くらげのうきわ

Battle.netアカウントロック中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

meter?

2011-08-30 00:41:26 | RIFT


ドロップしそうな人沢山知ってます


システムまわりはWoWにソックリさんで、むしろ違うところを見つけるのが難しいくらいです。
クエストあり、Achieveあり、BGあり、DFあり。生産スキルもほぼ一緒。


MiniMap

各Trainerは一箇所に固まってるので、探す手間が省けます。
Druid Trainerだけなんでこんな道端の樹の下に・・・なんてことがないのがちょっと物足りないですが!


クエストトラッカーも完備。
アイテムを使用するクエストの場合、クエストのタイトル横にアイコンが表示されます。
このアイコンを押すことでアイテムが使用できるので、かばんの中をアレデモナイコレデモナイと探す必要はありません。

関連する生産スキル間(BS-Miningとか)の連携もとてもスムーズになっていて、複数の素材を必要とする制作の際の煩雑さが取り払われています。
表示数が間違ってたりとか、バグも多いけど、よくできてる!

こんなふうに随所で、WoWでちょこっと不便だったとこを改良してやるぜ、的な意気込みが感じられます。
そっちを頑張った分AddOnまわりのAPIはまだ貧弱で、現状だとロクなAddOnが作れないらしく、ほぼ素のままでやっていくしかないようです。
せめてフォントだけは変えられるようになって欲しい・・・


戦闘スキルの獲得ペースも速いので、レベル一桁の時点でも結構な数のスキルが撃てて爽快感があります。




派手ですね。暗いけど派手ですね。

WoWはオレンジや紫なんかの、ハッキリとした色の組み合わせで効果を出すのがうまいですが、RIFTはタマムシ色というかプリズムカラーというか、もや~んとした色合いで光ってることが多いです。


低レベルのところしか行ってませんが、インスタンスの所要時間は30分~1時間、DFでの待ち時間はWoWと同じくらいです。Tankははやい、DPSはおそい。
RIFTではTank、Healer、DPS、に加えて「Support」というRoleを選べるようになってて、これはDPSクラスが副業として(本業でやってる人も勿論います)出来るRoleのようで、
結構待ち時間が短そうなんですがどうなんでしょうか。歌にもジュース絞りにも自信のない私は試してみたことがないです。




一つのインスタンス内に四季がある場合もあります。
冬エリアはほんとに一寸先も見えないくらいの猛吹雪で、ここまで視界を悪くしてしまう思い切りの良さに感動です。


こんぐらいやって、Lvl20を超えて、だいたい様子がわかったので、
久しぶりに遭遇したAさん(私にRIFTとWoWどっちがオススメか?と訊いた人)に感想を伝えようとしたところ、


AさんRIFTでとっくにLvlキャップしており、現在はRaidに通いつめているという事実が判明しました。


・・・廃人てやつぁ・・・


それでRaidはどう?と尋ねると、

「自分はもっと気楽にやりたいのに、メンバーが外部ツールでDPS測定をしているのでプレッシャーがすごい」

との事でした。

Raidを楽しみたいけど、楽しくやってるとRaidできないっていう、このへんのアレはもうMMOの宿命なんでしょうか・・・

ちなみにその外部ツールは、


Parserというものが有名だそうです。

試しに入れてみましたら、まあなんかいろいろ細かい情報が吸いだされて表示されてました。
すごいの作る人が必ずいるもんですねえ。
Comments (6)

ゆるふわで陰気

2011-08-29 14:43:57 | RIFT
Ascendantて見た目はフツーの人ですが、やっぱり超人なのかもしれません。


こんぐらいの壁なら飛び越えられます。
ジャンプ自体、なんかあんまり重力を感じさせないジャンプというか・・・ふわっとしてます。

そしてやっぱりRiftによる時空の歪みが発生してるんでしょうか、


こんぐらいの障害物ならものともせずにコッチ側から石が掘れます。フワッと。


それでタイトルにもなってるRiftってなんなのって言うと、
各地に発生する時空の水漏れのことらしいです。これを修理して回らないと、どんどん魔物が漏れ出て来ちゃうみたい。


なんかしらマークがついてるのがなんかしら事件が起こってる現場。大洪水!

