補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

多くの場合大切な床や柱など木材に傷ができてしまったら元に戻せないと考えられていますが…。

2015年08月31日 19時40分08秒 | フローリング補修

リビングの床にワックスがけをすると膜があるので、細かい傷を付きにくくします。とびちり汚れもあまりつかなくなるので、毎日のお掃除が簡単にできるというおまけもあってありがたいですね。
アイロンのスチームで大事な無垢フローリングを手入れしてみると、長い時間過ぎた無垢材のフローリングの嫌な凹みキズも、完全にもとの状態になること請け合いです。
大小さまざまなキズがわからないようにきれいに補修することが、フローリング補修と呼ばれるものなんです。さらに付け加えると、フローリングのシミ補修など一般的な補修のことを「リペア作業」という言い方でも呼びます。
極端に水分が苦手な床は、よく絞った古布で繰り返し水ぶきをすると逆効果になる場合があります。フローリング床の傷みがひどくなる前に、確実にメンテすることが床をきれいに保つコツです。
サネの凸凹部分は1ミリの隙間なく合わさっていることが欠かせません。さもないとフローリングの木材と木材の間がガタガタして、ぱっと見がとても悪いでしょう。

自ら行う床のフローリング補修にいるものは、東急ハンズなどで手に入ります。数多くあるフローリング補修材を眺めてみると、「かくれん棒」という製品がよく売れています。
床に重いものを落下させてつくった軽い傷や、お気に入りの家具にこしらえてしまった傷は、木製ならリペアできる可能性はあります。プロにかかれば、程度にかかわらずキズの補修が可能です。
 [PR]フローリングや床の補修ならリペアアキ金属補修もOK!
マンションの床にキズを付けてしまったら、張り替えを選択するとかなりのコストが必要になりますが、床リペアにすれば気になるキズだけ補修を施すのでお財布に優しい!
無垢の木はいわば“生命体”。なので、深刻なケースでなければ、できた後すぐに補修することは考えず、2、3か月は放っておいて始めましょう。
多くの場合大切な床や柱など木材に傷ができてしまったら元に戻せないと考えられていますが、専門家に聞くと違います。ちゃんと点検しましょう。

賃貸マンションの床を自力で補修する方もいるようですが、賢明なやり方とは言えません。絶対にプロの手による補修やリフォームは完璧で、一般人がやったものと本当に似て非なるものです。
合板であれ天然木であれ、ほとんどのフローリングは何らかの木材を活用しているから、普通に暮らしているだけで少しずついろいろな所に多少の傷がつくのは仕方ないですね。
可愛いペットの排泄物はありがちですが、盲点なのはウォーターサーバーの水漏れでできたシミ補修でしょう。フローリングだと、あっと思った時にはもう遅くてシミの跡ができている場合が多いです。
古い家屋のフローリングにシミが残っている時がよくあります。シミや汚れはついたらすぐに取り去ることが必須で、時間が開くと取れなくなってしまいます。
新築マンションなどで採用されている音を伝わりにくくするフローリングは無垢素材だけが使われているのではなくて、合成板の下にさまざまな防音材を重ね張りして下の階への音が聞こえにくくしているのです。

コメント