補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フローリングの補修あれこれ|汚れ防止に光沢が少ないシルクマットという塗膜の厚い塗料を塗布することにより…。

2017年10月31日 15時40分04秒 | フローリング補修

本物のフローリングは木材でできているので、置物などを落下させたり大きな家具を移動させたりするとちょっとした傷がつく場合があります。子供部屋など人がよく通るところだと、すごく目立ってなんとかしたくなります。
プロフェッショナルの経験によって床のリペアの結果は変わります。専門業者の経験値を重視し、やってもらうプロフェッショナルを決定するのが大切です。
    [PR]リテーナーの臭いとリテーナの洗浄剤、リテーナークリーンVIVAおさらばしよう!
変形やキズが残ったら、床用に作られた各種補修剤を活用して修繕するといいですよ。最初の通りというのは不可能でも、そこそこきれいになります。
コーティングで覆われた新築のフローリング床も、剥離剤を使って1古いワックスを除去してから新しく塗り直すと、理想の状態のフローリング床をキープすることができるそうです。
汚れ防止に光沢が少ないシルクマットという塗膜の厚い塗料を塗布することにより、床材の大小さまざまな傷がわかりにくくなり、塗り直しの周期をさらに延ばすことができるそうです。

例えば、キャスターで動く家具を傷防止対策なしで使っていると、へこみ傷などが生じやすいので、何かを使って床を傷から守りましょう。
各種補修剤は、日用雑貨店やいろいろな100円ショップでも買えます。カラーは、床の色に比べて濃いものがきれいに仕上がります。白浮きが気にならず、床のもとの色に自然になじむからです。
建築後しばらくたった中古マンションのフローリングなどにシミが残っているケースがよくあります。シミや汚れはついたらすぐに取り去ることが必要で、放っておくと残ってしまいます。
 [PR]フローリング、床の補修はリペアアキ東京・神奈川・千葉、関東一円OK
整理ダンスなど重量のある家具を設置するなら注意が必要です。何年間にもわたって、重みがかかる床の設置面に、避けられない傷やへこみが生じることを知っておいてください。
家のフローリングを上手に貼る秘訣は、最初の列をきれいな弧で描くことが不可欠です。どうしてかというと敷き始めは、あとの工事のもとになるからです。

床についた困ったキズはひどいものも含めて、そこそこのサイズなら、“フローリングでもOKのいわゆるキズ補修剤”を使って手軽に補修することができるそうです。
いわゆる無垢木材は“呼吸している素材”。ですから、放っておけないほどの傷は別にして、施工後まもなく補修するのは我慢して、少なくとも数か月放っておいて補修したほうが得策です。
水汚れがつきやすい洗面所は、色褪せやシミ、直しにくい傷みが生まれやすいので用心してください。フローリング床についた水汚れは、そのままにしないように注意してください。
床の木材に傷があるケースではないにせよ、何も手入れしないと、ワックスがはげたところが大きくなったり、傷が治らなくなるケースがあるため、早めの対処が大切です。
たいしたことのない傷の場合なら、傷ついた箇所に床より少し暗い色の補修用クレヨンなどをのせ、あまった補修用クレヨンなどを除去し、仕上げ用ワックスを重ねます。

コメント