堅持し通す

不思議なのは、どこからか、一秒から、私は全身の痛みが突然消え。

何が愛情

2012-12-13 12:05:32 | 日記
貪欲と愛情、この二つの概念は、私たちの感覚はどんなに違うね!しかし、この可能性は同じ欲望の2種類の言い方だ。

種の言い方はすでに占有者の立場から出発し、彼らの欲望は静止状態で、「占有物」を心配して、別の1種の言い方は欲張り者と渇望者の立場から、美化さを「いい」。私たちの愛、それはまさか新しい財産の兼職渇望か:同様で、私達は知識、真理の愛や、珍しい物事の追求もそんな風だったかなぁ?

だけで私たちは古いもの、すでに占有物をゆっくりと飽きてしまい、そして手にせしめ新しい。たとえ風景約絶佳の地だけで、三か月で、もう我々が愛して、どこか遠い渚は我々の貪欲刺激。占有物を占有して少なくなったから。私たちは自分の興味はいつもこの興味が僕らに模様が維持できたが、これも占有。我々はあき占有物も、自分自身にあき。(人々が多すぎる苦痛を占有して、占有物を捨てや他人に分けて、「愛」の美名冠。私たちが見たよ愛)苦しむのは難しく、喜んで利用時のきっかけにして、彼の占有物せしめ、一如慈人と同情者は彼を----を新しいの占有物が欲念「愛」として、彼はその中を喜び、まるで一度成功が新しい占有で喜びのように感じる。

代々の人の愛情表現を最も明らかに占有の追求。恋人と絶対占有を得ることを渇望して、女の人は彼女の魂と肉体も待ち望んで絶大な権力欲、彼は単独で愛されし、最高の、最も価値があるとして渴慕人を統べる駐留と女の魂に。この意味阒確実にすべての人を並んで貴重な美しい拒否、幸福と享楽以外。この恋人を目指す別のライバルでやって一貧洗って、自分の主人になる金庫、「徴服」と搾取者チームにしたい放題を、身勝手極まりない人、他の人は彼にとってはあっても、白い無価値な、彼はいつでも準備製造犠牲を無視し、秩序、他人の利益を。相、これらの人々は思わず奇妙に感じ、という狂った性愛貪欲と拗ねるどうして歴史上に美化、聖化され、その結果から人で得た愛情の概念が:愛情はと利己的対立。実はね、この愛はまさしく本物の利己的な代名詞。その言葉に、一物もない人と渇望を持つ人は言葉が徽州マイル;その愛情の方面で恵まれ多くの占有物でも満足の人、例えばすべてアテネ人で一番愛された索福無ラス、時には愛情に対してもどうしても罵る声「狂気悪魔」だが、エロスエロスいつでも冗談この渎神者----ちょうど彼らはいつも最も偉大なエロスの煥膚寵児。

もちろん、世界に至る所にある愛の続きを。続いている中、二人の渇望を別の1種の新しい渇望を指して共通の目標を高く、つまりは彼らの上空の理想。

しかし、誰がおなじみの愛情?誰が経験した愛情なのでしょうか?それが正しいの名前は友情。
コメント   この記事についてブログを書く
« 人生のマラソン | トップ | 一人で決めて高度の幅 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事