茅野輝繁/公開自主トレ!

プロフィールは ″茅野輝繁″で検索! 独学! A・SAX吹きの孤独な公開自主トレ日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017-1764-90☆88回目☆☆☆sweet potato

2017-12-31 20:59:36 | 音楽
とうとう

2017年 12月31日

大晦日だけれども

昔のような 大げさな 年末行事もなく



懲りもせず

消雪作業に集中


効果を確信する一方

課題もまた 大きい

自動首振りにしなければ

効果は 十分ではない


昨年の 阿鼻叫喚の地獄を思えば

プチ天国だ


マネージャーと試行錯誤の連続

道行く人たちの 冷ややかな視線を

感じながら 実験を繰り返した



結果


山のような 雪は

ほぼ 三分の一まで減少


しかし


すべてを 消し去ることはできなかった


そもそも

すべてを 消し去る必要もなく

建物が 壊れない程度に

消雪することはできた


大いなる 成果だ

自分たちにとっては、、、、




昼食は


湯沢市の 「ラーメン 直太郎」へ GO!


帰省中の家族に

驚きの チャーシュー10枚乗せを体感してもらうべく

直行


開店10分前に到着し、さっそく行列

幸い 一番のり


おかみさんの「お待たせ~」の一声で

店内に、、、


テーブル席に 着座し


最初から決めていた


「チャーシュー どっさり」という

メニューをオーダー

家族は


半信半疑で その ラーメンを待つこと

12分


出てきたラーメンは

てんこ盛りの チャーシューで

麺が見えない



帰省中の家族


無言で 


どんぶりに 食らいつく





三人で ひたすら食いつく



その間 わずかに 十数分


帰省中の家族


納得の笑顔



わざわざ 行く価値あり と

確信したか、、、、



帰宅後

またしても

消雪作業


雪の塊が こともなげに

水に同化していくさまが

心地よかった



水中ポンプを回しながら


旧店舗で

2017年最後の自主トレ



店内を自在に動き回り

ライブステージの感触を探る

立ち位置を変えるたびに  サックスの 響きが変わっていくのが

分かる


歩き回りながら 演奏する


それが 自分のスタイル



午後四時ころまで 2時間余りの 実験



できない曲は できない

できる曲は できる

すみわけは できてきた



午後五時過ぎ


義母と大晦日の晩餐



この日のために


マネージャーが 仕入れた

ありたけのごちそうを皆で食す


ほとんど ネット購入

遠くに行かなければ

手に入らない 品々ばかりゆえ

いたしかたない


そのどれもが


期待をうらぎらない 食味


場は 盛り上がり

たった 4人の宴会は

3時間にも及んだ


笑い泣きの連続


昨年亡くなった 義父の話題もたくさん出て

いろんな意味で懐かしいだけ、、、、


存命中の それぞれの葛藤も

今となれば 笑い話にすぎず


数々の 話題も 雲の上に あるのみ


宗教心のない自分でも

たまに 家族が 集まることの

意味を 少しは感じた

大晦日でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-1763-89☆87回目☆☆☆sweet potato

2017-12-30 19:23:53 | 音楽
12月30日

まだ 2017年は暮れていない

にもかかわらず

記憶にもない ドカ雪


本日も 早朝から

除雪作業に追われる


マネージャーの本宅に

旧店舗に

農作業小屋に


自宅

計 4か所



時間的には

午前5時から9時まで


時間的には

4時間だけど


体力的には かなりしんどい


除雪機の操作に 

スコップ操作に

流雪溝の操作に


高所作業


あと二日で 数えで

60の身には

結構 コタエル



それでも

マネージャーと冗談を交えながら

作業をこなし

笑いながら 

励ましあいながら


午前の 作業を 終了


今日は 済んだが

明日また 早朝から

奮闘しなければならないのは

明白



白い 悪魔は

止む気配もなく

静かに

静かに


里を

襲う



これが


鳥海の

鳥海たる

所以だ



観光に来るなら


この季節を選んでほしいと

切に思う



本当の観光は


これなのだ



昼食に

レトルトとは思えぬ

超高級なカレーを

いただく


カレーに至っては


わざわざ

奥様が


材料の仕込みから

やる必要を感じないほどの

極上品に仕上がっている



レトルトの域を

とうに超えている

と感じる


そもそも

単価が安すぎる


材料を一からそろえて

手間暇かけても

これほどの味を

安定的に 作れるだろうか?


