方丈の里2

日々 徒然に里に親しみ 世の様々に喝!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最初から理解する気のない 野党を相手にする愚!稲田氏への報告「意見が分かれ…二転三転し…あいまい」

2017年08月10日 | 政治

朝日新聞
スーダン国連平和維持活動(PKO)日報問題で、10日午前に開かれた衆院の閉会中審査は、「主役」の稲田朋美元防衛相が不在の中で進んだ。防衛省側は特別防衛監察の結果に沿って繰り返し答弁。押し問答が続き、事実関係の解明は進まなかった。
 新たに防衛相に就いた小野寺五典氏は、現状の認識をこう語った。「国民の皆さんに申し訳ない。現場の自衛隊員に齟齬(そご)を来さないようにしたい」と再発防止を強調した。一方で、日報の電子データを防衛省が非公表にした経緯に稲田氏が関与したかどうかは、踏み込んだ説明を避けた。
 7月末に発表された特別防衛監察の結果では、2月13日と15日の稲田氏が出席した幹部会議で、「データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できない」とした。しかし、「日報データの存在を示す書面を用いた報告がなされた事実や、非公表の了承を求める報告がなされた事実はなかった」と結論づけた。


北の脅威が MAXを迎えようというときに、日報問題に粘着して、難癖付けに終始する 民珍相手に 閉会中審査をする必要性は 無用だということは、良識ある国民は先刻承知。
こんなバカチンに 理解させようということ自体が無理。
猿に 読み書きを教えようと・・いう、無謀な試みと同等。
そもそも 考えてみろや・・
防衛省の日報といえば 当然のこと乍ら、防衛上の国家機密も含まれる。
その 内容が 敵国とみなされる 外部の手に渡れば、いかなる事態になるか・・?
民珍のアホ共は それをわかってて、政府を追及するというのであらば、明らかな 国家反逆行為そのもの!
たかが 日報問題ごときが 如何ほどの重要性があるのか・・
防衛省の 秘匿事項が含まれる文書を反日分子に知らしめることが 国益をどれほど損なうことになるか?!
考えるまでもないこと!
民珍・・イランやろ・・こんなボンクラ政党!




政治 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北の脅威を考えれば当然の判... | トップ | 8月10日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
国益に添って (希望)
2017-08-10 18:51:21
北朝鮮がグアムへICBMを打つというこの事態に至っても自衛隊日報問題に拘るなら、それは売国行為。

自民党も真面目に対応せず毅然とするべき、自衛隊を丸裸にすればどうなるか民進はそれを狙っている。

ここらで見切りをつけて反転攻勢に出るべし、国益ファ-ストで行けば良い、政府よしっかりせよ。

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事