれば用語の意味を教えてくれるサイトがあります。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