Chubbys Monologue

小太り部屋の徒然日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鳳凰三山 その壱

2006-10-09 | Walkabout 2006

台風一過の鳳凰三山を歩いて来ました。
秋の味覚「南アルプス」大変美味しく戴きました。

満腹、満腹


直前まで別な予定がはいっていた連休でしたが、急な変更で山に行ける事となりました。
一月ぶりだったので無理せず登れる山として選んだのは鳳凰三山。
地蔵岳・観音岳・薬師岳の三山の総称で、日本百名山にも鳳凰山として名を連ねています。とは言っても三山登って一座分。ちと損した気分にもなる小市民は、たっぷり三倍楽しませて頂きました。


【散策コース】
1日目
韮崎-青木鉱泉-どんどこ沢コース-鳳凰小屋

2日目
鳳凰小屋-地蔵岳-観音岳-薬師岳-南御室小屋-苺平-夜叉神峠-甲府




朝からナンですが・・・

75Lザックを背負ってMTBを飛ばし、始発へ飛び乗り韮崎へ。
前傾姿勢のMTBでデカザックは超バランス悪りぃ って言うより不審者として職務質問が怖かったりして


韮崎着6:58

韮崎駅発青木鉱泉行のバス 7:10


出だしからナンですが・・・・



時刻表の上には何故か赤字の案内がベタッ


落石の為、本日運休 (汗)


前日までの豪雨の影響?

空はこんなに青いのに・・・

空があまりに青いので、今更引き返せません。


知らずに到着したハイカーは親方含めて6名。
駅前のタクシーの配車のオジサンに相談したところ、先に1台青木鉱泉に向かって特に連絡が入ってこないので大丈夫だろうとの事。

3名ずつ2台に乗車し一人2千円の割り勘で青木鉱泉へ向かいました。
どうやらバス通りとは違う道を通ったようで、途中の通行止めも無く40分程で青木鉱泉へ無事到着。
趣のある立派な宿ですが、水場やら屋外音入もあって登山客は助かります。

準備を整えてどんどこ沢・川沿いコースへと向かいます(8:00)

どんどこ沢コースは行けども行けども川沿い。時々沢を渡りますが、大雨直後の割りに増水といった感じはありませんでした。

1時間半程で南精進みなみしょうじヶ滝のサインが出てくると少し水量の多めの沢を越えます。

滑らないように慎重に、慎重に。

南精進ヶ滝の全景。
前回キャンプの中日に行った北精進ヶ滝とは違って、間近に行けるのでド迫力。

南精進ヶ滝のすぐ先には鳳凰の滝。少し紅葉ちっくな予感。

鳳凰の滝から1時間半程登ると白糸の滝が現れます。

抜きつ抜かれつのパーティの方にシャッターを押して頂きました。

白糸の滝から更に1時間。最後の大滝、五色の滝へ向かいます。

【注】地図上のコースタイムは登山道から滝への寄り道の時間を含んでいないので注意が必要かも知れません。滝は片道5分から10分程ですが、思わず足を止めてしまいますからね。

高度が上がるに連れて紅葉も目立ち始めます。沢と滝と紅葉でお得な気分のどんどこ沢です。

ここまで幾つか滝を見てきましたが、一番の圧巻はやはりコレ。
五色の滝


滝壷のすぐ脇まで行けます。迫力の水飛沫でカメラも多少濡れますが、そんな事構っちゃいられない素晴らしさ。

正直、この滝を見れただけでも鳳凰山に来た価値があったかも、このまま帰っても悔いは無いと思える滝三昧の親方。

本当にそう思えたのです、滝壺の脇で、この時は・・・
この後に控えているものも知らずに。


五色の滝から鳳凰小屋までは1時間の登りです。紅葉が目立ち出すのもこの辺りから。生憎小雨がパラつき始め、気温も下がってきたので合羽を着ます。

鳳凰小屋へのサインは斜め上向き。ズレている訳ではありません。

空はすっかり雲って来ましたが、それでも赤と黄色が目にイタイ


滝への寄り道で予想外に時間を要して、鳳凰小屋到着は14:40
もう少し早く到着し天気も良ければ地蔵岳往復を考えていましたが、風も強くなって来たので本日の予定は終了に。

