茅野輝繁/公開自主トレ!

プロフィールは ″茅野輝繁″で検索! 独学! A・SAX吹きの孤独な公開自主トレ日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

No.646-31  辻田氏  T-Kayano

2014-03-26 21:56:11 | ふるさと

辻田与五郎氏と3年ぶりに再会した。

いわずと知れた、「血液型政治ネタ漫談士」だ。

鳥海のイベントに講師として招かれたとか、、、

70歳をとうに過ぎたとは、思えぬ若々しさに圧倒されました。

自己PRも万全で、、、車のナンバーまで456、、、

自分の活動も聞かれましたが、、、、

お恥ずかしい限りです、、、、、

鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/

マネージャーのフェイスブックはこちらからhttps://www.facebook.com/yuuko.kayano.3
コメント

No.619-4  滑り止め  T-Kayano

2014-01-05 16:58:00 | ふるさと

今年の正月は、天気予報で注意を呼びかけていただいた割には、当地域は穏やかになった。

とはいっても、ゆうに1mを越す積雪はあり、それなりに雪かきにいそしんでいる。

ところで、湯沢雄勝地区に行くと民家の屋根という屋根には必ずと言っていいほど「滑り止め」がついている。

「落雪防止」が目的なのだと思うが、どう考えても隣家と離れているのに「滑り止め」は、しっかりついている。

軒下を歩くのに危険だとのことなのか?

休日ともなれば、みな高所に昇って雪下ろしに精を出している。

非常に危険な光景だ。

今シーズンもすでに屋根から落ちて亡くなっている方がいると聞く。

我が家といえば、屋根のトップに「雪割り」をつけてから雪下ろしをしたことがない。

その地域にはその地域の事情や習慣があるのだろうけど、自分たちには非常に違和感を感じる光景だ。


鳥海ホットラインはこちらから http://www.hotline.crap.jp/
コメント

No.617-2  箱根駅伝  T-Kayano

2014-01-03 08:00:19 | ふるさと

正月2日3日の恒例スポーツイベント

いつの頃からか、よほどの用事がないかぎり、「箱根駅伝」のTV観戦が正月の過ごし方になってしまった。

一人1時間前後の激走を10人でつないでいく

大学間のつばぜり合いも見ものだが、シード権争いや、選手の中に秋田県出身者がいたりすると興味は倍増する。

昨日の往路、国士舘大学の5区の選手も秋田工業高校の出身だった

昨日は、異例の速さで繰り上げスタートがあったり、疲労骨折による山梨学院大学の途中棄権があったり、、、、と作り物にはない生々しい展開に観戦ボルテージもヒートアップした

彼らの必死のトライに、この一年の自分の心持を固め、確認するひとときだ。

もうまもなく、復路の号砲がなる、、、、、



鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/
コメント

No.532  鳥海新緑まつり  T-Kayano

2013-04-23 20:18:49 | ふるさと


今年も、「鳥海新緑まつり」の季節がやってきました。

年年歳歳過疎化が進行する一方の、数少ないイベントに今年は「ブラボー中谷」さんが出演してくれることになりました。

鳥海での公演は、いつ以来になるのだろう?

ホットラインの結成30周年記念ライブの時には「紫水館」で、ゲストを努めていただきました。

プロマジシャンとして活動を始めて、いつも奥さんの春ちゃんとステージに立ってきたブラボーさん夫妻は、理想の夫婦像でもあります。

6月2日(日)  9:30~15:00は、ぜひ「鳥海健康広場」に足をお運びください。

私も女房と一緒に楽しみたいと思っています。

「J-Magic」 聞けるかな?
コメント

No.525  鳥海の孫  T-Kayano

2013-04-08 13:40:27 | ふるさと



先日、ボクシングのタイトルマッチが行われ「五十嵐俊幸」選手が、試合を行った。

結果は、判定負けで世界フライ級チャンピオンの座を明け渡した。

後日、彼の母親が旧鳥海町出身であることを知った。

昔風に言うなら、「鳥海の孫」だ。

ニュース映像を見ると、かなり壮絶な打ち合いになっていた。

両選手とも流血が激しく、リングサイドで応援するお母さんの心境はいかばかりかと、、、少し気になった。

自分の息子がこのような世界にいくことになったら、、、、、

想像もつかいない。

以前、日本一のイカサマ手品師「ブラボー中谷」さんに送った曲に、「クロスカウンター」というものがあった。

手品用のステージ曲であると同時に「激しい戦い」、「人生の戦い」をイメージして「クロスカウンター」と命名したものだ。

試合も、当然クロスに打ち合うシーンが見られた。

試合には敗れたが、「鳥海の孫」がチャンピオンベルトしめていたことをうれしく思うし、もう一度頂点に立ってくれると期待したい。
コメント