大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

演劇鑑賞での初体験

2019年02月05日 20時16分05秒 | Weblog

全般ランキング←ランキングに参加しています、クリックして応援頂けると有難いです


旧正月の今日は1日中青空の広がる良い天気になり、車で走ってると暑さを感じる程でした。
午前中のGゴルフを済ませ午後は演劇鑑賞に出掛けました。
ある事情で今回は往復の道中も観るのも「1人寂しく」でした。
その代わりという訳でもありませんが席は前から2番目のほぼ中央で、役者の表情や息遣いまではっきり判りました。

演目は「イッツフォーリーズ」の「死神」でした。
役者は14名、生演奏の楽団員は4名で大熱演でした。
人によって見方、感じ方はいろいろあると思いますが、「ミュージカル」といえばこれまで映画で「絢爛豪華」を絵に描いたようなものを見馴れているので舞台で演じられるものは私には「イマイチ」に感じられます。

しかし今回知り合いのご婦人に、時間があったら舞台の片付けを手伝って頂けませんかと誘われ貴重な体験をすることが出来ました。
ヘルメットと軍手を支給され大道具の取り壊しと搬出から舞台に張った敷物の剥がしまで、スタッフの指示に従って分担して行い、約1時間半で完了しました。
最後に全員が舞台で輪になってリーダーの指導するポーズをとって散会しました。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 選挙と「最後の講義」など | トップ | 健康寿命他 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事