「明け方は寒いよ、氷張るからね」との小屋のご主人の言葉に少々緊張。一応ゾウ足とダウンジャケットは用意してあるが・・・

小屋の周りも食べごろの紅葉が。旨そう

「今日はテント場も混むので詰めて張って。張綱固定に石は使わないで」と注意を受けて、金5百円也を支払ってテント場へ。

6百円の缶ビールでプチ祝杯をしたら急に寒さが堪えるようになりました。財布もかぁ。

晩飯はカルビ丼。フリーズドライですが予想外に美味くて驚き。
レトルトより高いけれど軽さは1/4程。

ビールと比較したら安いじゃない

とは簡単に納得できないけれど次回もフリーズドライにしてみるか。


色鮮やかなテントの存在が霞む程鮮やかな紅葉です。
小太り亭は右手の列の一番奥。バーボン片手にまったりと夜を迎える親方です。


夜には雨があがったのですが風が強くて少々不安でした。デカイ重石はこの日の為、とは言っても一時期より減量しているしなぁ・・・





でも

一月ぶりの山歩きで疲れたせいか、気づいたら、翌朝



あれっ、





快 晴




【続く】

人気blogランキングへ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 紅葉 | トップ | 鳳凰三山 その弐 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いつのお話で?! (かいねこ)
2006-10-09 22:08:36
昨日の記事を、(まゆ太さんバリに)携帯でチェックしながら、どこ行かれたんだろうとワクワクしておりましたが、鳳凰三山とは、羨ましい選択ですね。



しかも、紅葉!

しかも、快晴!



この連休のお話ですよね? 誰もが散々な体験をしたこの連休のお話でしたら、本当に親方様には幸運の女神がついているとしか思えません。紅葉プリーズ!!
紅葉綺麗ですねぇ。 (さるや)
2006-10-10 16:46:27
さすがに扇山では紅葉は無し!

よかった、ここにありました。

目の迷いかと思いましたが、滝は流れていたんですね。(ハハハ・・・

今年はまだ、紅葉に縁がありません。

こんくらい、素晴らしい紅葉。どっかで見たいな~さるやも・・・。(ウットリ

親方様って、ホント 女神飼ってるんですね。(オウチニモ・・・?
つい数日前の (小太り親方)
2006-10-10 20:29:33
かいねこさん、イチコメありがとうございます(笑)



突風はコチラも凄かったですが、皆さんの雪と風は半端じゃなかった様子で本当にラッキーでした。

2泊で白峰三山か、1泊で鳳凰か迷って後者にしたのですが結果オーライだったのかも。

上からの絶景を眺めながら皆さんが至福の喜びを口にしていらっしゃいました。

たまにこんな事もあると止められなくなりますよぉ。
紅葉 (小太り親方)
2006-10-10 20:32:56
さるやさん、コメントありがとうございます。

2000mを越えたあたりから紅葉が色濃くなっていました。ピークは今週末あたりでしょうかねぇ。

でも十分楽しませて戴きました。

やはり濃い青空がバックだと紅葉も一段と綺麗に見えますよね。
沢あるんですか?! (musicstart)
2006-10-11 22:33:15
初めてカキコミします。

これからもちょくちょく遊びにきます。

どうぞよろしくお願いします。



えっ、何ですか

”南精進みなみしょうじヶ滝”のサインが

出てくると滝が出てくるって!?



沢、私弱いんですよ。

バランス感覚無いので時間かかります。

どうすっべ!?



普通には行って帰れそうに無い、

アルプスの紅葉狩り登山が待っていそうです。



ようこそ、小太り部屋へ (小太り親方)
2006-10-11 23:15:43
misucstartさん、はじめまして。

是非、ちょくちょく覗きに来て下さい。



出発までもう僅かですね。羨ましい。

どんどこ沢コース、沢登りみたいな凄いトコロは無いので大丈夫ですよ。ご安心の程を。

これらの滝は見ておいて決して損は無いので、是非寄り道をしてお腹イッパイになって帰ってきて下さいね。

レポ楽しみにしています。

Unknown (sanae)
2006-10-12 15:35:57
大荒れの日本列島かとおもいきや、ここは別世界ですか?

親方さんだけ日ごろの行いが良かったとか?

まぁワタクシ自慢ではありませんが、日ごろの行いはワルイデス・・・仕方アリマセン(^-^;

鳳凰は確か3回くらい行ってますが、そういえば私もここは天気に恵まれ・・相性がいいかも♪です。

どんどこ沢はまだ歩いたこと無いんですよね。

なかなか美味しそうで!これは是非行かねば(笑)

でもトシちゃんのご機嫌伺いの方が・・・・(爆)



山の天気と日ごろの・・・ (小太り親方)
2006-10-12 18:21:01
sanaeさん、コメントありがとうございます。

初日の夜はどうなるかと思いましたが、それ以外は天候に恵まれ、やはり日ごろの行い・・・

と山の天気は全く関係無い事が証明されました(笑)

今週末も好天の様子でいつ、どう切り出すかウズウズしています。sanaeさん達はお二人共に山好きでいらして羨ましい限りですよ。



どんどこ沢、いやぁ良かったですよ。トシちゃんは滝がお嫌いなんですか??靴の水漏れのせいでしょうか?

コメントを投稿

Walkabout 2006」カテゴリの最新記事