補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プロに頼まないで行う床のフローリング補修で活躍するものは…。

2017年08月31日 08時10分03秒 | フローリング補修

硬い床でも何かが落ちたり書棚などを移動する時にどうしても傷がつきやすいですし、ペットの爪などによっても新築のフローリングに傷が残ってしまいます。
フローリング表面の仕上げに木の温かみを残すシルクマットというウレタン塗料などを塗れば、フローリング床の大小さまざまな傷が気にならなくなり、メンテナンスの間隔をさらに先延ばしにすることができるそうです。
気を付けていたのにへこみやキズができたら、フローリング床専用のさまざまな補修剤を買って修復できます。最初の通りというのは不可能でも、ほとんど綺麗な床に戻ります。
ひょんなことから木素材の床にキズをつけてもあわてる必要はありません。ちゃんとしたやり方ですぐにリペアすると目立たなくなります。キズの種類毎のリペア法を取り入れましょう。
プロに頼まないで行う床のフローリング補修で活躍するものは、金物店で販売されています。たくさんのフローリング補修材を見てみると、「かくれん棒」というものがよく出るそうです。

床の補修剤は、金物店や東急ハンズなどでも売っています。たくさんの色がありますが、床より濃い色がきれいに仕上がります。白浮きが気にならず、床のもとの色になじみ、納得の補修ができます。
今では東急ハンズなどで修復専用のキットが買えるように“木製の床や家具のキズ補修”は普通のことの仲間入りをしています。
床は普通部分的に張り替えるのがとても難しいのです。たとえ交換しても色がぴったり合わず、どことなくおかしい場合もあるので、リペアがとてもうまくいきます。
だれが見ても分からないほどの傷であればお店で買えるリペア専用キットで補修すれば直りますが、傷がひどく数がたくさんだと、プロに頼まず自分で修理するのはなかなか厳しいと思います。
一部分だけ取り替えることは不可能ではありませんが、まったく同じ板材のフローリングを探すのは難しく、同じと言われるフローリングでも製造ラインや使用場所に違いで、寸分たがわぬというのはむずかしいことにちがいありません。

スチームアイロンを使用して大切な無垢フローリングのメンテナンスを行えば、何年何か月もそのままにしてあった無垢材のフローリングの凹みキズなども、ほぼきれいになること請け合いです。
 [PR]フローリングや床の補修はお任せリペアアキ東京・神奈川・千葉
実際にプロが行うリペアは見事で、リペアが完了した後の完成度は本気で探さなければどこの箇所をリペア補修したのかほとんど判別できません。
傷は小さくても気になり始めると気になってしょうがなくなりますが、東急ハンズなどで買えるリペアセットを上手に活用することで、アマチュアでも気軽にさまざまな補修ができるんです。
数年来全室フローリングの家が次々に建てられていて、だからリペアが頼める専門家も増加傾向にあります。そのうえ、前よりもとても安くなったというのは確かです。
床に物を誤って落下させてのこってしまった軽い傷や、思い出の家具につくった傷は、木の素材のものならおそらくリペア可です。プロフェッショナルに頼めば、程度にかかわらずキズが補修できます。

コメント