補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

傷を見たくないからといってすぐさま交換するのは現実的ではありません…。

2015年09月30日 12時30分29秒 | フローリング補修

いろいろな傷や水の飛び散りからデリケートなフローリングの状態をキープするには、ワックスを塗ることが効果的です。できることなら、1年に2回ほどワックスを塗るといいでしょう。
木材でできた床は肌になじみほっとしますが、一方でちょっとのことで傷が残ります。たんすの裏側などに傷防止に有効な専用フェルトシートを買って貼付しておくのがいいと思います。
マンションの仕様の中でも特に傷がつきやすく摩耗も早い「床(フローリング)」こそ、完成時の質のみならず、使いながら維持することが必須だと言われています。
繊維の間に水分を吸収する木のありがたい特性を巧みに利用したへこみ傷のお手入れ法は、自然治癒力を備えた無垢材のフローリングだからこその優れた補修方法です。
たいていは大切な床や柱など木材に傷ができてしまったら手の施しようがないとあきらめてしまいますが、実際はそうとは限りませんから、よく判断する必要があります。

建築用語でサネと呼ぶ突起がフローリングの両脇には加工されています。このサネのおかげで、がっちりと貼り合わせることが実現するのです。
最近のマンションで採用される床はフローリングということがほとんど当たり前ですが、少しのリペアさえすれば、大好きなフローリングをずっともとの状態のまま維持できます。
傷を見たくないからといってすぐさま交換するのは現実的ではありません。たいていのキズは補修やリペアができますから、床材の総とっかえをしなくても厄介なキズを100%近く補修することは簡単です。
家の床のさまざまなハプニングが発生した場合は、リペア用の補修剤を購入して修復を試みることはすごくいいことだと思います。
新築時、表面を覆っているクリアー塗料などがなくなってしまったリビングのフローリングには、その部分だけクリアー塗料などで補修する方法が最適です。

日々の家庭生活でつく床の小さなキズは一家の歴史なのは確かですが、キズだらけになると見た感じの印象が悪いので、なんとかこまめに修理やリペアするべきです。
 [PR]フローリングや床の補修ならリペアアキ金属補修もOK!
ポピュラーな材質が木のものの補修を挙げるなら床補修でしょう。家具の運び込みの時に作ったキズや物を落下させて作った凹み傷など、気になるキズもケースバイケースなんです。
業者に依頼せずにやるリビングのフローリング補修に用いるものは、金物店で売られています。たくさんのフローリング補修材の中では特に、「かくれん棒」という補修材がよく売れています。
丈夫な床でも不注意で物を落下させたり書棚などを移動する際に傷がつきやすいですし、室内犬などによっても新築のフローリングが傷になってしまいます。
手で模様をかける補修材も使えば、フローリングの柄が木目調である際は、比較的隠すことが可能です。

コメント