くらげのうきわ

Battle.netアカウントロック中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

繰越ゾンビ

2006-04-12 02:31:53 | DDO

←↓→○

いそいそとイン致しました三國無・・ Dungeons & Dragons Online。
港にいる胡散臭い Lord から貰える三本立てクエストのラスト一本、Dagger クエストを片付けてしまうべく
スペルの用意もそこそこにインスタンスへと向かいます。
一心に棺桶を壊して歩いていると、なんと Blog を読んでくださっているという方から tell が!


嬉しいやら驚くやら tell の仕方がわからないやら、
大焦りでなんとかお返事したつもりでしたが、あとで見直してみたら半分くらい宛先間違いの誤tell になっていました・・・。
折角お声をかけていただいたのに申し訳ありませんんんn
存在しないプレイヤーへの tell は、ちゃんとエラーで返してほしいですッ

ちなみにこの方は野良で Group を組んでどこかへお出かけしておられました
うらやますぃー 早くソロクエスト卒業したいぃー
そねみを込めて勝手にフレンド登録、どうやらこのゲームも WoW と一緒で、
リスト登録に許可は要らないようです。

Dagger クエの方は結局、途中出てきたゾンビにかすり傷ひとつ負わせることが出来ずに退却、
骸骨には鈍器、ゾンビには刃物で攻撃しろって習ったので、ちゃんとダガーで攻撃したんですが・・
初期島で買った安物ダガーだったのがまずかったのかな。

再挑戦の前に、通いなれた酒場で英気を養います。
日本人らしきお名前の方もちらほら。

Jthaqua さんが、いみじくも
「WoW プレイヤーは二種類に分けられる。無意味にジャンプする者とそうでない者だ。」
なんてこないだ言ってましたが、
前者に分類される私といたしましては、DDO でも勿論ジャンプジャンプ、ステップステップ

行儀よく歩いたり走ったり立ち止まったりしてる方が殆どですが、
ピョンピョン飛び跳ねてる人がいたら、それはきっと WoW 出身者に違いないっ


酒場では、ぼーっとしててもジワジワ回復しますが、
急いでる方はマスターに食べ物や飲み物を注文できます。

普通に飲み食いすると錆びそうな Warforged の方には、ちゃんと専用メニューあり。



さて武器やで出刃でも物色してゾンビにリトライじゃと思った瞬間、
エラーで落とされ、その後は認証エラーでとんと繋がらなくなってしまいました。
結局再インストールする羽目になってもうこんな時間、そろそろ WoW の方のサーバがあがりそうだよっっ

折角ギルメンのふたりも今日から DDO をはじめたというのに、会えずじまい!
きっと彼らは今日はこのへん↓のクエをやって、


パズルのような仕掛けもこの先多そうです

「うおおいいねいいねこういうの!」
とニカニカしていたことでしょう。

くそぅー早速出遅れそうだぜー
Comments (6)

永遠にレベル1かも

2006-04-07 14:09:41 | DDO
なんだかサーバが落ちてたり認証がとおらなかったりで、WoW にイン出来ないことが多いので
そんなときは遊んでます、Dungeons & Dragons Online。
もともとのルールを知らない人が遊んでどこまで楽しめるかー

今のところかなり楽しいです!看板も回ってるし

DDO は、酒場とダンジョン内の特定の場所以外では
HP /MP の自然回復がおこらないので、戦闘で傷ついた心と体を癒すために、この酒場にしょっちゅう通うことになります。
WoW と違ってシームレスではないので、酒場のドアをくぐる時にゾーンの読み込みがあるのですが、
そのときに出てくる酒場の看板の絵(まだ2箇所しか知りませんが、どっちもジョッキがモチーフ)がなかなか可愛いいので、
ロード時間もあまり気になりません。

ソロで出来る初期のクエストも少しやってみました。

ギギギー

もともとボタンとかスイッチとか押すのが大好きなので、レバーを倒すのが楽しくて仕方ありません。
そのうち、Str の値が一定以上ないと引けないレバーも出てくるそうです。
私はクレリックを選択してしまったので、そうなったら戦士系の方にお任せするしかないんですね。
今のうちに押せるだけ押しとこうっと


定番トラップも盛りだくさん


因果関係のわかりやすい仕掛け


ダンジョン内を探索していると、新しい場所に出たり、状況が変わったりするたびに DM(ダンジョンマスター?)さんのナレーターが入ります。
ト書きだけでなく、ダンジョン内の敵役の台詞も、同じ人がちょっと声音を変えて演じたりしています。
それまで、「生暖かい風が君の頬を・・・」とか名調子で解説してた人が、敵が出現した途端
「全ては○○様のためにいぃぃぃい!しねー異端者よ!!」(台詞は適当です)
とか、イカニモな声で叫びだすのがかなり笑えます。

そんなわけで、はじめ少し Halfling で遊んでいたんですが、なんだか弱かったのでやっぱり


この人しかいないと思いました。

Dwarf で作り直して再トライ!



いやー


こんな犬が出せるんじゃない、最初から。

この犬がすごい強いのです繰り返し使えるしねーやっぱりちゃんとスキル表は眺めないとだめですね。
Halfling が弱かったわけじゃないんですね・・・

でもまあ、なんだかこのキャラのほうがアイテムの引きも良さそうなので
(DDO では、一部のクエストの Rewards は固定ではなく、クエスト完了後ランダムに数種類のアイテムが提示されます)
しばらくこの人でがんばっていこうと思います。
Comments (2)

赤兎馬の似合うあなた

2006-04-05 19:01:34 | DDO
MH2 は、勢いで弓を買ってしまったのが敗因でしょうか、
当たらない、当たってもなんか弱い、猫に持ち物盗まれまくる、で頭にきて村を出てしまいました。
今頃はまた、村長さんが新しいハンターさんをもてなしてることでしょう。

そういうわけで、火曜日は Stormreach で過ごすことにしました。
DDO(Dungeons & Dragons Onile)では、Human, Elf, Halfling, Dwarf, Warforged の5種族からキャラクターを選択することが出来ます。
とりあえず♀キャラを物色、
いろいろとパーツをいじってみた結果、一番面構えが良かったのは


Dwarf さんでした。
信長~や三国志のキャラを思わせるこの精力に満ちた顔・・・
イヤアいい!かなりいいです!

ちなみに

NPC のお姉さんはデミ・ムーア顔で皆綺麗な Human


鮮やかな髪の色が選択出来る Elf

そして Halfling は SMAP の草薙君に似てました。

パーツ選択によって一番美醜に差が出るのは Warforged で、


美人さん


おちょうしもの


OK牧場


どの種族もそれぞれに魅力的ですね。

種族、クラス、顔のパーツ、名前、属性等が決まったら、次は能力値やスキルの選択です。


能力値。種族の基本値に、28ポイントを追加で割り振ります。



スキルポイント割り振り。



特技選択。


説明書を読んでいないので、はっきりいって何がなんだかわかりません。
幸い、画面右の方に、「このクラスならこれに振るといいよ」というヒントが出ていたので、その通りにしておきました。
このへんは、Dungeons & Dragons をやったことがある方なら、なんら困ることはないのかも。

スキルが沢山ありすぎて、全部を把握するのにはちょっと時間がかかりそうですが、
スクリーンショット は Ctrl+P、ということだけ覚えておけば、あとはなんとかなるでしょう!
では意気揚々とすたーとー
Comments (10)