Rift発生地点では即席でRaidが組まれて、キャラバンみたいにみんなで現場をハシゴしたりもします。


Raidに入るには「Join」ボタンを押せばいいだけですし、Leaveするときもみんな無言。かなり気楽に参加できました。

発生直後のRiftを下から見たところ。↓


キレイですよねえ~、トレイラーみたい。

なんか美術が結構素敵なんですよ


これはLvl20くらいで行ける町なんですが、いかにも事件が起こりそうでいいですよね。


まあ陰気なんですけどね。基本的に画面は四六時中暗いです。


なのでたまに陽のあたる海岸なんかに出るとほっとします。
これ、Collector'sについてくるカメに乗ってるとこなんですが、
可愛いか可愛くないかで言ったら、まあ、不気味、です。
同じくCollector'sについてくるペットも推して知るべし。このペット目当てに買う人は絶対にいないはず!

とにかく可愛さは皆無です。


Mobのデザインもこんな感じで・・・


・・・あれ、よく見るとこれはちょっとかわいいか?
Comment

買ったらドロップする。買ったら値下げされる。

2011-08-28 14:43:03 | RIFT
会社のAさんから、「イチから始めるとしたらWoWとRIFTどっちがいいっすかね?」と訊かれたので、WoWと比較するべくRIFTやってみました。
Lvlキャップの半分の25までしかやってませんが!

陣営は2種類、GuardianDefiantっていうのがあるんですが、
Guardian側はRighteousでDevoutな「信じる者は救われる」陣営、1回死んだけど神様に選ばれて生き返った英雄、てのが自分です。
Defiant側はrealisticでtec&sci、「Defiantの技術力は世界一ィィィイ!」な陣営、1回死んだけど超絶テクノロジーで蘇った強化人間が自分です。




どっちにしろもう死んでるんですね~わたくしは~
復活した身体には、さまよえるエキスパートの魂を複数詰め込めるので、組み合わせ次第ではMageでHealerとか、RogueでTankとかも出来るようになっちゃう。そんなスーパーアボミちゃんが自キャラなわけです。

どちらの陣営を選んでも、キャラの見た目は劇的には変わりません。1コン、2コンの違い程度です。
牛とかTrollとかGnomeみたいな魅力的な造形の種族がいないのはちょっと残念。

種族固有スキルの中では、

  

Elfのワープスキル(Blink程度の距離)のEffectが気持ちよかったです。ふわっと羽が生えてふわっと着地!
これやりたさに、柄でもないElfのキャラも作りました。

そんなわけで、AzerothにTelaraに生まれ落ちた瞬間から、ヒーロー、選ばれし者、期待の星「Ascendant」な自分ですから、どこへ行ってもチヤホヤされます。
「Young Troll」とか、「Flesh Meat」とか言われないわけです。それどころか、

「おれ、Ascendantと話しちゃったよ!」

「今日はAscnendantと会えたからいいことありそう♪」

的なセリフが聞けまくりです。気分イィーーっ


初期エリアは通常のエリアと切り離されたゾーンになっていて、Lvl5~6くらいまではここで導入クエをこなすんですが、
この導入ストーリーが結構SF的で面白かったです。
特にDefiant側では、自キャラはなんと○○○○○○○が○○○○○○を○○した後の世界で蘇生されます。その後ヒーローユニットの尽力により、○○○○○○を使い○○を○○、Guardian側のAscendantと同じ○○に○○○○○わけです。

ふ~

初期エリア以外にも、ヒーローユニット的なNamedがちょいちょい配置されています。
話しかけるとその人のLoreが読めるので、これがまた楽しかったりするんですが



なにせ魔物集団がしょっちゅう街の中まで流れ込んでくるので、


ヒーローユニット颯爽と戦闘はじめちゃって、最後まで読むのになかなか時間がかかります。


こんなあたりでフリートライアル(7日間)が切れたので、初期マウントとバッグ容量目当てにCollector's Editionを24$で購入しました。


・・・今日、サービス開始開始半年とかで、記念同じCollector's版が9.99$に値下げされたというのを知りました。


3DSの悪夢ふたたび!
Comments (3)