くらげのうきわ

Battle.netアカウントロック中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サビレア

2006-02-27 16:51:52 |   ■ WoW日記
Guild サイトが移動しましたので、Luna メンバーの方は各自メンバー登録をお願いいたします。
新しい HP はこちら。(メンバーリスト→新規登録から、どなたでも登録可能です)

-----------------------------

WoW をやられてる方は、UO のご出身が多いような気がします。
私は UO も EQ もやっておりませんで、WoW やる前は大航海時代 Online(DOL)をやっていました。
これがなかなか、歴史と地理の勉強になるゲームでして、
地理音痴の私が、インドーアフリカーヨーロッパの地図がソラで描けるようになったのは、一重に DOL のおかげです。

大規模アップデートに伴い、この DOL が、現在ウェルカムバックキャンペーン実施中らしいので、
WoW 臨時メンテの間に久々にインしてみました。

わが故郷セビリア(イスパニア)は、あまりの集客率の低さに長年「サビレア」とあだ名されていたのですが、
最近は同胞の頑張りのおかげでだいぶ・・・

やっぱり寂れてました。

WoW で言うと、Thunder Bluff みたいな感じでしょうか・・。
TB は町自体はすごく使いやすい造りなんですけどね。
セビリアには、あまりの町の使いづらさに、NPC の配置変更の措置が取られた過去があります。

黄金のダウは未だに製作不可能な模様ですが、いつの間にかクリッパーは登場していて、
DOL 内でもだいぶ時代が進んでいるようです。
ガレオンとクリッパーが併走する、夢の地中海。


なんだかものすごく歳くった気分です


多少不安が残る友人ギルマスのギルド(商会)にも加入しました。


料理も、9ヶ月間、ふてず腐らずバッグの中に残ってました。
WoW の食べ物を見慣れてると、眩いばかりに美味しそうなグラフィックです。

DOL では Zephyros サーバに籍を置いているのですが、
偶然にもこの日、WoW では Zephyros さんという方が新しくギルドに加入して下さいましたっ。
運命を感じずにはいられません、今後ともよろしくお願いしますねねね!
Comment (1)

牛歩ってこんな意味だった?

2006-02-24 16:00:58 |   ■ WoW日記
1月の16日と17日にそれぞれ加入してくれた牛 Dru コンビ、
牡丹さんと Rvf さんが、昨日揃って60Hit されました。おめでとう!
1ヶ月チョットで60って!!(私は Ally でも Horde でもそれぞれ60まで3ヶ月かかってます)
このサーバの JP は、何故か牛どもの成長がすさまじい気がします。

最近、デスクトップテーマを WoW にするのが流行ってるみたいなので、私もやってみました。


検索こわいよ検索

画面がガツンと濃くなりました。
マイネットワークは・・ なんだか自PC から外に出られなくなりそうなイヤなアイコンがついてますね・・

ついでに、Fansite Kit というのも落としてみました。
ファンページに使用できる、いろいろな画像やテンプレートが入っていて、なかなか眺めていて楽しかったです。
各種族の画像も何枚かずつ入ってるのですが、やっぱり Troll がサイコーでした。


折角なので、キャラクターアイコン用のテンプレートで自キャラのものを作ってみましたが、
なんだか望遠鏡で覗いたような感じに・・・。こんなはずでは!

どちらのツールも、こちらのページから DL 出来ますので、興味のある方はどうぞーー

・・っと書き忘れた、荒川さん金メダルおめでとうございます!!!
Comments (2)

鎖かたびら

2006-02-23 11:42:47 |   ■ WoW日記
だいぶ気候も春めいてきました、こんにちは。
花粉症の方は、そろそろ試練の季節なのでしょうか、周囲にチキンジョージが増えてきたような気がします。
このあいだ、風邪用マスクを買いにコンビニに行ったところ、
古きよき四角マスクが絶滅していて驚きました。
最近の人は鼻梁が高いから、ジョージマスクじゃないと隙間から花粉や雑菌が入ってきちゃうのかもしれませんね。

