NPO法人 ハウル

ハンディキャップ(障がい)のある方の就労とスポーツ振興を応援します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

徴兵制

2007-11-28 22:25:15 | 歴史
東国原知事が「徴兵制あってしかるべき」との持論を展開したとの記事があった。
若者がある期間、訓練や規則正しいルールにのっとった生活を送った方が良いと
のことだ。

20年前、私がアフリカのエチオピアに行ったとき、まだ内戦中で若者は徴兵され
戦火に向かった。
しかし、内戦は激化し帰るあてのない徴兵を逃れるため、自らの脚を銃で打ち抜き
障害者となる者が多かったと聞く。
「徴兵」とは何か、今一度考えていただきたい。

第2次世界大戦では、多くの障害者がアウシュビッツなどの収容所に送られた。
ナチスにとってユダヤ人だけでなく、障害者も地上から抹殺するべき対象だった。

戦争とは机上の理想では考えられない事態が起こることを理解しなければならない。
m-kishi
コメント   この記事についてブログを書く
« 障害者芸術・文化祭ながさき大会 | トップ | 子どもをめぐる問題について... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史」カテゴリの最新記事