ホタルの独り言 Part 2

ホタルの生態や生息環境を研究し保全活動をしていますが、趣味で撮影した昆虫や日本の四季
自然風景の写真も紹介しています。

2018年の自己ベスト(昆虫編)

2018-12-26 16:14:36 | 自己ベスト/風景、昆虫

 今年も本年撮影した写真の中から自己ベスト10を選んで締めくくりたいと思う。本記事は昆虫、次に自然風景をまとめた。

 私は、ホタルの生態や生息環境を研究し保全活動をしているが、「ホタルしか知らない人間にホタルの事は語れない。」という信条から、他の多くの昆虫の生態や生息環境を知り、また絶滅危惧種であれば何が問題となっているのかを学んでいる。その記録として昆虫写真を撮影しているが、単に写したものではなく、特徴が分かる美しい図鑑写真、生態写真でありたいと思っているし、ブログ記事も、「今日はどこどこでこんなものを撮りました」的な日誌ではなく、出来れば保全の啓蒙にもなるようにしたいと思い書き続けている。
 毎年、その年に撮る昆虫は正月に細かな計画を立てて、色々と調整しながら行動するが、終わってみればその達成率は何と30%に満たない結果であった。(2018年の撮影目標)毎年そうだが、気候や天候に左右されて撮影に行けなかったことが大きな要因である。また、異常気象の影響だろうか、本年は発生時期がかなり早く、タイミングを合わせるのが難しかった。ただし、2018年の撮影目標に追記はしなかったが、年頭に決めた年間スケジュール以外にも途中で目標を追加しており、10月には愛媛遠征を行うなど、多くの昆虫たちとの出会いに感動し、多くを学ぶことができた。
 今年は、(1)撮影の苦労度と難易度、(2)写真の完成度、(3)学術的貴重度などから次の10点を選び、自己満足度の高い順に並べた。

2018年の自己ベスト(昆虫編)

  1. ギフチョウ/イエローバンド
  2. ハヤシミドリシジミ
  3. カラカネイトトンボ
  4. ウラキンシジミ(odai型)
  5. カトリヤンマ(青眼メス)
  6. ミドリシジミ
  7. オオキトンボ(連結飛翔)
  8. オオルリボシヤンマの青メス
  9. スナアカネ
  10. エゾイトトンボの産卵

 本年の様々な反省を踏まえながら、来年も「未撮影種」「絶滅危惧種」などの撮影を目標にしたい。また、図鑑的なカットを撮り終えた種については産卵等の生態写真の撮影を行い、更には、広角やフィッシュアイ・レンズを使用して生息環境も写し込んだ写真も撮っていきたいと思う。
 最後に、愛媛遠征の際、各地をご案内頂きお世話をして下さった日本トンボ学会会員の飯田 貢 氏、山本 桂子 氏に、改めて心より感謝し御礼申し上げたい。

お願い:なるべくクオリティの高い写真をご覧頂きたく、1024*683 Pixels で掲載しています。Internet Explorerの画面サイズが小さいと、自動的に縮小表示されますが、画質が低下します。Internet Explorerの画面サイズを大きくしてご覧ください。

ギフチョウ/イエローバンド

ギフチョウ/イエローバンド
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO / 絞り優先AE F8.0 1/320秒 ISO 200(撮影地:長野県 2018.5.05)

ハヤシミドリシジミ

ハヤシミドリシジミ
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO / 絞り優先AE F8.0 1/250秒 ISO 400(撮影地:神奈川県 2018.6.24)

カラカネイトトンボ

カラカネイトトンボ
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 / 絞り優先AE F8.0 1/125秒 ISO 200 +2/3EV(撮影地:岩手県 2018.7.14)

ウラキンシジミ(odai型)

ウラキンシジミ(odai型)
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO / 絞り優先AE F8.0 1/320秒 ISO 800(撮影地:岩手県 2018.7.15)

カトリヤンマ(青眼メス)

カトリヤンマ(青眼メス)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F8.0 1/250秒 ISO 400 +1/3EV ストロボ使用(撮影地:愛媛県 2018.10.07)

ミドリシジミ

ミドリシジミ
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO / 絞り優先AE F8.0 1/250秒 ISO 800 -2/3EV(撮影地:埼玉県入間市 2018.6.02)

オオキトンボ(連結飛翔)

オオキトンボ(連結飛翔)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F8.0 1/500秒 ISO 640 +1 1/3EV(撮影地:愛媛県 2018.10.07)

オオルリボシヤンマのオス型メス

オオルリボシヤンマの青メス
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F8.0 1/250秒 ISO 400 +1 2/3EV ストロボ使用(撮影地:新潟県 2018.09.22)

スナアカネ

スナアカネ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F8.0 1/500秒 ISO 200 +1EV(撮影地:静岡県 2018.10.20)

エゾイトトンボの産卵

エゾイトトンボの産卵
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 / 絞り優先AE F8.0 1/160秒 ISO 200 +1EV(撮影地:長野県 2018.06.30)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁/Copyright (C) 2018 Yoshihito Furukawa All Rights Reserved.


コメント   この記事についてブログを書く
« 有明の月 | トップ | 2018年の自己ベスト(風景編) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自己ベスト/風景、昆虫」カテゴリの最新記事