さて、このあいだの釣り大会の優勝者の Sevenforce さん、
普段は仕事やオフゲーが忙しく、あまりみんながいる時間にイン出来ない人なのですが


その彼からこんな手紙が・・・!どきどき


どきどき


(~д~



すぐヨソへ転送しました。

まだまだ知らないアイテムが沢山あるんです、
ほんとに本筋以外の作りこみが素晴らしいゲームです。むしろこっちがメインなのかも。

でもって秘密本の転送先の Phai さんですが、この人は希少なカナ打ち派なので


Kapp は Phai さんの Alt

「トカス7」て・・・
車両の名前みたいになっちゃってます。
カナ打ちの人って、英語やローマ字打つのがすごく大変だと思うんですが、
もしかしてカナとアルファベットの配列どっちも覚えてるんでしょうか?
ちなみに、私のキーボードは、「M」と「N」の文字が殆ど擦り切れてしまい、最早「^^」にしか見えません。

ここのところ PvP サーバから移住される方も増えてきた ^^oonru^^er サーバ、
サーバ選択をお悩み中の方は、是非選択肢の一つに加えてくださいませっ
Comments (4)

第2回ギルド釣大会~ピノキオ杯~

2006-02-20 20:04:10 |   ■ ギルドイベント
スポンサーの性癖にちなんで、ピノキオ杯と名づけられた第2回ギルド釣り大会。
総勢17人のメンバーの皆さんにご参加いただき、昨晩にぎやかに開催されました。


CrossRoads に集合!今回は WC 前で DeviateFish 釣りです。

今大会の目玉は(前回もだったのですが)、優勝者に与えられる Guild Tabard のデザイン変更権。
現行カラーのホワイトから、ピンクへの変更を企む牡丹一派と、それを阻止しようとする保守派(おもに Troll)との壮絶な優勝争い・・・


・・・のはずだったのですが、蓋をあけてみれば、1位を掴み取ったのは
Tabard 抗争にまったく関係のない Mana リジェネマニアの Sevenforce さんでした。
Tabard 変更権を放棄した Seven さんには、かわりに賞金10Gが贈られます。おめでとう!!


この賞金もきっと新たな Mana+に注ぎ込まれることでしょう

2位は同点で、期待の新人 Anri さん、3位はピンク派首謀の牡丹さんでした。
ブービー賞は、バタ臭い名前の Succubus と一緒に頑張った Sherazard さん。
皆さんおめでとうございました!

二匹目のドジョウを狙う、Alliance の刺客 Kakipie 先生も今回は入賞ならず!
そして釣りマスターのRvf 御大は今回も・・・。いつ本領を発揮してくれるのでしょう・・?

冒頭にもちょこっと書きましたが、今大会はオオカミ少年の Jthaqua さんから
多額の寄付をいただきました。多謝雨霰!
それと、特別賞を用意してくれた Phai さん、Goggles 賞を用意してくれた Hyottoko さんにも、
心から御礼申し上げますです。いつもありがとね。

第3回は来月開催の予定です。
皆さんお忙しいとは思いますが、また是非ご参加下さい!


こちらもピンク派だった Hawk さん。
範囲トーテムで周囲を妨害しつつ、漢の背中一本釣りを披露してくれましたが・・

Comments (4)

とらたぬメモ

2006-02-19 19:17:13 |   ■ WoW日記
Enchant 屋さんの値段入りシャウトがあったので、値付けの参考にメモメモ


Fiery が29G で Icy が 60G。。?そういうものなのかしら
Comments (5)

のんびりかまえてたら

2006-02-17 16:35:37 |   ■ WoW日記
バレンタインも Lunar Festival も終了してました、、
いつまでもいると思うな NPC。
教訓を胸に刻み、次回のワールドイベントを待ちたいと思います。

昨日は何と、ギルメンの Calma さんが、WoW しながらネットラジオの DJ をしてくれました!!
まさかこんなに早く実行してくれるとはーー 有り難う!!
Calma さんの sexy な声のトーク&個性的なラインナップの曲の数々を聴きながら
プレイすることが出来て、大変シアワセでした。皆も大喜びだったね。
ゲームの効果音まで消して聞き入ってたせいで、何度かインスタンスで死に掛けていた人もいましたが・・・
ネットラジオなんて、どうやれば開設出来るのか私には見当もつきませんが、
すごく面白かったので、また時間があるときに是非お願いしますです!

