妻平 爽/公開自主トレ!

 独学! A・SAX吹きの孤独な公開自主トレ日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

No.506  「残照」のアレンジ修正3  T-Kayano

2013年02月28日 23時53分09秒 | Weblog
   休日を利用して、「残照」の修正データのまとめをした。 ① 修正データをエディロールの「R-09」でMP3に録音後フォルダに保存 ② 修正データをMIDIデータに変換してフォルダに保存 ③ 修正データを楽譜としてPDFファイル変換してフォルダに保存 ④ 諸注意等を記したメールに①②③を添付して送信 上記をそれぞれメロディ部分と後奏部分とで作業し、終了した。 ちなみに、MP3の . . . 本文を読む
コメント

No.505  未だに活躍のR-09  T-Kayano

2013年02月28日 04時46分02秒 | Weblog
「R-09」と聞いてピンとくる方はそんなにいないでしょう。 今でこそ、ICレコーダーなんて当たり前ですが、「R-09」を手に入れた頃は、それこそ創成期で、当時は結構先進的な機械だったと思います。 その機能は、CDクオリティの録音からMP3録音、ライブ録音、鳥のさえずりなどの望遠録音までこなすマルチレコーダーなのだ。 記録媒体は、ほぼ世界スタンダードとなったSDカード。 製造元 . . . 本文を読む
コメント

No.504  「残照」のアレンジ修正Ⅱ  T-Kayano 

2013年02月26日 04時57分15秒 | Weblog
先日お伝えした「残照」のアレンジ修正の第一段階がほぼ終了した。 ベースラインの修正が主目的だったので、曲調を壊さないでメロディアスなラインを組むことにした。 現時点での変更点は前半のアルトサックスのメロディ部分(インテンポ)と同じくアルトサックスとギターの後奏部分。 これで、ベース担当者は新しいフレーズを練習できるはずだ。 通常、平凡なベースラインは、音の上がり下がりがほとん . . . 本文を読む
コメント

No.503  五線紙の不思議  T-Kayano

2013年02月24日 05時05分13秒 | Weblog
最近ベースパートの話ばかりしている。 話しついでに今夜もベースの話を、、、、 ベースのパートは、ヘ音記号で表記される。 エビゾリのような弓のような記号に:(コロン)がくっついたようなマークだ。 これで、低音部担当であることを表現している。 ト音記号の表記ではドの音がラの位置にしるされる。 高校の時、吹奏楽部の楽譜を恥知らずに部活に持ち込んでいた。 たいがい顧問 . . . 本文を読む
コメント

No.502  未だに活躍のCTK-620L  T-Kayano

2013年02月22日 23時25分53秒 | Weblog
1998年頃の購入と思われる「光る鍵盤」がウリのカシオトーンだ。 子供のおもちゃと思うなかれ。ディスプレイには楽譜表示や今押さえている鍵盤まで表示される。 何ゆえ、このキーボードを手に入れたかというと、やはり楽曲を作るのに伴奏の入力が大事業になってしまうからだ。 すべての楽器を持っていて、すべての楽器を演奏できる方ならいざ知らず、ハナからそのような事は不可能なのだ。 も . . . 本文を読む
コメント

No.501  「残照」のアレンジ修正  T-Kayano 

2013年02月19日 04時38分15秒 | Weblog
かねてから、要望のあった「残照」のアレンジ修正に着手した。 特に、単調なベースラインについて担当者の願いが強く、主にそのあたりを中心に修正することになりそうだ。 この曲は、「基本のアレンジライン」、「キメ」の部分は固まっており、もともと歌版だったものを、当時のヴォーカルがドラムスへのパート変更を希望したのに伴い、イントロと後奏を付け加えサックスでメロディを演奏するバージョンに変更し全 . . . 本文を読む
コメント

No.500  JUNO-Gのお勉強  T-Kayano 

2013年02月18日 03時36分43秒 | Weblog
バンドなどの曲をつくるのはもっぱら、パソコンになってしまった。 昔はQYシリーズにかなり助けられたが、PCのディスプレイの大きさ・編集機能には、圧倒的にかなわない。 先日、QY700が現役だとお伝えしたが、PCで作曲するときには「音源モジュール」に変身する。 音は同時発音数64だが、PCのものより断然良い。 3年ほど前に、キーボード演奏用にJUNO-Gを購入したのだが、こちらは同時 . . . 本文を読む
コメント

No.499  未だに活躍のMX12/4  T-Kayano

2013年02月16日 09時40分30秒 | Weblog
2001年頃の導入と思われるが定かでない。それでも10年以上は働いている計算になる。 バンドにボーカルが加わり、音量バランス等、練習環境を整えるために後日お知らせする予定のスピーカーとともに自腹で購入したミキサーだ。 仕様は、名前のとおり12チャンネル4グループタイプ。 ムゲナ使い方をすれば更につなげることもできる。 四季折々、練習スタジオの中で酷暑や酷寒に絶えながら、 . . . 本文を読む
コメント

No.498  未だに活躍のKS35  T-Kayano

2013年02月09日 10時48分34秒 | Weblog
「未だにシリーズ」第2弾は、「KS35」 これは、YAMAHAのパワードモニターで、カタログ出力は、35W。 ところが、私の耳にはそんなレベルではない大音量が出ている気がする。 バンド結成後すぐに購入し、少なくとも30年前後は、使用している勘定になる。 当然のことながら、これほど長期間使用しているとトラブルもあるわけで、電源コードの断線が2回ほど、ボリュームスライダーのガリ発生が数 . . . 本文を読む
コメント

No.497 練習開始

2013年02月07日 22時27分13秒 | Weblog
今年最初の練習日は風邪で一名欠席。 昨年同様なぜか練習日は天気が悪く吹雪! 練習内容も昨年と同じ。 今年は良い年にしたいです。 keybord & PA Sonobe . . . 本文を読む
コメント

No.496  未だに活躍のQY700  T-Kayano

2013年02月02日 13時43分52秒 | Weblog
曲作りの道具は、いろいろありますが、私の長年の相棒はYAMAHA「QYシリーズ」。 中でも「QY700」は、自宅とトレーニング場所にと2台スタンバイしています。 その利点は、なんといっても「シーケンス性能」。編集が早い。 絵画で言う「スケッチ」から始まって色づけなどの「完成」まで、すいすいと作業がはかどる。(機械の性能に才能がついていってませんが、、、) ただ、ひとつだけ残念なのは . . . 本文を読む
コメント