恐れ入りました、、、



午後


消雪システムの改善のため

またもや


HSに走る


お目当ての

塩ビパイプを手に入れ


またもや

実験



様々なパーツを手作りしては

試し

結局

水槽のど真ん中を狙うパターンが

最適との判断になる



今冬を乗り切るめどがたち

精神的にも

かなり ストレス軽減




午後三時過ぎ


消雪作業を継続しつつ

自主トレ開始


場所は

旧店舗

かつて

大勢の お客様で

にぎわった

店内で


一人

自主トレ


場所が変われば


緊張感も違う


オーディエンスが

いるかのような

シチュエーションの中で


集中して トレーニングができた





マネージャーも

時々

オーディエンスになってくれた




オーディエンスを意識した

パフォーマンスも

検証



やはり

誰かに

聴いてもらいたい

自分を

自覚する、、、




哀しい性、、、、



気づいた


一瞬でもありました。。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-1762-88☆86回目☆☆☆sweet potato

2017-12-29 19:29:29 | 音楽
仕事納め翌日

早朝より 大雪の除雪に奔走


終了後


先週実験済みの「消雪装置」の本番運用開始

笑える 感じの ロボットの動きに

想定以上の成果を得ることができた

2時間おきに 作動状況を確認し

やり場のない 雪の処理を加速させた

周辺の住民の方々も 興味深げに

自分たちの 作業の様子を遠巻きに見ている

2軒分の屋根の雪をまとめて消すには

どうするのか?

改良は まだ 道半ば


昼食後


作業の合間に

自主トレ


不得手な 曲の

運指を 頭に 叩き込む

特に半音階が連続する曲が

難敵


それでも

楽器を 歌わせながら

少しずつ 前進

2018年が自主トレ最終年

2019年元日には

よいよ

公開自主トレを敢行したい

それまでは

孤独な 自主トレを続行



2時間ほどして

今度は


帰省する家族を迎えに

最寄りの駅へ


吹雪の中

数家族が


無人駅の前で

待機していた


ピークとなった今日は

新幹線も かなり混んでいたようだ

乗降の際に手間取り

10分以上遅れたと

車内アナウンスがあったようだ


それでも

外国の 運行からみれば 誤差の範囲内


日本人は

とにかく謝るのが好きだ


謝らなくてもいいのでは?


などという時も


とにかく 謝る

相手も 謝らせる


それが 社会的潤滑油で

営々と 日本は 動いてきたのだろうか?




夜は 帰省した家族と


この一年の 出来事を

振り返り 楽しく 談笑した


たくましくなった 家族を 見て


心強い感じさえ 覚えた


自分は 家族に 少々厳しすぎたかもしれないと

最近思う


子どもたちが きちんと成長する姿を

この目で しっかりと 確かめたい



それも


結局は


親の 見栄に


過ぎない


自由に生きるという事は

それ以上の

自己責任を 負うという事


普通に人生を全うすることの難しさ


私の職場を訪れ 相談を繰り返す人々を

見ていると

つくづく 

そう

思う、、、、







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-1761-87☆85回目☆☆☆sweet potato

2017-12-24 19:08:57 | 音楽
世間は クリスマスイブ

穏やかな土日 

しかし 消雪システムの構築を急がねば



その前に


午前7時 業務2件を終わらせるべく

車を走らせる

予てからの計画通り

月曜日の 段取り終了


時間と経費の節約は

一瞬たりともおろそかにできない


ひと段落終了後

改めて 出動


マネージャー宅の

消雪システム完成を夢見て

作業開始

水中ポンプにあれこれ細工し

試運転

試行錯誤の果て

ようやく動作が安定


動画をユーチューブにアップすれば

結構ウケるかも、、、

なんて 勝手に悦に入る


続いて もう一か所の設置作業


ここで 

大問題勃発


予定していた

材料が ミスマッチ

水中ポンプ2台の規格が まさかの

別物


作業を断念し

またもや ホムセンたーに走る


店内を右往左往しながら

完成状態をイメージしながら

マネージャーと 店内を徘徊


店員に怪しまれたかも、、、


イチカバチカのひらめきで

部品を決定し

急ぎお屋敷に戻る


そのお宅には

大御所の女将様が控えているゆえ

なんとしても 雪の被害だけは

避けなければならない


何よりも 自分たちが

楽をしなければならないからの

設備投資だ



再び細工と試運転を繰り返し

ようやく 動作が安定



次回の 大雪は火曜日か?



