羽鳥湖高原徒然記

福島県羽鳥湖高原 ルークのお父さんのなんでも雑記帖

インド映画いいですね

2020年03月20日 | 映画
インド映画2作品を続けて鑑賞

最初は「KESARI ケサリ」

イギリス領のインド北部には、英国軍とシク教徒が警備がしていた砦がいくつかありサラガリ砦に、下士官イシャル・シンが派遣される
イシャルは英国人上司将校の命令を無視してある部族の女性を救ったため、僻地であるサラガリ砦に左遷される
そこはインドシク教徒20人のみの小さな砦

近くではパシュトゥーン人の各種部族が互いに抗争を繰り広げていた部族が協力、一丸となって攻撃を仕掛けてくるようになりサラガリ砦はその標的となる

1万人以上のパシュトゥーン人がサラガリ砦を急襲
21名のシク教徒兵士たちは死力をつくして戦うがあまりにも多勢だったが夕方までよく持ちこたる
舞台が全滅するまでに少なくとも160名以上のパシュトゥーン人を返り討ちにしたがサラガリ砦はパシュトゥーン人の手に落ちるが、ここで1日足止めされたことで戦局が不利となり、その2日後には英国が奪還

21名で1万人に立ち向かったサラガリの戦いは、世界の戦史上でも武勇伝として名高くインド軍は9月12日を「サラガリの日」として祝っている

実際にあった歴史上の戦闘が描かれています

映画ですので誇張されているとは思いますが、凄い迫力の映画、楽しめました

続いて鑑賞したのが「ホテル ムンバイ」

2008年11月26日夜から11月29日朝にかけて、インドのムンバイで外国人向けのホテルや鉄道駅など複数の場所が、イスラム原理主義者と見られる勢力に銃撃、爆破され多数の人質がとられまた殺害されたムンバイ同時多発テロ事件

172人ないし174人[(うち34人は外国人、日本人も1名含まれています)が死亡、負傷者は239人と大きな被害を与えました

その事件を題材にしたこの映画は史実に忠実によくできています

ダイハードのようなスーパーヒーローはでてきません

一般市民がまだ少年のようなテロリストたちに意味もなく殺害されていく様は怖い

ハラハラドキドキが続く映画、実話だけにリアリティがすごい

どうやってテロリストだらけのなかで生き残るのか

多くのホテル宿泊客を守り抜いた誇りあるホテルマンたちには感動します

素晴らしい映画でした

インド映画もいいですね









コメント   この記事についてブログを書く
« ビールは好きですがバカヤロー | トップ | タイヤ交換 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事