ばばちゃんのおっちゃんの日本語の先生への道

日本語の先生になろうと一念発起いたしました。

叩き台 その3

2016-11-13 04:25:51 | 3.日本語先生として
 取りまとめに掛かりましたが、膨大なデータになり、抑揚、重軽もなく、だらだらして、どうも使い勝手が悪そうなので、やり方を変えることにしました。
 実際に、教壇に立って、辿ってゆくシナリオと、私が認識していないといけないマインドや知識、情報、解説がごちゃ、ごちゃに混じっていましたので、分離することにしました。
 そしてその運用も、その第2の教案は、マインド、情報等で、教壇に立つ前に、私がおさらいしておくもので、第1の教案は、現場で実演されるシナリオのことに整理し直すことにしました。

 文型についての解説は、大抵は別の書籍になっていて、その項目を、一通り読んだら、分かったつもりになっていますが、教科書と連動していませんので、授業においては、思い出したり、思い出さなかったりの曖昧さが残ると考えます。そこで、教案2に要点を記録しておいて、教える前に必ず目を通しておさらいしておけば、盤石になるのではないかと考えます。
 文型辞典の内容を、すべて頭に入れておくなんてことは、到底できませんので、最低、必要な文型解説を、身近(教案2)に置いておいて参照しやすくすることが肝要と考えました。

 文型と文法の関連を、質問されたとき速やかに出てくるように、とりあえずは、「みん日」のプログラム及び内容から頭に定着させるようにしたい。そのために、教案2には、それらの内容も盛り込むようにしたい。
 恐らくは、編集者、理解しやすい文型から順番に取り上げているものと考えますが、私は、それを、使用頻度の高い順番から並べてあると考えて、プライオリティーは、「みん日」に従って取り上げていくようにしたいと考えます。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« その75 山中先生 | トップ | 20161114 »