とりあえず 備えは 決着した


漫画のような 水中ポンプの

動画は 絶対に誰にも見せない

見たかったら ぜひおいでくださいなんて

ふざけたことも言えない



疲労困憊


休日のほうが何倍も疲れる


本日の昼食は 280円のスーパー弁当

スーパーなので 超すごい弁当なのだ

お値段もスーパーなら

中身も スーパー

野菜の千切りに エビフライ2本、炊き立てのあきたこまちに

ひじきに 薄味の大根漬け

これで 280円


これがスーパーのスーパーなところだ


マネージャーに これだけの材料代はいくら?

と聞いたら

ふざけた質問だと 一蹴された

そうだよな

大量生産のなせる業


企業は 日々血のにじむような努力をしているという

何よりの証拠だ


こんな 安い弁当を手に入れて

文句を言うなよ くらいの 衝撃だ!



お腹が 膨れたところで

チャンネルを 「にほん ほうそうきょうかい」に合わせて


高校駅伝の鑑賞


成績には あまり関心がない


各選手が どれだけ 真面目に走っているかに注目


京都は 地元なのに  選手の体調不良で 最下位になってしまった

けれども 襷はつながった

ただ

そんなことに

涙する

それが

大事なことだ

体調不良の選手は この先

ぐれるか

立派な社会人になるか

永久に注目されると思う


これは

ある意味 ラッキーなことだと思う

世間に 見られていると思えばこそ

頑張れる


画面を見ていて 心の中で エールを送った



午後3時前

テレビ観戦を終え

自主トレ突入


昨日よりは

集中力あり


侘び寂の 表現に移行したため

やはり プチミスの連続


やる気でやっているので


納得済み



約2時間のイライラトレーニング

途中で マネージャーが 試聴してくれたのが

少し うれしかった


たった一人の 応援団が 頼もしい


いつも 彼女のために トレーニングしている

自分がいる


結局


支えられているの

実は

自分なのだと

思い知らされる、、、


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-1760-86☆84回目☆☆☆sweet potato

2017-12-23 19:40:37 | 音楽
雨の土曜日

早朝除雪に起きなくていいので ストレス解消

8時過ぎに マネージャーの実家の消雪装置の下準備にGO!

現場を詳細に調査し 必要なもののリストを作成

水中ポンプにて 消雪槽の水を巡回させるイメージを作る

午前9時30分


パーツを購入のため ホームセンターを目指してGO!


昼食と ドライブと デートを兼ねて

マネージャーに 特別サービス


大曲に向かい 高速を50分弱走る


適当に 選んだ 焼き肉レストランにて

昼食と目論んだが、、、

それが

それが

なんと

11時前に 行列ができているではないか

よほどの人気店なのだと悟る、、、


これは

これは


期待できる などと


甘い

甘い

考えが頭をよぎる



待つこと20分弱

ようやく店内に、、、、


全国チェーン店らしい

マニュアルどおりの

うけこたえに

少々 げんなり、、、、


「注文が決まりましたら、ベルでお知らせください」

店員は そそくさと 退場


一人 千円程度の ランチを選んで

ベルを押す


店員マイケルジャクソンのごとき 

ムーンウオーク調で登場

決めた メニューを告げると

いきなり

「教育的指導」が入る


「お客様、それは損です。」

「一番安いメニューを注文して、お肉だけ別途注文してください」


ファミレスにきて、店員に叱られることもめったにないが、

安くていっぱい食べられるのであれば、それにこしたこともないかと即決

店員の「教育的指導」を真に受けて 素直に承諾


待つこと 10分


店員の進めるお得セット到着


これが 590円のセットか、、、


以外にも

ボリュームが あるではないか

しかも カルビがめちゃくちゃうまい


気が付けば ほかの客も同じものを食している


安すぎる


ウーロン茶、盛りのいいご飯、味噌汁、たっぷりの大根おろし、野菜サラダ、、、

これにカルビ一皿


これで 590円


しかも うまい!


長い行列ができていた理由がやっとわかった


安くて うまい


彼らは これを目指して この店に並んでいたのだ


店員の教育的指導は

今となっては 義憤にもならない

ありがたく 悟りを開かせてくれたひと時でもあった。



食事後は 消雪グッズを購入すべく

ホームセンターへGO!