その後一度落ちて、深夜に再インしてみたら珍しく2人しかいませんでした。
うち一人は、先月末に加入してくれたバイリンガル(本人申告では、英語10:日本語5)の Shutendoji さん。
この方、日本語もほぼ完璧なのですが、折にふれて「ガイジンらしさ」を発揮してくれ、
私達を楽しませてくれる逸材です。
昨夜は、Hyottoko さんが使った「もっさり」という言葉の意味がわからないというので、
表現を変えて説明しなおしてもらったところ


Shuten さんの中では、「鉄鋼所でグラインダー=ブルース・ウィリス」なんだそうです。
たしかに映画『アルマゲドン』では掘削機械いじってましたが・・・

結局、「もっさり」の意味は最後まで伝わらず。

ちなみに、私の中では、「グラインダー=地井 武男さん」です。
これも「もっさり」とは違うキャラですね(@_@
Comment

濃いの天使

2006-02-16 16:25:58 |   ■ WoW日記
14日は過ぎてしまいましたが、ゲーム内ではまだまだバレンタインイベント続行中。
ナゼか Lunar Festival も残留中。いつまでなんでしょうね・・・?


アイテムを集めきると貰えるこのペット、
私はまだ手に入れていないのですが、よくまあこんなキモかわいいキャラクターを考え付くもんだと感心します。
放っておくとエンゼルマン体操なんかはじめそうです。
やだわ欲しい!!

でも、私もこのあいだ、Felwood でこんなペットを拾いました。




呼び出すと、季節は深緑の頃、あなたもすっかり Felwood の住人です。
おまけにレジストと defense が20ダウン!

他のメンバーは、Epic やら Blue やら、毎日のようにポロリポロポロ木の根っこ、らしいのに
たまに来たレアが Debuff 付ペットたぁーどういうことじゃ!!

・・っとは言っても、産まれた子供に罪はなし。
とんでもない代物ですが、主人の後ろをぬたぬたと這い追う姿が可愛いと言えなくもないので、大事に飼おうと思います。
Group Member 全員に Debuff がかかればいいのにっ
Comments (2)

ヒザのあたりです

2006-02-15 15:44:58 |   ■ WoW日記
朝起きたら、のどがビシビシに腫れあがってて水が飲めませんでした。
昨晩あたまがくらくらしてたのは、酒チョコのせいだけじゃなかったようで、、

風邪の時にはうどん! というわけで


こんなの出てました。
オリンピック仕様の、エキストラバージンオイルうどん。
どうしても「どん兵衛」シリーズで出さなきゃいけなかったのかな・・?

さて宴もたけなわのトリノオリンピック、
私が一番衝撃的だったのは、カナダのスピードスケートのユニフォームです。
メガ・スマッシャーが撃てそうな、大変いかしたデザインで、いっぺんにカナダのファンになってしまいました。
開催地のイタリアも、怪人コスチュームのカナダも、いつか訪れてみたい国の一つです。

この分だと、その前に内科を訪れることになりそうですが・・・

外から帰ったら、PC つける前に手洗い・うがいを忘れずに!
Comment

要確認

2006-02-14 23:08:48 |   ■ WoW日記
1月の末に、郵送を頼まれた卒論を持って郵便局に行ったら、
「こんな住所は存在しません」
と局員さんに言われてしまい、仕方ないので
タウンページをめくってそれっぽそうな番地にアタリをつけて送っておきました。

いまだに、卒論が通ったとの知らせが来ませんが、
無事に卒業できるといいなと思います。

WoW では、ギルメンの Hawk さんが、
自作の篭手(Lvl19)を 52G で AH に出品してしまい、そしてそれが見事に落札されてしまい
すっかり皆に詐欺師呼ばわりされております。
本人は「間違って落札しちゃった人から tell が来たらお金返すんだけど」と悪意のなさをアッピールしていたので、


ためしに tell を送ってみたところ


まったく返す気のないことが判明しました。

公式 Forum で晒される日を楽しみに待とうと思います。

宛名と金額設定は、念入りな確認を!

