風に吹かれて

風に吹かれて Web of Peace
      

反日種族主義 日韓危機の根源

2019年12月31日 | Weblog

今年もあと数時間で終わります。
韓国とは歴史的にいろいろありますが、なんとかまとまろうとすると振出しに戻ります。

なぜ。

政治屋や利益団体。

「反日種族主義 日韓危機の根源」韓国でこんな本が出て日本の右翼を喜ばしています。
何が真実かわからなくなります。
この本を世界中の人に読んでもらいいろいろな学者の方の意見を聞いてみたい。
ですから是非英語版を出してほしい。
できなければこの本の価値はないと思います。

2020年小さな命が守れますように。
コメント

表現の自由

2019年08月04日 | Weblog


表現の自由を放棄させるような政治 これはあきらかに戦前に戻ろうしている。

次々と自由が奪われていく。
そして戦争に。
コメント

なぜ

2019年07月14日 | Weblog


こんにちは義母の一周忌に行ってきました。
とても蒸し暑い日ひでした。

世の中選挙です。

働く人の賃金は減り、税金は上がり金持ちはもっと良くなり。
100年持つと言っていた年金も減っていくらしい。

憲法を変えこの国を守れと、戦争に行かなくていい人が叫ぶ。

そんな人や政党に投票する人たちが多くいる。

なぜ。


コメント

君は元気ですか

2019年07月07日 | Weblog


もうすぐ夏が来ます。
コメント

憲法

2019年05月03日 | 憲法


爽やかな季節を迎えて連休も後半に入ってきました。

さて憲法記念日です。
右とか左とか考え方を言いますが、日本国憲法はどっち。
私は右でもなく左でもなく中道と呼ばれるものでもないと思うのですが
日本国憲法は素晴らしいと思っています。

しかし新元号に変わりいろんなところで、天皇陛下万歳と叫んでいる場面をTVなどで
見ます。
陛下自身が、日本国憲法を堅持し象徴なのだと語っていらっしゃいます。
だから国民もその辺のところをよく考えないとどんどん流され 国歌のように
なっていくように感じています。
だいたい国家が「君が代」とは、なんか納得行かいような気がしています。
「君が代」を国民に押しつけるのは時の政府の言うことに従う国民を作るためで、歌わない
人を戦前のように非国民とするような風潮をつくりつつあるような気がします。

非民主的な事と思うのは私だけでしょうか。

そんなことを、憲法記念日に思い心配しています。

コメント