ばばちゃんのおっちゃんの日本語の先生への道

日本語の先生になろうと一念発起いたしました。

音声合成出力

2018-12-18 06:07:36 | 8.第二第三外国語

***************************************************

Dear foreign visitors、please visit below site.

Shortcut for learning Japanese https://nihongokaiwachikamichi.jimdo.com/

Site Map https://nihongokaiwachikamichi.jimdo.com/site-map/

****************************************************


Google翻訳の音声合成出力

「ミャンマー語の独習」のカテゴリーで書きましたが、ミャンマー語の音声出力は、まだ整っていないと勝手に思い込んでいましたが、既に音声出力してくれるようになっているのです。

 日本語の学習者は、「Google翻訳」も「Quizlet」も、日本語の音声出力をしてくれますので、ご本人がその気になりさえすれば、いくらでも利用できるようになっています。ネット上に日本文も色々ありますので、ご本人の目的に合わせ、プライオリティー順に短文を集めて、読み上げさせればいいだけです。検定試験を受ける方も、聴解の訓練に利用できるのではないでしょうか。

 そこで、私は、日本人で、マイナーな外国語の勉強をしたいとお考えの方には、「Google翻訳」を、お奨めしたいと考えます。既に、多言語の聞き取りや発声の訓練が簡単に出来る環境が(必要最小限ですが)、もう整っていますよ。皆さん、外国語の学習環境が随分、良くなっていることにお気づきでしょうか・・・・・・・と。

 スマホではちょっと手間がかかりますが、PCでやるとしますと、それほど手間はかかりません。数語で構成された短文を入力し、それを繰り返し聞いて、脳に叩き込もうという訓練方法です。必要なテキスト化された短文はネット上に沢山ありますし、また、場合によりましては、ソフトキーボード(「Google翻訳」も持っていますし、ネット上に他のも有ります)を使って作文し、「Google翻訳」に発声させればよいのです。

 トレーニングには、「Quizlet」が良いのですが、今のところ、取り扱える言語がまだ多くありません。「VoiceTra」や「Pocketalk」は、発声をチェックするには最適ですが、耳を馴らすトレーニングにはあまり向いていそうに有りません。

もう実践だけです。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« その33発音の習得法 | トップ | その34 活用フォーム »