方丈の里2

日々 徒然に里に親しみ 世の様々に喝!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アホ共が性懲りもなく・・立憲民主・モリカケ追及チーム;バカ集結。他にやることないのかと批判殺到。

2017年11月07日 | 政治
【悲報】民進・立憲民主・希望合同モリカケ追及チーム爆誕へ、バカ集結。他にやることないのかと批判殺到。


毎日新聞
 立憲民主党は6日、学校法人「森友学園」(大阪市)や「加計学園」(岡山市)問題を巡るプロジェクトチーム(PT)の準備会合を国会内で開いた。分裂前の民進党が疑惑調査チームなどを設置して国会で追及してきた経緯があり、立憲もこれを引き継ぐ形で安倍政権への対決姿勢を鮮明にする。
 PTは10日にも正式発足する予定で、座長に就任する逢坂誠二衆院議員は「森友・加計問題は単なるスキャンダルではない。民主主義の根幹を揺るがす大変大きな問題だ」と述べ、真相究明に取り組む考えを示した。

何がどうして問題なのか、原因となる肝心部分の指摘もなく、単なる難癖付け出の税金の無駄遣い。
「民主主義の根幹を揺るがす大変大きな問題」
民主義の根幹を揺るがしているのは 己ら自身だろうに・・
まさしく バカが見る豚のケツ・・状態!
情弱愚弄民を誑かすだけの パフォーマンス・・
国民の関心が薄れてしまっていることに、気づかないやつらのお寒い思考回路・・
ミンス時代から 次から次へと なんとかチームを立ち上げて 一つでも成果を上げたチームがあるのか?
鶏頭がいくら集まろうと 鶏頭に変わりはないということを、自ら立証するお粗末集団。
作家・ジャーナリスト・門田隆将氏が カスゴミや野党のレベルん低さを、懇切に指摘しているから、暇ならば目を通してみれば・・己らの バカさ加減がよくわかる!!
能無し暇人集結。他にやることないのかと批判殺到。


野党議員のレベルの低さ それを後押しする新聞の罪 作家・ジャーナリスト・門田隆将


野党またバカ騒ぎ、「加計」認可見通しも続く追及 文芸評論家・小川氏「情報謀略という犯罪」




政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村




『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
«  散文詩;薔薇のいのちに・・ | トップ | 山尾パコリーヌが性策顧問に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事