保津川下りの船頭さん

うわさの船頭「はっちん」が保津川下りの最新情報や、京都・亀岡の観光案内など、とっておきの情報をお届けします。

保津川の川掃除が始まりました。

2008-02-21 00:06:58 | 船頭
春の観光シーズンを前に美しい景観維持を
図る為、保津川遊船恒例の川掃除が
今日から開始されました。

掃除は保津川下りの乗船所を出発点に京都・嵐山まで
の16キロ両岸を船頭が徒歩で清掃する活動で、
毎年この時期に実施されています。
今年は24日(日)までの5日間実施を予定しております。

さあ!今日はその初日!

深い霧がかかる寒い朝となりましたが、船頭たち23名は
川の両岸を二手に分かれ、川岸や河原に漂着している
河川ゴミを拾いながら下流の嵐山を目指します。

拾われたゴミは、土嚢袋に詰められ川岸に集め、後から
下って来るゴミ専用の川下り船が回収して下流へ。

今年も川岸に溜まるゴミは例年通り!

ペットボトルに空き缶、スーパーのビニール袋
農業用肥料のビニール、トレイ、そして大物のバイクや
自転車、家電廃品。
毎度言っていることですが、どのゴミも使用者一人一人が
ゴミ箱に捨てていればここにあるはずのないゴミばかりです。
なにも難しいことではなく、ほんの少しの心遣いと
ゴミ箱へ捨てる習慣さえつけば簡単にできること。

しかし!現実はこうです!


渓谷の入口付近だけで軽トラ4台分のゴミが出ました。

道中、イバラのトゲに行く手を遮られ、傾斜の険しい崖を
滑り落ちそうになりながら、引っ掛かっているゴミを取ります。
ゴミを拾うたびに重みを増し、腕に食い込む土嚢袋。

本当に川掃除は半端な仕事ではありません!

今後の抑止力の為になるか?わかりませんが、
不法投棄のたて看板の写真をアップしておきます。
川へ不法投棄をしている皆さん!
川へゴミを捨てる行為は立派な犯罪ですぞ~

投棄している事が発覚すれば、
個人なら5年以下の懲役または一千万以下の罰金!
法人なら一億円以下の罰金ですよ!!
自分の所有する土地であってもですよ~
絶対に不法な投棄はやめて下さいね。

初日だけでも足場の悪い所を相当な距離歩き、
大量にゴミを回収したので、足がだるく、さすがに
疲れていますが、保津川の美しい景観を守る為です。
明日も頑張って川掃除するとします!

追伸 今回、ゴミ掃除をしていて気がついたのですが、
   毎年必ず、たくさんのビニール系のゴミが漂着している
   保津小橋の橋脚に、今年は全くゴミが見当たりません
   でした!

   はっきりしたデータを取った訳ではないので断定は
   できませんが、これは昨年から上流で、毎月定期的に
   清掃活動をしているNPO法人・プロジェクト保津川の
   活動の成果が出てるのではないでしょうか?
   市民活動の必要性とその実績の証にもなるので、
   今後も注目して観察していきたと思います。
   している
コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2008・京都輸入車ショウに行... | トップ | 無念!足の負傷で川掃除リタ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゴミは水に流したらアカンね (Shang)
2008-02-22 00:02:27
 こんばんは!
 はっちんさんは、ほんとにいろんな活動されてるんですね。はっちんさんのブログを読むと、自分の生活についても考えさせられることが多いです。

 以前、日本人の思考の中に『水に流す』というのがあって、ゴミだけでなく、汚水なども流してしまえば、それでいいっていう感覚があるんじゃないかっていうのを、読んだことがあります。
 水に恵まれた国土であるために、水の大切さを理解できなくなっちゃってるんでしょうか…。

 自分の出したゴミは、持ち帰る…。
 そういう簡単なこと、みんなで実行していかなきゃだめですよね。
毎回ですが (めい)
2008-02-22 11:38:42
お疲れ様です。毎回ですが本当に頭の下がる思いでいっぱいです。

みなの嫌がる川掃除を率先してやってくださる方に敬意をかんじています。

なんにもお手伝い出来ない自分に歯痒さを感じてはいますが、出来ることは実行していってます。レジ袋はなるたけ使わずにエコバックで買い物してます。
諺の時代背景 (はっちん)
2008-02-24 22:38:40
Shangさんへ。

昔はいらなくなった物は川へ流すという習慣が
あったので、このような諺が生まれたのですね。
この言葉が生まれた時代は、川に流されたごみも
自然に返るものばかりだったからでしょう。

今は、化学製品全盛の時代、この諺も死語に
なりつつあるようです。

言葉の文化まで変える、時代の流れ~
いったい私達は何処まで行けば満足のするのでしょう?
体験してみて。 (はっちん)
2008-02-24 22:41:41
めいさんへ。

川掃除ってやる前は嫌がる方、めんどくさがる方
が多いようですが、やり始めると以外に‘楽しい’
ものですよ~
これは体験語です!

一度参加してみて下さい。

自分でも気が付かなかった意外な発見があるかも?

コメントを投稿

船頭」カテゴリの最新記事