補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フローリングの補修あれこれ|マンションの床にキズを付けてしまったら…。

2016年01月31日 17時30分22秒 | フローリング補修

マンションの床にキズを付けてしまったら、交換となるとかなりのコストが必要になりますが、部分的な床リペアは気になるキズの一部分だけをうまく補修すればいいから割安です。
新築マンションで選ばれる床は畳ではなくフローリングであることが珍しくありませんが、小規模なリペアを行えば、大好きなフローリングをいつまでも理想的な状態で使い続けることができます。
 [PR]フローリング&床の補修はリペアアキ関東一円OK!
自宅マンションのフローリング床を業者に頼まずに補修してしまう方もいるようですが、よくないですね。言うまでもなくプロがするリペア補修は仕上がりがよく、素人による補修と全然違ったものになるからです。
毎日行き来することなどで少しずつフローリングは薄くなりますが、定期的にメンテナンスしてある床とほったらかしの床では、即座にものすごい外観の差が生まれます。
継ぎ目部分に起こる床鳴りをリペアしようと思ったら、実鳴り対策の補修剤を使って、継ぎ目を潤滑にして、摩擦を最低限にし気になる実鳴りが鳴らないようにします。

数種類の材料を集めた集成材であれ天然木であれ、たいていのフローリングは木材を採用しているため、暮らしの中でだんだんとどんな場所にもちょっとした傷が増えるのは避けられません。
希望のフローリングも貼り方がよくなかったり丁寧じゃないと、ようやく実現したフローリングが無意味になりかねません。みなさんもしっかりと敷かれているのが理想だと思いますよね。
マンションの中でたいへん傷みが進みやすく老朽化の進む「床(フローリング)」は、完成時の質は当然ながら、それからのメンテナンスが必要だと思います。
納得の結果を希望するのだったら、専門の補修業者に頼むのがおすすめです。仕上がり具合は全く補修箇所が気にならなくなります。
キズ補修はプロフェッショナルの力を借りるのが何よりも安心なやり方だと思います。その場しのぎの補修ではなく、根本的な原因から傷を修復するのを目指すため、完成時の状態まで回復します。

リビングの床や木素材の家具についたさまざまなキズに使えるのが「かくれん棒」シリーズでしょう。塗布して磨くとフローリングや柱についた小さな傷が消えたようになり、手軽に完璧な補修ができるんです。
ちょっとしたキズであれば、東急ハンズなどでさまざまな「床材用補修カラーや補修専用液」が購入できますので、色を見て買い、頑張ってフローリングのリペアが可能です。
フローリングで、キャスターで動くテレビ台などを何の保護もせずに使い続けると、ひっかき傷などが生じる原因になるため、何かを用いて保護するのがお奨めです。
不注意にもものを落下させてしまった結果、新築のフローリングに小さなキズがついてしまっても、自力で傷を分からなくできる商品がフローリング用リペアキットと呼ばれるものです、
コーティングで覆われたマンションのフローリング床も、剥離剤をつけて徹底的にもともとのワックスをとってから再び塗布すると、新築当時のフローリング床をキープすることができるはずです。

コメント