そして本日はバレンタインデー、
ここ2~3年は、普段は縁のない高級品を買ういい口実とばかりに、
海外のたっかいチョコレートを買い食いしていたのですが、
どうも高級チョコレートは値段ほど美味しくない、・・・というと語弊がありますね、
根っから庶民の私の口には合わないらしい、ということに気付いてしまい、
今年は久しぶりに自分で作ってみることにしました。
Web で紹介されていたシャンパントリュフが美味しそうだったので、
シャンパンのかわりに家にあった赤ワインと韓国焼酎を使ってトリュフをこねこね。

赤ワインは予想通りの味でしたが、焼酎トリュフは・・・

美味しかったですよ、これが!!
チョコレートお好きな方は、是非一度お試し下さい。

味見しすぎて頭がくらくらしてきたので、今日はもう寝ます。
酒を飲むならメンテの日!
Comments (6)

ぼく、パンクロックが好きだ~♪

2006-02-13 21:54:11 |   ■ WoW日記
と、フォークギターを弾きながら歌っていたストリートミュージシャンを見かけたことがあります。
ちなみに私は、ギターは指が短くて挫折しました。

わがギルドの新進気鋭の Priest、Calma さんは、ご自分でネットラジオの DJ をされているだけあって、
実にノリの良い WoW 日記で私達を楽しませてくれています。
Mixi 内の日記なので、リンクをはれないのが残念なところ。


楽器店のお兄ちゃんみたいな風貌の Calma さん。

私も最近は、PC の前に座っている間はずっとネットラジオを流しています。
イギリスの局のものを聴いているので、DJ が何言ってるのかはちんぷんかんぷんですが、
今の曲いいなと思ったときに、サイトですぐにアーティストと曲名をチェック出来るのがすごく便利ですね。
UK Rock 好きな方には、英国の Virgin Radio、オススメです。
ネットラジオ詳しい方いらっしゃいましたら、是非面白いサイトをご紹介くださいっ

さて、自分の Priest のほうは、そろそろ Enchant 用の Shard の確保が厳しくなってきましたので、
Herbalism を捨てて Tailoring を取り直しました。
AH で買うと Linen やら Wool やらが意外とバカにならない値段するので、
Warlock で2週ほど Deadmine を走ってきました。
Deadmine の Named 達は、なかなかユニークなキャラが多くて飽きないのですが、
中でも可愛いのは Murlock の Cookie。
Van Cleef の前菜に、もしくは口直しに、皆さんも美味しくいただいた記憶がおありかと存じます。
その Cookie が、今回はこんなものを落としました。




クッキーの生地伸ばし棒・・・。
素晴らしい!

きっと、コック帽がレシピにあることを信じて、Tailoring を頑張っていきたいと思います。
Comments (5)

0と∞はどっちが強い?

2006-02-12 18:14:29 |   ■ WoW日記
本日は、佐々木健介選手の20周年記念イベントで後楽園に行って参りました。
「鬼嫁」で有名な、北斗晶さんの旦那さんと言えば、アアーあの人かと顔が思い浮かぶ方も多いのでは。
バトルロワイヤルあり、豪華なトークバトルあり、ドリームタッグの試合あり、
ファンを喜ばせようと心を砕いてくれたことが伝わる、素晴らしいイベントでした。
仕様のためか、いまいち Arena の利用状況が悪い WoW ですが、
バトロワや勝ち抜き戦等、ルールを工夫して賞金争奪戦をやってみたいなあと思っています。

後楽園の後は、原作を読んでいた映画「博士の愛した数式」を観に行きました。
数学に興味を持つ、良いきっかけになる作品だと思うのですが、
なにぶんプロレスを観た後でしたので、帰りの電車では
「素数と完全数どっちが強い?友愛数のタッグはどれが最強?」
といった質問をツレ(数学科)にしまくり、げんなりされることになりました。

ところで、博士の愛、と聞いて私が思い浮かべるのはやはり「博士の異常な愛情(1964英米)」です。
Gnome を筆頭に、”科学者”という人種にはどうも「イカレた破壊者」なイメージがつきまといますが、
これが”数学者”になると、頭が良すぎて心が壊れてしまい、殻に閉じこもったり自殺してみたり、
という「孤高の病人」な雰囲気が漂っている気がします。
「ビューティフル・マインド」、「グッド・ウィル・ハンティング」、「プルーフ・オブ・マイライフ」、
そして今回の「博士の愛した数式」等、映画のテーマにもたびたび取り上げられていますね。
なかなかいいポジションですな、数学者!

