保津川下りの船頭さん

うわさの船頭「はっちん」が保津川下りの最新情報や、京都・亀岡の観光案内など、とっておきの情報をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

保津川上流に‘謎の漂流舟’が出現!

2009-05-10 22:16:41 | 船頭
昨日、乗船場に出勤してみると上流の中洲に見慣れない‘謎の舟’が・・・

見たところ、どうも川漁に使用する小舟のようです。

しかし・・・操船している人はどこにも見当たりません。

まさか・・・ゴーストシップでは・・・?

どうやら先日の雨で増水した時に上流のどこかの岸から漂流し、
中州に流れ着いたのでしょう。

このままにしていては、舟が再び漂流し出し、川下りの航路に侵入する
恐れもあります。

早速、我々の舟で回収作業に掛かることになりました。

遊船の舟が‘謎の漂流舟’目指し係留場から出動しました!保津川上りです~

回収舟は漂流舟の上流に回り込み、接近し状態を確認してから回収作業に入ります。


竿を差していた船頭が川へ飛び込み、漂流舟へアタック!

舟を動かし起してみると・・・なんと!舟底にぽっかり大きな穴が空いていました。

このような状態であると、舟に乗り移り、竿を差して操船することは不可能です。

まずは舟を横にして舳先をロープで結び引っ張って行くしか手はない様です。
しかし、あの破損状態では浮かべて引っ張ることは無理・・・
沈むことを覚悟で引きずっていくしかないと判断。
強引な力技は我々船頭の専売特許!沈んでいく舟を回収舟が引きずって
行きました。まるで嫌がる犬を無理やり引っ張っていくような感じです。

漂流舟は舳先だけを残し、胴体部は殆ど沈んでしまいました。

そして、回収舟に引きずられながら係留場へ消えていきました。

でも、あの漂流舟、いったいどこからやって来たのでしょうか?

遊船事務所に伺ってみましたが「まだどこから流れてきたもか、また持ち主に
ついても未定」とのことでした。

保津川には増水後、いろんなゴミが流れてきます。
5年前の台風23号がもたらした大洪水で車が流れていったのを見たという
目撃証言もありましたが、舟が漂着したのは初めて見ました。

もう少し下流に流れていて、渓谷内に達していなくてよかったです。

個人的には、あの舟がゴーストシップでなくてよかった、と思っています・・・

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 嵐山に‘和太鼓’が響き渡る「... | トップ | 皐月の保津川下り、晩春の渓... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

船頭」カテゴリの最新記事