ホタルの独り言 Part 2

ホタルの生態や生息環境を研究し保全活動をしていますが、趣味で撮影した昆虫や日本の四季
自然風景の写真も紹介しています。

2017年の撮影目標

2017-03-12 16:08:01 | その他

 私のFacebookでは、日誌的なものも投稿しているが、当ブログ「ホタルの独り言 Part 2」と以前のブログ「ホタルの独り言」では、「ホタルしか知らない人にホタルは語れない」という信条から、様々な昆虫と美しい自然風景も追い求め、以下の理念を持って撮影した写真等を私の「独り言」とともに掲載したいと思っている。

昆虫写真

  1. チョウ、トンボ、甲虫類等の絶滅危惧種や美しい種の生態を観察し撮影すること。
  2. 特徴が分かる図鑑写真であること。
  3. 生態写真であること。
  4. 芸術的作品であること。
  5. 保全への啓蒙となる記事内容であること。

自然風景写真

  1. 「美しい場所を、より美しく」撮ること。
  2. 見る人に感動を与える作品であること。
  3. 芸術的写真であること。
  4. オンリーワンの写真であること。

 しかしながら、なかなか理念に合致する写真を撮れないのが現状である。そればかりか、今年は、1月29日に山梨県の精進湖より富士山を撮って以来、今日まで全く出かけていない。2月は霧氷を撮りたかったが、週末は一度も霧氷が付く天候にはならず断念。ここしばらくは、過去に撮影した写真を再現像して掲載している。
 どこへでも出かけて行けば、絵になるものは撮れるだろうが、理念に縛られて気合も入らず毎週末が次々と過ぎてしまった。出かけなければ感動もないし「撮る」こと自体の楽しさも忘れる スランプに陥っている昨今である。ただし、今月は、次の3連休から季節に合わせた予定を立てているので、天候次第ではあるが、次週以降は色々と紹介ができると思う。

 本記事では、今後の撮影目標(ターゲット)を記したいと思う。これまで、撮影の目標は一切公表したことはないし、公表するにしても年頭にすべきなのだが、私自身に気合を入れる意味で、あえてこの時期に記そうと思う。ただし、公表内容は、日程と撮影場所は明かさず、月別の主な撮影目標だけに留めておきたい。勿論、訪れた先では目標以外の被写体も撮るし、新たな目標を加えることもある。昆虫の撮影においては、単なる写真撮影だけではなく、観察も重要なテーマである。
 目標の中には過去に撮影しているものも多く含まれているが、証拠程度のものは理念に沿うまでは、何度でも撮り直しを行う予定で組んでいる。秋以降は、まだ予定をほとんど入れていないが、それまでは毎週末だけでは足りないくらいの内容だ。この目標を達成すべく、全国を駆け巡りたいと思う。