そして数学者ならずとも、「My Heart's Been Broken!」と叫ぶ人が後を立たない今回のバレンタインイベント、
さすがに Under City のガードに振られるとやりきれない気分です。
めげずにカード集め頑張りましょ~!
Comments (2)

Darnassus is under attack!

2006-02-10 11:19:51 |   ■ WoW日記
2月9日は肉の日、2月10日はニートの日、2月11日は建国記念日、そして2月14日はバレンタインデーと、
今週から来週にかけて新旧の記念日が続きます。
受験生の皆さんにとっては、この時期は本試験ラッシュになるようで、
都内のビジネスホテルは入試で上京される方の予約でいっぱいだそうです。

さすがに WoW をやっている方で、受験生な方はいらっしゃらないでしょうが、
後期テスト真っ最中でヒィヒィ言ってる方はちらほらお見かけします。
本当はゲーム内でお見かけしてはいけないような気もしますが、、、
ともあれ、開放されるまであとちょっと、インフルエンザに気をつけて乗り切ってくださいね!

さて Moonrunner サーバですが、現在 Horde の日本人の総人口は45名程度といったところです。
私含む大半が移住されてきた方なので、他のサーバのお話を聞けるのも楽しみの一つ。
先日は、Silvermoon サーバから渡ってこられた方とお話をしていたのですが、
このサーバでは Alliance 種族間の仲が悪いそうで



マーズ・アタック扱いです、Gnome 冥利につきます、
そろそろ本当に牛とトレードを申し込まれそうです、
でもこんなことしてるから、牛 NPC から「閉鎖的・自己中」と言われるんだと思います、
Cenerion Circle も一枚岩じゃァなさそうです。

そしてこちら↓は数少ない Moonrunner 生え抜きの方。



スペースの前後で、人格の位相が転移してる気がしますが、
これも原住民ならではの魅力だと思います。
シャツ、有り難く着させていただきます Lady さん!

そういうわけでして、明日は建国記念日でお休み!
土曜日が休みだとなんだか損した気分になりますが、私は昼から後楽園に行って来ます。
晴れますように~!
Comments (6)

牛君とミドリ君

2006-02-08 01:46:48 |   ■ WoW日記

「牛君牛君、こっちに君の好物の草が生えてるよー!」



「わあ、本当だ。早速いただきま~す」


「ちょっ、ちょっと牛君、僕の上からかがみ込まないでよ!」

「もぞもぞ動かないでよミドリ君。今、食事中なんだから。」

「そんなこと言ったって、重いよ!」

「あっ、ほら、バランスが崩れてあぶな・・・」

「わっ わっ」

「わあぁ~~」

・・・・・・・・

「・・あいたたた・・ 大丈夫?ミドリ君。」

「う、うん。でもなんだか、体が変な感じだよ。」

「骨でも折っちゃったのかな?どれちょっと見せ・・・」


アッー!









・・・っということで、
昨日はギルドのみんなと Stromgarde Keep の Elite クエストをこなしていたのですが、
実に3時間以上に及ぶ長丁場だったため、皆さんこんな合体でもしなきゃやってられなかったようです。

ここのクエストの何が !#$% かって、難易度はさほどではないのですが、
長い長い Chain の段階をこなすたびに、遠い町と Stromgarde 砦との間を往復しなきゃならないのが大変アレなのです。
Alliance の方々は、
「Dun Modr(Wetlands 北部)の Elite ドワーフクエの起点&報告が全て Mehethil Harbor だったら?」
っという場合を想像していただけると、
この一連の Stromgarde クエの腹立たしさが分かっていただけるかと思います。

連続クエの quest giver が現地から遠い場合、Alliance 側のクエストでは、
遠隔から報告&次のクエを取得できる手段が与えられていたものがあったと思います。
Horde にもあんな感じで、町と交信する手段はないものナンデショウカ!
ノロシとか!!


