一法学生の記録

2014年4月に慶應大学通信部に進んだ法学生の記録である
(更新)2017年4月に神戸大学法科大学院へ進学しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

警察通訳人

2017-03-24 21:13:51 | 司法通訳
警察通訳人

 警察での通訳人になるためには、各都道府県の警察本部に問合せをする必要がある。地域の警察署では、通常、通訳人の採用を行っておらず、警察本部の外国人犯罪の担当課が登録に関して管理をしているのことが多いようである。また、大都市の府県では、通訳人を特別に管理する通訳センター等の部門を有して、検察の通訳人も、該部門にて一括して登録、管理しているところもあるようである。警察通訳人の登録は、法廷通訳人とは異なり、各都道府県が独自に作成する名簿に登録される効力は、全国共通ではなく、基本的には、その都道府県の行う業務についてのみ、通訳を行うことが可能となる。したがって、警察通訳人になろうとする者は、自分の住所地の警察のみならず、他府県の警察においても個別に登録をする必要があり、この点、検察も同じである。警察通訳人の登録は、基本的には面接によることになる。面接の中身については、基本的には、通訳対象言語についてのテストが行われるが、筆記試験が行われる場合、筆記試験に加えて口頭試験が行われる場合など、各都道府県によって異なる。

 以上
コメント   この記事についてブログを書く
« 法廷通訳人 | トップ | 『十二人の怒れる男』シドニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

司法通訳」カテゴリの最新記事