あふれんばかりの品々の中から

お目当てのパーツを探し歩き回ること

20分

これも 安い

塩ビパイプ4本と ジョイント2個 固定バンド3個で2000円弱

予算を大きく下回る 決算にニンマリ



お次は 隣のショッピングセンターで徘徊することに


横長の 店内を往復して帰るつもりが

途中で ゴスペルチームのライブに遭遇


これを 鑑賞しない手はないと

早速 着席

40分間にわたり ライブを堪能


メジャーな曲は1曲しかなかったが

そのほかの曲も 十分楽しめた



メンバーはアマチュアらしい


2週間に一度 大曲で練習しているだけだとのこと


それにしては 完成度が高い



メンバーそれぞれのポテンシャルが高いから

合同練習に それほどの時間は必要ないということか

秋田県以外からのメンバーもいるとのこと


限りなく プロに近い アマか、、、、


しかも


サービス精神旺盛


仏頂面して 身じろぎもせず 演奏している自分たちとは 

エライ違い


何とかして お客様に喜んでもらいたいという想いが


ビシビシ 伝わってきて 心地よかった


まるで 森林浴でもしたかのような

心地よさ


帰りの車は

マネージャーと

音楽談義で 退屈することなく

自宅に 帰還


帰宅後は 休む間もなく

自主トレ

時は 午後4時前

もくもくと 一人でおさらい

長距離ドライブの影響でもないが

やはり 集中力を欠く

不満の残る中

6時前にトレーニング終了

マウスピースの鳴りの良さだけが

唯一の救い


少しだけ

少しだけ

ハッピーな ホリデーとあいなりました。。。。。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-1759-85☆83回目☆☆☆sweet potato

2017-12-17 17:50:41 | 音楽
例により 早朝降雪

申し訳程度に降る雪も

回を重ねれば それなりの量になろうというもの



マネージャー宅を念のため除雪


休日ゆえ 丁寧に作業をしたのがいけなかった



地下水をくみ上げるための塩ビパイプをロータリー除雪機で踏みつけてしまった


消雪パイプの圧力は急激に低下


本格的な 大雪は これからなのに


どうする、、、、


地獄を見たきがしたが


とりあえず

水中ポンプを 貯水槽にセットし


巡回モードで消雪を試みる


2時間ほどして確認してみるとそれなりの効果あり


使えるかな? なんて感触を得る



次回の週末までに 段取りを整えて

更に しっかりした 対策をとりたい


頭にイメージしたものを


しっかり 形にしたい



緊急対策後は  民俗芸能伝承館「まいーれ」へGO!


本日は 高名な大学の先生の講義もある故

絶対に はずせない プログラムだ




力説する話の割には

説得力を 感じることはできなかった


絶やしてはいけないことは 何度も聞いたが


何故?

不明のまま


昔のことはたいていが絶えている


これだけは 絶やしていけないと言う


何故?


それは

最後まで 説明がなかった


自分たちが

この建物を 維持していくためには


それが

厳しく問われるものと思う



その答えを

きちんと

用意しなくては

由利本荘全市民の理解を得ることは 難しいと感じた


地域が疲弊している中で

ムードだけで 維持していけるのか

ほかの事案同様 不安は尽きない



源流の地の 伝統芸能は

水が 下流に流れゆく事象のように

一次伝播 二次伝播 三次伝播を繰り返し

様々な形態に変化したというのが

事実なのではないかと感じた



もともと 一つしかないものが

約十代にわたり伝播していくうちに

題目が変わり

歌詞が変わり

メロディーが変わり

伴奏が変わり

あるものは

より 優美になり

あるものは

より

アクロバテッィクになり

変遷してきたものと思われる


各講中の演目は それぞれ違うようで

根っこのところは 統一性がみられるのが

何よりの証拠だ



自分が 子供のころは

長男以外には 芸を教えないと言われた



演目が ほかの集落に漏れるのを防ぐために

次男 三男には教えないのだと

まして 他家に嫁ぐであろう女子に

教えるはずもなく

脈々と 一子相伝は 守られるはずだった、、、



しかし

哀しいかな


次男 三男 果ては 女子まで

他集落で婚姻し

一子相伝の 舞を 秋田県のみならず

見よう見真似で 他地域 他県に広めてくれたのだ


これが 功なのか 罪なのか 自分は知らない



子供のころに 舞を 数種類指導された自分は


どの講中の伴奏や舞も 少なからず似通っているという事実を

否定できない


やるせない


無形民俗文化財



テレビや スマホや パチンコなどがない時代に


本海坊が伝えたという 本海番樂は


本来

娯楽に飢えた 庶民のために

創作された 民俗芸能の一つと考えるのが

妥当ではないのかと思う



絶やさなくて済むのであれば

それに越したことはない


そのために できることは何か


限りなく 伝承者だけに犠牲が及ぶことだけは

避けなければならないと しみじみと

感じた

会場には 「神々の子どもたち」という

曲が ひっそりと流れていた

自分が 産み落とした 曲である「子どもたち」が

いつまで 生きながらえるのか、、、

様々なことを 想いながら

会場をあとにした、、、、






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-1758-84☆82回目☆☆☆sweet potato