・・・とは言いつつも、そんなマラソンクエでもいいからやりたいよゥ~
と中毒っぷりを再認識してしまう火曜日。
『アカギ』はもうラジオドラマでもいいんじゃないでしょうか・・・?
なんとかなぁれェー♪
Comment

ゴールドラッシュ・事実編

2006-02-05 22:43:34 |   ■ JP両陣営協同イベント
第4回 Moonrunner 両陣営合同イベント、本当は以下の様な内容で行なわれました。

【イベント内容】
○第一部:マラソン
 新規に作成したレベル1Tauren で、初期村から Gadgetzan まで競走。
○第二部:ドッヂボール
 Gadgetzan で全員に Leather Ball を配り、制限時間内にぶつけ合いをして、
 最後に手持ちのボール数の少ない人が勝ち。
※マラソンとドッヂボールの結果を集計し、総合順位を決定する。

・・・のはずだったのですが、
なぜかドッヂボール開始時に参加者数人に PvP フラグが立っており、
その場に居合わせた Alliance の Warlock さんに、Critter のように片っ端から殺されてしまいました。
一寸の虫にも五分の魂、勇敢なるレベル1 Tauren の皆さんは、ドッヂボールそっちのけで Warlock さんに立ち向かい、
最終的には HK 2 を勝ち取ったようです。

競技の方は、なんとまあ総合1~3位を Alliance からの参加者で占められるという、
圧倒的なあちら様の勝利で幕を閉じました。
地の利はこちらにあった筈なんですが、おかしいな~~
見事総合優勝を勝ち取った、Maximumj さん、オメデトウございます!!

前記事にも書きましたが、今回は実に24名の方にご参加いただき、部外者から見てもかなり迫力のあるイベントとなったようです。


General でこんな中継もされてました。Cindere さんの台詞がきれてて残念。なんて言ってたのかな?

参加していただいた方の名簿はこちら(自己紹介聞き逃してた方はスイマセン)。

【反省点】
Lunar Festival の期間とかぶっていたので、途中の町でのコイン集めを急遽ルールに加えたのですが、
町の場所が分からない等混乱のもとになってしまいました。
全体的に仕切りが悪く、グダグダになってしまった部分が多かったと思います。
自分は最初から競技に参加せず、進行に集中した方が良かったと思いました。

【謝辞】
Alliance のとりまとめ及び進行にご協力くださった Kakipi さん、
文句一つ言わずボール作り他の手伝いを買って出てくれた Phai さんに
深く深く感謝致します。
ご参加いただいた皆様、貴重なゴールデンのお時間を割いてご出席いただき、本当に有り難うございました。
遠くない将来に第5弾も開催されると思いますので、その節は何卒宜しくお願いいたします。

【その他】
日本語フォントに慣れてしまっているので、ローマ字だと瞬時に内容が把握できず、読み逃がしてしまうこともしばしばでした。
トレーニング積まなきゃだめだなこりゃ~(*_*


今回参加出来なかった方も、次回はぜひ!
という毎度の台詞で、報告を締めくくりたいと思います。
皆さんお疲れ様でした!
Comments (8)

ゴールドラッシュ

2006-02-05 18:26:48 |   ■ JP両陣営協同イベント
Winterspring への移住が決まり、荷造りのため押入れを整理していると、一冊の古いアルバムにふと目が止まった。
開いてはいけないと頭ではわかりつつも、つい、埃のつもったページに手を入れてしまう。



若い日の中間達と、そして、一体の人間の死骸。

そう、20年前にも、私は一度移住を決意したことがあった。
雪の降る Winterspring ではなく、灼熱の砂漠地帯 Tanaris へであったが・・・


◆ ◆ ◆ ◆ ◆




Camp Narache の青年達は、若いエネルギーを持て余していた。
コンビニなんてない時代、溜まり場はいつも窯の上。
立ち上る煙にビーフジャーキーを気取っては、「なんか面白いことない?」と尋ね合うのが日常だった。
田舎暮らしに飽き飽きしながらも、目新しいことが空から降って来るのをただ待っている
僕らはみんな、刺激に飢えていた。

