妻平 爽/公開自主トレ!

 独学! A・SAX吹きの孤独な公開自主トレ日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2015-832-95☆☆湯沢駅☆☆T-Kayano

2015年11月29日 05時28分08秒 | 音楽
秋田県 湯沢駅が リニューアルオープンした 昼食のために 市内に向かうと 駅のほうから 太鼓の音が聞こえる オープニングイベントだ 食事を終えて 音のするほうに 車を走らせると ありました 新しい 駅舎が 到着時には 太鼓ではなく ジャズの演奏が始まっていた どこの誰なのかは 分からないが かなりのハイレベルな 演奏 久々に 生の ジャズを 聞いた 時 . . . 本文を読む
コメント

2015-831-94☆☆背病み☆☆T-Kayano

2015年11月23日 04時59分00秒 | 音楽
どうしたら 簡単にトレーニングができるか いつも 考えている 特に 冬場は オーディオルームに行くのさえ 躊躇する 生楽器は 基本的に 大音量ゆえ 家族の前で 練習するのは  さすがに やばい ウインドシンセやキーボード系は 音量を コントロールできるので 少しは やりやすい 今は  WX5と 音源を キッチンの 隅に 押し込んで 一日のうちの 寸暇を 見つけ . . . 本文を読む
コメント

2015-830-93☆☆シッポ切り☆☆T-Kayano

2015年11月20日 06時38分18秒 | Weblog
「梨下に冠を正さず」 部下が勝手にやったことです 妻が勝手にやったことです 秘書が勝手にやったことです etc、、、 社会的地位を築いた方々が 昔 釈明に使った 「流行語」だ 梨下に冠を正さず トカゲのシッポ切り 仮にそれが 真実であっても 事実が判明した時点で 撤回させる「クウキを読む」素養を 持ち合わせていなければ リーダ . . . 本文を読む
コメント (1)

2015-829-92☆☆アナザースタンダード☆☆T-Kayano

2015年11月18日 06時08分15秒 | Weblog
村にあるアナザースタンダード 村以外では 通用しない アナザースタンダード ガラパゴス島生物の独自進化は そのように形作られた それは貴重であると同時に  他の世界では 通用しないと言うことでもある 残念ながら 自分の生活圏にも たくさんの アナザースタンダードが 脈々と生きつづけている 守り続ける ということの 本質を考えてみるのも一考か、、、、 鳥海ホットライ . . . 本文を読む
コメント

2015-828-91☆☆夜の過ごし方☆☆T-Kayano

2015年11月17日 05時30分40秒 | Weblog
芥川龍之介にハマッテいる 名前が賞になるような 人物だから 凄い人に違いない 自分を 読書好きだと思っていたが 最近の 小説はほとんど読んでいない 読もうと思っても 時間が許さない 欲求と 現実の狭間で ふと 思いついた タブレットがあるじゃないか ユーチューブがあるじゃないか まさかとは思ったが やはりあった 「朗読版の蜘蛛の糸」 布団に入り 再生しながら寝 . . . 本文を読む
コメント

2015-827-90☆☆MS60S・愛☆☆T-Kayano

2015年11月16日 05時41分32秒 | 音楽
ベースマンのMS60Sは、未だに復活できていない 蘇らせる術を 考えあぐねている けれども 捨て去るのもしのびがたく 折に触れ 記事にする 当ブログは ほとんど誰も見ていないものと 思っていたが MS60S・愛 は 存在していた ときおり コメントを入れてくださる方がいる 道具に対する 愛情を感じると共に 共通の話題を共有できる うれしさもある 復活策を もう . . . 本文を読む
コメント (1)

No.2015-826-89☆☆注文の多い、、、☆☆T-Kayano

2015年11月11日 06時22分26秒 | Weblog
「注文の多い料理店」 宮澤賢治の童話だ 森の中の 料理店に食事に行った 高慢ちき?な輩が 心を注文にとられてしまうという物語 世間を相手に  やりたい放題やってきた 輩 無意識のうちに 相手方に 注文を連発 成功者を 気取り 改善を要求 注文は果てなく続き やがて人間関係は 崩壊していく しかし その輩も 注文の多い料理店に迷い込み いつしか  心をとられ . . . 本文を読む
コメント

No.2015-825-88☆☆ソロライブ☆☆T-Kayano

2015年11月03日 05時24分48秒 | 音楽
本日は 「小沼芳之助」さんのワンマンライブ 当たり前のように ノーギャラ ソロライブだ 彼が何者なのか 説明を要する人は  このブログから 離れたがいい オーディエンスを魅了する技術は 半端じゃない たった一人で 1時間強 歌い続けて飽きさせない 一人ライブの お手本を 暗示してくれたような気がした 「君もやれよ」 そんなひとときでした。。。。 . . . 本文を読む
コメント