2017-12-16 18:23:39 | 音楽
朝から雨 

最近は 土日の雨が多い


除雪に行かなくていいから 助かる


世の中は 人口減少社会

田舎に行くほど 行くほど

超過疎村ばかり


とある町では


除雪費用や 緊急時の対応が難しいとして

住民に 平野部に移住するよう

お願いしているそうだ


自分たちの 集落は

超超過疎になっていないか?



立派な首長や

立派な政治家の皆さんをもってしても

クリアできなかった問題が

よいよ現実として 山里を

襲っている


廃村?

それよりも


地球そのものが


そろそろ


危うい


死体を乗せた船が

海岸に 押し寄せ

その対応に追われる

自治体


地獄を リアルタイムで

感じざるを得ない



午前中は かかりつけ医へ


午後二時過ぎ

自主トレ開始


ジャージーな音色を追求して

メタルマウスピースを使ったのはいいが


超低温の限界集落では 用をなさないことが判明

ラーバー素材の マウスピースを

試してみると

メタルよりは

温度変化に強いことが判明


新規にマウスピースを購入すると

4万円近くの新規出費になる

年明けには

調達してみたい



今は、古いラバーマウスピースで

しのごうと思う



メイヤーというメーカーがいいらしい


外は雨


自分のわがままで

今日は

マネージャーとの

ドライブはなし


自主トレで


夕暮れとなりました、、、


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-1757-83☆81回目☆☆☆sweet potato

2017-12-10 18:53:51 | 音楽
本日も 雪は ほぼ降らず

前夜の 積雪をもうしわけ程度に 除雪

除雪のタイミング プログラミングも

分かってきた

タイマーは 大事だ


闇雲に その時を待っているのは 時間の浪費

待っている間に 様々なことができるではないか、、、




マネージャーに何か 報いたいと ドライブに誘ってみた


大曲?

横手?


私の問いかけに


遠慮がちに

「横手でいいよ」


本当は 「大曲」と言いたかったのかもしれない



ロスで暮らしている

孫の成長が「何よりの楽しみ」

スカイプやメールを駆使しても

身体の温もりまでは感じえない


抱っこしたい孫は 地球の裏側、、、、



気分を入れ替え イオンへ



ニトリが建物の一角を占めていた



マネージャーは それなりに感動していたが


私は そうでもなく



店内を ひととおり眺めたあと


あまり期待のできない

店内食堂へ



この手の食堂にはことごとく裏切られているゆえ


全く期待していなかったのだが、、、



初老の 女性店員との何気ない会話に 癒される


彼女の表情 受け答えに 嫌味を感じることがなかった、、、


素朴な 対応に 目頭が 熱くなる感覚さえ覚えた





大谷翔平?の移籍の件もあった


ガンバレ!


努力している人間には 限りなくエールを送りたい





「いつも坂を昇っていたい」


そんな人が 目の前に現れ

一緒に 活動してくれることを

常に

思っている

自分が

いる

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-1756-82☆80回目☆☆☆sweet potato

