ばばちゃんのおっちゃんの日本語の先生への道

日本語の先生になろうと一念発起いたしました。

その33発音の習得法

2018-12-17 15:24:56 | 8.ミャンマー語独習

**************************************************

Dear foreign visitors、please visit below site.

Shortcut for learning Japanese https://nihongokaiwachikamichi.jimdo.com/

Site Map https://nihongokaiwachikamichi.jimdo.com/site-map/

****************************************************

発音の習得法

 以前、「VoiceTra」で、発音のトレーニングをしようと、トライアルをしましたが、見事失敗いたしました。

 ミャンマー文字からキチッと発音を読み取ることが、(当時も今も、)出来ませんので、カタカナミャンマー語で間に合わせようとした訳でしたが、やはり、カタカナでは、音節の声調、長短が上手く表現しきれませんので、もっぱらあてずっぽうで、甘過ぎる考えでした。「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるかな」との考えで行いましたが、全く当たりません。余りにも見当はずれの訳文ばかりでしたので、断念しました。

 ネット上に、音声付きの会話文が有りますが、参考の文章が私には長すぎて、役に立ちません。ところが、つい最近、「Google翻訳」に、ミャンマー語も音声出力できることに気が付きました。もし、その音声が正しいとしますと、自分に必要な短文を準備して、「Google翻訳」に、読み上げさせれば、利用できるのではないかと言うことに思いつきました。

 テキストデータとして、取り出すには、非常に、手間と時間が掛かりますが、私の手元には、「SS式すぐに話せるミャンマー語」の短文ばかりのテキストが有りますので、その気になって、PCに取り出しますと、すぐにでも、トレーニングできる環境が出来上がります。「Quizlet」のように、いつでもどこででも、とは参りませんが、或る期間に限ってでも、PCを使ってトレーニングしますと、効果は出るでしょう。と言うことで、入門段階のより強力なミャンマー語習得のツールを見つけたことになります。一度、ミャンマーの方に、本当に使えるかどうか聞いてみます。(追記)大丈夫、使えるとの話でした。

 後学の為に「Google翻訳」の仕様を調べてみましたが、意味が良く分かりません。ミャンマー語は、音声出力は出来ないことになっています。必要な方はどうぞ、トライアルしてください。

 







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« その32 単語帳 | トップ | 音声合成出力 »