ばばちゃんのおっちゃんの日本語の先生への道

日本語の先生になろうと一念発起いたしました。

その 205 ボキャブラリー

2018-12-31 06:54:42 | 6.私の感想・考え

****************************************************

Dear foreign visitors、please visit below site.

Shortcut for learning Japanese https://nihongokaiwachikamichi.jimdo.com/

Site Map https://nihongokaiwachikamichi.jimdo.com/site-map/

****************************************************

英語話者のボキャブラリー

 探し物をしていて、昔からお世話になっている「英辞郎」のサイトに久しぶりに辿り着きました。何か目新しいニュースがないものかとウロウロしていましたら、英語話者のボキャブラリーの情報にヒットしました。

ボキャブラリーの目安として下記の表示が有りました。

3歳         ~3,000語

4歳       3,000~4,000語

5歳       4,000~6,000語 英検2級、TOEIC550点、大学受験

6~7歳          6.000~11,000語 英検準1級、TOEIC700点

8~9歳         11,000~13,000語 TOEIC800点

10~12歳     13,000~17,000語 英検1級、TOEIC900点

 まあ、いずれにいたしましても、読み書きはともかく、会話のボキャブラリーの目安としましては、日本語の2歳で500語、2歳半で1,000語と余り変わらないものと考えます。

 実際には、使用頻度から単語を紹介してある訳ですから、優先すべき単語が分かります。クリックいたしますと、アルク社の「英辞郎」サイトにジャンプし、その単語についての詳細が表示されます。

 と言うことで、日本語はどうかと言うことになります。今取り纏めています3種類の「初級教科書単語帳」ですが、語彙数は,1,000語前後で、一定していますが、重複していない言葉も結構ありますので、そういうものが有れば、参考に語彙を取捨選択したいと考えるのですが・・・・・。

 「コーパス開発センター」というサイトが有りました。「日常会話コーパス」制作中で、現在、利用出来ませんが「話し言葉コーパス」の中に、ダウンロードできるデータが有りましたので、何かうまく利用できる方法が有ればよいのですが・・・・・・・

 初級教科書用の単語フラッシュカードを作っていて、感じた中に、頻度の高い動詞を優先して使えるようになれば、幅広い会話ができるのではないかというのが有ります。上記コーパスから何かヒントが得られないか試してみました。それは、「中納言」の公開データというのがありまして、どうも講演集から収集したようで、「会話」とは異なるようです。頻度1回以上の言葉は、42,500語有りまして、その内、動詞は3,200語も有りました。(私でも、全部理解できます。我々のボキャブラリーはすごいですね。講演なので、そうでないと困りますが)頻度10以上で括りましても、1,450語ほどあります。厳選、50語、あるいは、100語という形にならないかと、観察しましたが、ちょっとやそっとでは絞り込めないですね。また、「講演」と「会話」では、使用語は、随分異なるような気が致します。日常会話の方の公開は、2021年になるそうです。 

国立国語研究所コーパス開発センター

https://pj.ninjal.ac.jp/corpus_center/

 

(追記)

「WIKIBOOKS」のサイトの中に、「日本語/非母語話者むけ」というのが有りまして、更にその中に、「非母語話者むけ/五十音図」というのが有りました。残念ながら、どうも、日本人向けや英語話者向け説明で、そもそも、普通の日本人には、ローマ字表記の五十音表なんて、全く必要ありませんし、端的に言いますと、もっぱら、ノンネイティブ向けの資料のはずです。ところが、いくらアルファベットで、表示しても、日本人が考えます発音でなかったり、そのアルファベットの発音を持っていない言語が有ったりするのを、考慮に入れておられないようで、ガッカリ致しました。

その中に、「日本語の基本1000単語」というのが有りました。どうも、上記コーパスの「書き言葉」のもののようです。「品詞」、「大分類」、「中分類」、「小分類」、「細分類」と、分類できていますので、これをヒントに、何か考えてみたいと考えております。例えば、会話に「副詞」を添えますと、かなり豊かな会話になります。第二、第三外国語を学習される方には、基本語として、どうしても必要になります「人称代名詞」「指示代名詞」「数字」「方角、位置」「時間、暦」「家族」「国、地域」を、双方向に使えるように整理して提示したいとも考えます。

因みに、動詞は、150語有りました。形容詞、形容動詞は合計、90語。基本語は170語、副詞は、40語

 その内、私の独断と偏見で整理したいと考えます。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 入門者用教材2 | トップ | その 206入門者用教材3 »