  • 3月
    • 滝と光芒(自然風景)(3/18 達成
    • ルーミスシジミ(気温が低く断念。11月に延期
  • 4月
    • 桜と棚田(自然風景)(タイミングが合わず断念。来年に延期
    • ムカシトンボ(上陸幼虫/)(4/2 達成
    • ゲンジボタル(幼虫の上陸)(タイミングが合わず断念。来年に延期
  • 5月
    • 桜(自然風景)(5/4 達成
    • 湖(自然風景)(4/30 達成
    • ギフチョウ(イエローバンド/)(探すも見つからず断念。来年リベンジ
    • シルビアシジミ(春型の開翅)(探すも見つからず断念。来年に延期
    • ウスバシロチョウ(黒化型/)(5/20 達成
    • ミヤマカラスアゲハ(春型の集団吸水)(タイミングが合わず断念。来年に延期
    • ゲンジボタル(6/09 達成
  • 6月
    • アサマシジミ(6/24 達成
    • ヒロオビミドリシジミ(オスの開翅)(6/10に訪問するも早すぎ。翌週は大遠征に気合が入らず断念。来年リベンジ
    • ヒサマツミドリシジミ(オスの開翅/)(タイミングが合わず断念。来年に延期
    • ウラクロシジミ(オスの開翅)(6/17 達成
  • 7月
    • ヒメボタル(7/16 達成
    • ハヤシミドリシジミ(オスの開翅)(タイミングが合わず断念。来年に延期
    • アイノミドリシジミ(オスの開翅)(タイミングが合わず断念。来年に延期
    • ウラジロミドリシジミ(オスの開翅)(タイミングが合わず断念。来年に延期
    • キリシマミドリシジミ(オスの開翅)(天候が悪く断念。来年に延期
    • キタアカシジミ()(タイミングが合わず断念。来年に延期
    • ウラミスジシジミ(とりあえず7/08 達成
    • ヤブヤンマ(産卵/)(7/02 達成
    • ネアカヨシヤンマ(産卵/)(7/09 達成
    • カラカネトンボ()(5/20 達成
    • カラカネイトトンボ(天候が悪く断念。
    • ホソミモリトンボ()(訪問するも発生時期を過ぎていたため断念。来年リベンジ
    • オオトラフトンボ(5/20 達成
  • 8月
    • オオゴマシジミ(訪問するも見つけられず断念。
    • ゴマシジミ(青ゴマの開翅/)(8/11 達成
    • ウラキンシジミ(訪問するも見つけられず断念。来年リベンジ
    • コヒオドシ()(目撃したが撮影ならず。来年リベンジ
  • 9月
    • オオルリボシヤンマ(青型メス/)(9/23 達成
    • ナニワトンボ(訪問するも見つけられず断念
    • ヒナカマキリ()(断念。来年リベンジ
    • ミルンヤンマ(産卵/)(9/03 達成
    • カトリヤンマ(産卵)(9/24 達成
  • 10月
    • 紅葉(自然風景)(11/12 達成
    • ミヤマシジミ(青型メス/)(悪天候続きで断念。
    • シルビアシジミ(開翅)(個体数が激減と聞き断念。来春の春型に期待。
  • 11月
    • サツマシジミ(開翅/)(日程が合わず断念。来年に延期
    • ルーミスシジミ(日程が合わず断念。
    • 霧氷(自然風景)(11/19 達成
  • 12月
    • 棚田(自然風景)(条件が悪く綺麗な光景が撮れず。

お願い:写真は、イメージであり本記事内容や時節とも関係はありません。また、写真は、1024*683 Pixels で掲載しています。Internet Explorerの画面サイズが小さいと、 自動的に縮小表示されますが、画質が低下します。Internet Explorerの画面サイズを大きくしてご覧ください。

ホタルの写真

ゲンジボタル
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 / 絞り優先AE F2.8 3秒 ISO 250

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁/Copyright (C) Yoshihito Furukawa All Rights Reserved.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 里山の白梅 | トップ | 早春の高尾 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (多摩NTの住人)
2017-03-12 17:20:12
お仕事がお忙しそうですね。また美しい写真を期待しています。
予定 (ホタル)
2017-03-12 17:35:06
多摩NTの住人様、こんにちは。
コメントありがとうございます。
月~金は忙しいのですが、
土日は、撮りたい風景があっても
天気とのタイミングが合わなくて見られない・・・
そんな状況で一か月以上が過ぎてしまいました。
来週は、新しい風景を紹介できると思います。
撮影にいらっしゃれないお気持ち (granma)
2017-03-14 18:03:07
こんばんは。
週末しか撮影にいらっしゃれないのに
お天気が悪いとがっかりなさいますよね。
出かけたくても行かれないお気持ち、とても
良く分かります。
ホタルさんの様に素晴らしい写真は撮れませんけれど(写真を撮ることに対する考えが違いますが、というよりそれ程真摯な気持ちを持っていない?)私もここ数年、思うように遠くへ行かれなかったのでお気持ちが良く分かります。
季節が進み、彩りのある風景や、昆虫達も活動を始めるのももうすぐですので
お出かけになる機会も増えて来ると思います。
素敵なお写真のアップを楽しみにしています。
撮影日和 (ホタル)
2017-03-14 19:39:31
granma様、コメントありがとうございます。
この冬は、金曜日に霧氷がつくことが多かったり、
日の出の太陽が欲しいのに、朝だけ曇だったりと
なかなか運に恵まれませんでした。
これからは、ご覧頂きましたように目的が多くなりますので、楽しみでもあります。
昆虫の中には数年越しの種がおり、ロケハンも十分にしておりますので、
今年こそは、の思い出出かけて参ります。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事