茅野輝繁/公開自主トレ!

プロフィールは ″茅野輝繁″で検索! 独学! A・SAX吹きの孤独な公開自主トレ日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

No.294 収穫の秋

2008-09-28 09:09:39 | Weblog
収穫の秋

10/4(土)は地元中学校の定期演奏会にゲスト出演が決まった。
約30分の時間を頂き、初公開の『まもりたい』を含め5~6曲演奏する予定だ。
この『まもりたい』は吹奏楽部員に合唱してもらう予定になっている。
そして10月中にはレコーディングの予定ということだ。
吹奏楽部は部員数が少ないのに加え、1年生が多いので指導する先生も大変なようだ。

この吹奏楽部に愛娘が所属するリードギターシバタ氏も力が入っている。
Hotlineメンバーには吹奏楽部出身者が多数いるが、シバタ氏もその1人で地元中学校のピンチに
一肌脱ごうと考えているに違いない。
彼の挑戦はとどまることを知らない。

秋を通り越して冬のような気温が続いているが、今日から秋の収穫稲狩りを始める。
種を蒔き、苗を育て、田植えをして、草刈り・・・・いろんな過程を踏まえ収穫を迎える。
何事も種を蒔く事をしないと結果(収穫)には結びつかないということだろう。
最初が肝心とか、過程が大切、結果が全てというふうにいろんな事を言われるが
自分なりに思うと全てが大切な要素で、それらのバランスがポイントになるように思える。

次回の練習日は10/2(木)練習すっど
Bassman ヨシト
コメント

No.293 一年後には...

2008-09-21 22:49:28 | Weblog
 季節は秋、といっても日中の暑さたるやまだまだ夏を感じるが、
学校に目をやると、やはり秋。
中学・高校の部活動は、現1~2年生達の大会が真っ盛りだ。
秋季大会、言わば「新人戦」である。
 ついこの間まで部をまとめあげていた3年生はご隠居、応援に力を注ぐ。
その3年生達と会話をした。

<試合に出たいだろう?>

「はい、今出れば絶対に優勝できます!」

自信満々な回答である。
客観的に見ても確かにその通りだと思う。
3年生が引退し、2年生達が主体になりわずか数ヶ月。
新人達の中には自信に満ち溢れた選手など一人もいない。
試合展開にも、どことなく余裕のなさが表れている。

そこからの1年は長い...

3年生にしてみれば、いま目の前で行われている試合は
ずっと年下の子供達がやっているように見えるのだと思う。
ただし、1年間一生懸命に精進してきた者達だけに見える
光景だと思うが...

大人はどうだろう?
1年後に後輩が子供に見えるだろうか...
いや、そのような人はたぶんいないだろう。
他人と比べてもあまり意味がない気がする。
比べるなら自分と...
1年前の自分を見て子供のように思えたら、精進していると
いう結果(あるいは途中経過)かもしれない。

さあ、みなさんはどうだろうか?


by ヨシヒト (vo & guitar)
コメント

No.292 Ban-Gaku

2008-09-15 15:07:38 | Weblog
今年、初めて、番楽に参加した。
後継者不足の中、以前から誘いはあったが、いまひとつ踏み切れず、五十路(ごそじ)を過ぎてしまった。
「バンドやってるから。音楽センスがいいから。」との誘いに、「○○もおだてりゃ木に登る」という単純な性格の私は、いい気になって参加してしまった。

番楽、能、歌舞伎、民謡そして歌謡曲と、日本の芸能のルーツにもなる番楽。
たかが番楽、されど番楽。
実際演じてみると奥深い。

初めて、獅子祭りに参加。
練習を重ね、質の高い演目は熱気があふれ、自然に引き込まれて行く。

どんなステージも、プロ、アマ、ジャンルも関係なく、猛練習を重ねた質の高いパフォーマンスは感動する。

30周年ライヴと番楽。私の熱い2008年の夏はこうして終演した。

by Toshikazu
コメント

No.291 「まもりたい」 バンドメンバー初公開!

2008-09-04 22:32:04 | Weblog
30thライブ終了後気の抜けたような練習が続いていたが、10月にレコーディングを予定している「元気な歯っこ協議会イメージソング」の楽譜をメンバーに配布し、イメージを掴んでもらった。

由利本荘市立鳥海中学校の協力を仰いで子供たちの歌声を残していく予定だが、CD完成後は、是非合同発表会を企画できたらと願っている。

次のオリジナル曲の構想も考えなくてはならない。

時間だけが無情に過ぎていく。

メンバーが元気な顔を毎週見せてくれることに救われる思いがする。

今は、我慢の時。

そんな気がしている。

by:T-kayano
コメント