堅持し通す

不思議なのは、どこからか、一秒から、私は全身の痛みが突然消え。

には思わず目を

2017-06-02 11:16:54 | cellmax科妍美肌再生中心好唔好

 にも気がついた。
 その夜ギルマンが眠ると、菫色の光が以前よりも強烈になって押し寄せ、年老いた魔女と小さな毛む港股夜期報價くじゃらの生物とが――いままでにもまして近づき――およそ人間ばなれした金切り声と悪魔めいた仕草でもって、ギルマンをなぶり嘲笑《あざわら》った。得体の知れない怒号の聞こえる薄明の深淵に沈みこんでいくことがうれしかったものの、あの虹色《にじいろ》の泡の集まったものと、あの変幻きわまりない小さな多面体に追われるのは、脅威でもありいらだたしいことでもあった。するうち変化がおこり、すべすべした見かけの物質からなって、一点に収束する広大な平面が、上にも下にもそびえるようになった――一瞬の幻惑、そして黄色、紅色、藍色《あいいろ》が狂おしく渾然《こんぜん》と入り乱れる未知の異界的な光がひらめくとともに、この変化はおわった。
 ギルマンは奇異な形の高い欄干のあるテラスになかば横たわっていて、眼下疑ってしまうような奇峰、釣合のとれた平面、ドーム、光塔、頂に円盤が水平に位置する尖塔《せんとう》、数えきれないほどのさらに突拍子もない形をしたもの――石からできたものもあれば金属からできたものもある――が果しなく林立して、多様な色をもつ空の、渾然とした、火ぶくれさえできそうな灼熱《しゃくねつ》の光のなかで、絢爛《けんらん》と輝いていた。上に目をむけると、途方もない大きさの炎の円盤が三つ見え、それぞれがちがう色をもち、低い山脈がつくる果しなく遠い湾曲した地平線の上、異なった高さにうかんでいた。背後にはさらに高いテラスが層をつくり、目の届くかぎりそびえたっていた。眼下の都市は視界のおよぶまで広がっていて、ギルマンはその都市から音が涌きおこらないことを願った。
 ギルマンがやすやすと身を起こしたテラスの床は、およそ識別不可能な縞《しま》のある磨きぬかれた石が敷きつめられ、それぞれの石は異様な角度をもつ形に切られていたが、どうにも理解できない法則をもつ、何かこの世のものならぬ均整美に基づいているほどには、さして均整に欠けたところはないように思われた。欄干は胸くらいの高さがあって、繊細で奇異な彫刻がほどこされ、グロテスクな意匠と絶妙な細工による小像が、わずかな間隔をおいて手摺《てすり》にならんでいた。それらの小像も欄干全体と同様に、何らかの種類の輝く金属から造られており、その色といえば、この渾然とした光彩の混沌《こんとん》のなかでは見当もつけられず、その性質もまるで推測の余地のないものだった。小像群が表しているのは、隆起をもった樽《たる》状の物体で、水平にのびる腕が中央の輪からスポークのように放射状に分出して、ドアの把手《とって》のような球根のようなものが、樽の上部と下部から垂直にのびていた。これら把手状のものはそれぞれ、車輪の中心軸さながらに、長くて平たい、三角形のように先細りになった腕が五本、海星《ひとで》の腕を思わせる恰好《かっこう》でまわりに配置されていた――おおよそ水平方向だが、中央の樽状の部分からはすこし外側に湾曲していた。底にある把手状のものの基部は、長い手摺に一点で微妙に溶接されているため、溶接箇所がはずれて無くなってしまった小像もいくつかあった。小像の高さはおよそ四インチ半で、先端のとがった腕が突出しているために、最大直径は二インチ半くらいだった。
 ギルマンが立ちあがると、タイルが素足に熱く感じられた。あたりには誰もおらず、ギルマンはまず欄干まで歩いていき、ほとんど二千フィートはありそうな眼下に広がる、果しない巨大都市を呆然《ぼうぜん》と見おろした。耳をすましてみると、広い音域にわたる、かすかな旋律をもった笛の音の入り乱れたものが、眼下の狭い通りから涌きあがってくるように思え、できることならこの都市の住民をはっきり目にしたいほどだった。しばらくすると景色に目がくらみ、もしも本能的に光沢のある欄干にすがりつかなかったなら避孕 藥、舗道に落ちてしまっていたことだろう。右手が突出す小像をつかみ、その感触がギルマンにいささかおちつきをとりもどさせたようだった。しかし手でつかんだだけででも、微妙にとりつけられた風変わりな金属細工には負担にすぎたらしく、先のとがった小像は、ギルマンの手の力をうけて手摺からはずれてしまった。ギルマンはなおもなかば呆然とした状態で、欄干をつかみつづけながら、もう一方の手で小像のなくなったなめらかな手摺を握りしめた。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 公共博物館奥に隠 | トップ | 音が聞こえ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

cellmax科妍美肌再生中心好唔好」カテゴリの最新記事