そんな僕らに、転機の時は訪れた。

ある日届いた、一通の求人広告。



はるか南の地、Tanaris は Gadgetzan という町で、
Gadgetzan Water Company という会社が働き手を募集しているらしい。

様々な旅人が訪れるという、ゴブリンが治める中立の交易都市、Gadgetzan。
そして Tanaris には、小さいながら港もあるという。

僕達はまだ、海を見たことがなかった。


皆の意見はすぐにまとまった。

南へ、南へ。

途中、見知らぬ猛獣に命を落とす仲間もいたが、
僕達は走り続けた。

広大な Barrens の荒野を駆け抜け、千本の針と名付けられた奇石地帯で道に迷い、
塩田のレースクイーンに心奪われながら、

僕らはついに、Gadgetzan に到着した。



消耗しきった僕らを迎えてくれたのは、一杯の水でもなく、ねぎらいの言葉でもなく、
念の入った健康診断だった。

望診、触診、検温、そして血液検査。
異常プリオンというのが見つからなければ合格らしい。

幸いにも、僕らは全員パスすることが出来た。


「Follow Me!」
検査を終えたゴブリンは、僕達を立たせ、町の中央へと導いた。
いよいよ仕事の内容についての説明があるんだな、と僕は思った。


僕らが入るよう言われた、金網で囲まれた区画には、大きなカギがかけられていた。
カギをかけるということは、それだけ重要なものがあるということだ。

田舎から出て来てよかった、と思った。
Mulgore には、そもそもカギをかけるためのドアがない。

そんなことを考えながら、ぼんやりと説明を待ったが、
一向に係のゴブリンが現れる気配はなかった。

と、突然仲間の一人が鋭い悲鳴を上げ、砂煙をあげ崩れ落ちた。


なんと、いつの間にか現れた一人の人間が、仲間に攻撃を仕掛けているではないか。

どういうことだ!?

僕は、僕達を案内したゴブリンの姿を探した。

「悪く思うなよ、Friends! この町じゃ、ロクな肉が手に入らないんだ」

なんということだ。彼らは最初から、僕らを雇うためではなく・・・


とさつ場と化した金網の中、次々と凶刃に倒れる仲間たち。

このまま、むざむざと食い物にされていいのか?

僕達は、立ち向かった。

レベル1や2の僕らから見ると、相手は神の様な力を持っていたけれど、
僕達は一人じゃない。

覚えたての Stomp で砂地をゆるがし、生え変わったばかりのツノをがむしゃらに突き立てた。

そして・・・


僕達は勝った。

戦いの興奮が覚めやらず、知らず知らずのうちに故郷のステップをふみ、慣れ親しんだ歌に声を張り上げる。

食えない奴らだと思ったのか、ゴブリン達は黙ってカギをはずし、
それぞれの商いへと戻っていった。


さあ、帰ろう、Mulgore へ。

力を合わせて出来ることが、故郷にもきっとあるはずだ・・・


◆ ◆ ◆ ◆ ◆


いつまで写真を眺めてるの、とたしなめる妻の声で、一気に意識が引き戻された。

そうだ、Winterspring への引越しの準備をしているんだった。

アルバムを閉じ、軽く埃を拭き取ってから麻袋の底にしまいなおす。
Winterspring では、ユキヒョウやクマの肉が簡単に手に入り、僕達の体が狙われる心配はないらしい。
泉質調査の人手が不足している、という手紙が来たので、今回 Everlook という町に働きに行くことになったのだ。


今になって思えば、僕はこのとき、もう少しきちんと調べるべきだった。

Everlook は、あの強欲なゴブリン達が支配する町で、
そしてその町では、寒さをしのぐための皮製の衣料が、常に不足しているんだということを。


こうして、僕のアルバムに新たなページが加えられることになるんだけれども、
それはまた、別のお話。


------------------------------------------------------------------------------


回を追うごとに長ったらしくなっていきます、Moonrunner 両陣営合同イベントのレポートですが、
2月4日(土)に無事4回目のイベントを終えることが出来ました。
今回は総勢24名の方が参加してくださり、大変にぎやかなイベントとなりました。
ご参加いただいた皆さん、本当に有り難うございます。

長くなりすぎちゃったので、レース詳細は別記事とさせて頂きます。
Comment