補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

素材が木の床はナチュラルでほっとしますが…。

2016年08月31日 12時20分01秒 | フローリング補修

大切なフローリングについたちょっとしたキズは、補修用クレヨンを傷の箇所に塗り重ねるときれいになります。深刻な傷のフローリングの場合は、固形タイプのほうがおすすめと思います。
自ら行う小さなフローリング補修で活躍する各種材料は、DIYショップで販売されています。さまざまなフローリング補修材を見てみると、「かくれん棒」という製品が有名なようです。
暮らしていく中でのフローリング床のキズは家族の思い出だとは思いますが、キズだらけになると見た感じに影響を与えるため、可能ならこまめに修理やリペアするといいでしょう。
 [PR]フローリングや床の補修はお任せリペアアキ東京・神奈川・千葉
大切な床に傷をみつけたケースでは、ワックスがけを行って、徹底的に乾かした後にリペアを始めます。わずかなキズなら、ワックスを塗っただけで見えなくなってくれます。
完全に張り替え以外に道がないほどの広範囲なキズでなければ、お店に並んでいる補修剤を塗って補修にトライするほうが値段が安く手軽という大きなメリットも忘れてはなりません。

最近のマンションで使われている床に塗布されているのはほんの薄い膜なので、日常生活で動き回るだけでもめくれてしまったり、砂ぼこりや砂粒などの細粒でよく見ないと見えない傷は避けられないのです。
テープを使うお手軽タイプのフローリング床の場合、今ある床材を剥がさずに張ればいいので、プロに頼まずに部分的にリフォームを行うことができるでしょう。
ものすごく水気と相性の悪い床は、かたく絞った古布で何回も水ぶきをすると傷む場合があります。その傷みがさらに悪くならないように、きちんとしたケアが鍵になります。
マンションの床などの小さな凹みキズやスリキズにちょうどいいのが「かくれん棒」シリーズでしょう。塗布すれば大切なローリングや柱に作ったわずかな傷が気にならなくなり、短時間で補修することができるんですよ。
張り替えでなく床リペアすることのいい点は、短期間のリペア作業をすれば終わります。コストや手間を小さくしながら出来る限り新品の状態に直します。

床というものは部分的な張り替えが一筋縄ではいかず、張替えを行っても色がぴったり合わず、調和しない時もあるので、リペアがかなり効果的です。
素材が木の床はナチュラルでほっとしますが、他方で傷ができやすいとも言えます。たんすの裏側などに傷を防ぐシートをつけるのが傷防止には有効です。
傷ができたからすぐさま取り替えるのは得策ではありません。一般的に傷はリペアできるので、床材の入れ替えをしなくてもその傷を元通りに補修することはできます。
大切な床は尖った物を落下させたりたんすなどの家具を動かすことで傷がつくことが多いし、犬や猫などのペットによっても大切なフローリングに傷ができます。
普通の家屋・分譲マンションのフローリング補修を行う時は、いわゆるフローリングリフォームと違って、交換の面倒な手間が必要じゃないから、コストも低く美しい床が手に入ります。

コメント