補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フローリングの補修あれこれ|1年に1回のペースで床のフローリングにワックスを塗ると…。

2016年05月31日 15時20分07秒 | フローリング補修

世の中ではディスカウントストアで修復に必要な道具のセットが手に入るように“床のフローリングのキズ修復”は有名な日曜大工になりました。
賃貸マンションの床を自分の力で補修を行う方もいるようですが、よくないですね。プロによる補修工事はきれいで、アマチュアの補修とは全部異なります。
純粋な無垢木材は“生きている”と言っても過言ではありません。ということは、深刻なケースの他は、施工後間をおかずに補修するのはあまりよくなく、少なくとも季節が変わるまでは放っておいて補修したほうが得策です。
生活の中のメンテナンス方法は乾拭きをして、軽い傷を発見したらフローリング用の補修ペンやクレヨンを利用して自力で補修を行うことが美しい状態を維持するキーだと思います。
例えば100%天然材のフローリングのちょっとしたへこみは、湿らせた布を当て布にして、アイロンをあてると、温度上昇に伴ってフローリングそのものが膨張し、平らになることもあるそうです。

普通の使用によりだんだんフローリングの塗装は減りますが、きちんと手入れした床と使いっぱなしの床とでは、早くに明確な相違が生まれます。
リビングの床や木素材の家具についたわずかなへこみキズなどにぴったりなのがかくれん棒シリーズと言われています。塗布すればフローリングや家具の浅いキズがなくなったようになり、短時間で補修することができるんですよ。
1年に1回のペースで床のフローリングにワックスを塗ると、避けられない傷がかなり減ります。ところが、何か重いものを落として大きな傷や深い陥没になってしまうことも珍しくありません。
コーティングに木の温かみを残すシルクマットという塗膜の厚い塗料をセレクトすると、床の浅い傷が気にならなくなり、管理の間隔を先延ばしにすることができるんですよ。
特に湿気がよくないフローリング床は、濡らした雑巾でしょっちゅうこすると逆効果になる場合があります。床の傷みが進まないうちに、きちんとしたケアが床をきれいに保つコツです。

廊下などのフローリングをきれいに敷く条件は、最初の列をなだらかな弧にすることでしょう。どうしてかというと最初は、その後の作業のかなめの役割があるためです。
長年置きっぱなしの家具の荷重に耐えかねて大事な床が歪んだなど、ちょっとしたきっかけで生まれる面倒なキズ。程度の大小にかかわらずプロにお願いしたら大丈夫です。
プロに頼まないで行うリビングのフローリング補修に用いるものは、スーパーで買えます。さまざまなフローリング補修材で、「かくれん棒」という補修材が有名なようです。
 [PR]フローリング&床の補修はリペアアキ金属補修もOK!
専門家がやる床補修は、深いキズ、ヘコミ、色褪せ等を新品とまがう床に補修がかないます。床材交換ではなく、専用の補修材を使って補修が行われます。
床に物を誤って落下させてこしらえてしまったちょっとした傷や、大事な家具にこしらえてしまった傷は、木製ならリペア可能だと思います。専門家なら、すべてのキズが補修できると言われています。

コメント