石木川まもり隊

石木川を守ること  それは里山を守ること  それは海を守ること  それは未来を守ること  
ここにダムは要りません

付替え道路工事 19日着工か

2015年05月15日 | 付替え道路工事

今日の定例記者会見で中村知事は中断している「付け替え道路」の工事を、早ければ来週にも再開する考えを明らかにしました。

 

着工に向けた調整が進んだ?

どんな調整が進んだというのでしょう?

住民の理解は未だに得られていないのに…

地権者の再三にわたる話し合い要求は蹴り続け、

地権者や私たち支援者が集めた署名、皆さんの思いが詰まった署名の受け取りさえ応じていないのに…!

 

今朝の長崎新聞は一面でこのことを報じ、「19日にも工事再開」と明記していました。

地権者ら反対派の対応が焦点となるなどと書かれています。

しかし、反対派が看過するわけはありません。

「必要性のない事業を推し進めようとする県に対する抗議行動はおこなう」と以前から宣言しています。

つまり、この道路工事の道路とは、ダムで水没する県道に代わる付替え道路であり、

ダム建設がなければ造る必要のない道路なのです。

 

だから、ダム建設の必要性についてまず徹底的に議論して、

その上で建設すべしとなって初めて工事にかかるべきですが、

そこのところを県は避けて通り、工事だけは熱心に実行しようとするのです。

だから抗議してるのに、知事は、

「妨害行為が違法であるという司法判断が示された。妨害行為がないことを願っている」と主張。

誰も好きで妨害行為なんてやりませんよ。

そんな暇人、こうばるにはいません。支援者も同じです。

でも、時には体を張って止めなければならないこともあります。

沖縄の闘いがそれです。

いま全力で止めないと、未来が危うい。

沖縄県民の人権が危うい、日本の平和主義が危うい、沖縄の海の環境が危うい…

だから何としても止めたいとの思いで全国から抗議行動に人々が集まっています。

 

石木ダムの場合も同じです。

川原住民の人権が危うい、石木川の環境、ひいては川棚川流域の環境、そして大村湾の環境が危うい、

だから地権者だけでなく体を張って止めようとする人々が現れるのです。

仮処分を受けた16人は抗議できなくても、別の人々が抗議行動を起こすでしょう。

 

川棚町の皆さん、県民の皆さん、

川原住民や支援者が、なぜこの道路工事に反対するのか、ご理解ください。

そして、ほんとうに石木ダムが必要か、みんなで考えてみましょう~

 

コメント (2)