2017-12-09 20:44:17 | 音楽
ウェザーニュースは 大雪の予想

覚悟して 床に就くも

早朝4時の積雪ゼロ

6時過ぎにようやく降り出したが

大規模な除雪は不要と判断

二度寝に入る


これが いけなかった


悪夢にうなされる

7時に 我に返り

あぶら汗を 拭う




マネージャーが 8時から 不在となるため


午前中から

直根中学校校歌のデータづくりを改めて実行


QY300に譜面を入力

30分後 

FDにコピーを試みるも

ドライブが 破損していること判明


なんだかんだ 20年近く前の

シーケンサーだから文句も言えない


せっかく作ったデータを

PCに取り込む術がついえたかに見えたが


目の前に QY700の雄姿が、、、、

MIDIケーブルを探し出し連結


様々に セッティングを試したのち


全トラック同時転送モードを発見し

実行


なんと


リアルタイム転送ながら 

完璧にデータの受け渡し終了


QY300 → QY700 → FD → PC


20年前からの完璧なデータ受け渡し


一流メーカーの信頼性に改めて感服


これで 粗彫りの 彫刻を 美しい芸術作品に磨き上げるための準備は整った


至福の時


MIDIに関する知識があればこその 結果





昼食後


マネージャーの買いものに同行


午後3時半

自主トレ開始



先週から

サックスを「歌わせる」ことに専念


途中から


マネージャーがトレーニングルームに同席


サックスの ジャージーな音色にお墨付き


「歌うサックス」についても


及第点



よいよ 


闘いの火ぶたはきって落とされるのか、、、、


サックスで 誰かを泣かせてみたい


心底 


そう


思う


150分でした
、、、、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-1355-81☆79回目☆☆☆sweet potato

2017-12-03 19:22:31 | 音楽
寒波は 小休止

ぬるい雨が しとしと 雪を濡らしていく


相撲レスラーの場外乱闘で

TVは視聴率争奪戦


うんざり



酒を飲んで 乱闘なんて

最低最悪

酒を飲んで 他人を指導?


ありえない


酒を飲まなきゃ言えないことなど


なんの価値もない

小心者の仕業


自分の回りにも

酒を飲むと急に元気になるお方が

五万といる



たいそうな 演説はするのだが


結果が伴わないから

誰も 相手にしない


ガキのけんかに 首を突っ込んでいる暇はない



しがらみの中で勘違いしたお方が

偉そうに 演説をご披露


相手を 呼び捨て

相手を けなし放題



さて 

あなたは 私の 何なのでしょうか?


勘違いに気づかず


偉ぶる 人たち


相撲レスラーばかりじゃありません

憐れな人間の修羅場は どこにでもあるのですから、、、、



さて 日曜の自主トレ

飽きもせず2時間超

本日も 「サックス」を歌わせることに腐心


苦しいけど楽しい

「クルタノ」状態


来年は チラシを作り

公開自主トレにこぎつければと思う


還暦じいさんの自主トレに

興味がある人もいないと思うが


勝手に トライしてみたい


ノー天気な 年寄の つぶやきということで、、、、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-1354-80☆78回目☆☆☆sweet potato

2017-12-02 19:06:37 | 音楽
今季 二度目の大雪


昨日は 寸暇を利用し

直根中学校の校歌をデータ化

歌詞をよくよく見ると


当時の 直根の現状にはそぐわない ワードが

あり????????、、、


何も知らない 子供たち(自分も)は

指導されるままに 歌っていた気がする



歌詞にある 子吉川は 直根川であろうし


朝夕に鳥海山を仰ぎ見ていたのは 猿倉や北部に位置する一部の集落にすぎない


今となっては 笑い話だが  子供の頃の記憶は そう 簡単に消えるものではない


「幾百」の全校児童に至っては ほぼゼロになってしまった


伝統芸能に 脈々としがみついているうちに 若者は


ふるさとを 捨ててしまった



直根に本当に残さなければならなかったものは

何だったのか


今更

評論家をしてみても、、、



ただ いえることは


誰かが

ラストマンに

なるであろうということ、、、、


それだけが  気がかりなこと。。。。



本日も 2時間半 自主トレ

マネージャーに


人前で聞かせられるよ、、、




お褒めの言葉を

いただきました








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-1353-79☆77回目☆☆☆sweet potato

2017-12-01 19:54:08 | 音楽
今年の ジャパンの 流行語大賞が発表になった

詳細は スマホ等でご確認ください


というわけで 

我がバンドの 今年の流行語は、、、

なんといっても

「ハゲー!」と並ぶ

「テルシゲェー!」ということになるかと思います


一年中 メンバーから「テルシゲェ!」なんて

指示されながら

誰よりも早く トレーニング場を開け

誰よりも遅くまで トレーニング場を片付け


誰からも 褒められもせず


身銭をはたいて持ち込んだ機器を もてあそばれ


何も 楽しいことがないにも関わらず

仕事の 付き合いも 断り

駆け付けた トレーニング場に

響いた 流行語は

「テルシゲェ!」でした


なんとも

ありがたい 

1年 

もうすぐ

暮れようと

しています


ことし

一年

ご苦労さまでした、、、、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加