一法学生の記録

2014年4月に慶應大学通信部に進んだ法学生の記録である
(更新)2017年4月に神戸大学法科大学院へ進学しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

普選法の成立と社会主義政党の出現

2015-07-01 20:54:07 | 日本政治史
普選法の成立と社会主義政党の出現

○1892年、大井憲太郎の東洋自由党結成のさいの、普選期成同盟が運動の起源とされている。
○1901年、社会民主党ができると、結成と同時に結社禁止になるが、その綱領には普選実施を掲げた。
○1906年、日本社会党は幸徳秋水を代表とする直接行動主義と、田添鉄二を代表とする議会主義とが対立する。
○1917年、ロシア革命が起こり、俄に盛り上がったボルシェビズムとサンディカリズムは、議会主義軽視の傾向を産んだ。
○1920年、尾崎行雄、犬養毅、島田三郎、植原悦二郎などによる普選法案が提出されたが、政友党の原敬は反対し、否決される。
○1924年、安倍磯雄を中心とする穏健派が集まり、政治研究会を開始する。
○1925年、護憲三派の加藤内閣で、普選法が成立する。

以上
コメント   この記事についてブログを書く
« 条約改正について | トップ | 今度の収穫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本政治史」カテゴリの最新記事