羽鳥湖高原徒然記

福島県羽鳥湖高原 ルークのお父さんのなんでも雑記帖

また始めたくなりました

2019年07月04日 | 独り言
ウィンブルドン選手権

残念ながら大阪選手は1回戦で敗れてしまいましたが

錦織選手の第2戦は地元のノリー選手とセンターコートの試合

NHK中継に見入ってしまいました

6-4 6-4 6-0と危なげなくストレートで突破

ロンドンとは時差が8時間、夜のちょうどいい時間の中継

寝不足にならず助かります

とは言っても連日就寝時間が午前2~3時の私

あまり意味がないですね

埼玉時代はに熱中していた私

むさしの村ローンテニスクラブに入会

初級クラスのレッスンを受けたのが始まり

そのときのレッスンコーチ

なんとインカレ単複優勝、全日本室内選手権単優勝、全仏、ウィンブルドン出場の輝かしい実績の武正八重子コーチ

ダニエル太郎選手もこのクラブ出身、今考えるとそんなテニスクラブによく入会したもんですね

当時は木製ラケットから金属ラケットに変わりつつあった時代

国産ではメーカーがフタバヤ、カワサキ、ヤマハ、ヨネックなどありましたがビョルン・ボルグにあこがれていた私

生意気にもドネーの黒いラケット使用に始まり、ウィルソン、フィッシャー、ヨネックス、プリンス、ダンロップ

福島に来るまではマイケルチャン・グラファイト オーバーサイズを使っていました
(現在も持っています)

道具だけはいいんですが腕前は草テニス大会ダブルス1~3回戦レベル

福島に移住してからもプレイはしていましたが十数年前にテニスエルボーで中断

そろそろ復帰したいですね







コメント   この記事についてブログを書く
« セブンイレブンまで | トップ | 緑のシミが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

独り言」カテゴリの最新記事