補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

賃貸アパートを出るときは…。

2017年12月10日 19時00分12秒 | フローリング補修

純粋な無垢木材はいわば“生命体”。ですから、ひどいキズは別にして、施工直後に補修するのは避け、2、3か月は変化を観察してやるべきです。
台所はフローリングの汚れ等、消耗が散見されます。素敵な敷物でおおわれていて分からなかったけど、めくってみたら広範囲な傷があったと気づいてショックだった人もかなりいるはずです。
    [PR]リテーナーの臭いとリテーナの洗浄剤、リテーナークリーンVIVAおさらばしよう!
本物のフローリングは木材でできているので、硬いものを転落させたり椅子を引きずっただけでも傷が残ります。居間など人がよく通るところだと、予想以上に隠しづらいと言えます。
キズがそれほどでもない場合なら、キズを消したい場所に床に近い色の補修用クレヨンなどを塗布し、過剰なものを布で取り除き、仕上げにワックスを重ねます。
賃貸アパートを出るときは、当然原状回復(入居前と違わない状況に戻して返却する)が条件です。その際はフローリングの摩耗具合はチェックが厳しくなります。

かなり水を嫌う木材の床は、かたく絞った古布で何回もこすると傷む場合があります。床の傷みが悪化する前に、確実な補修方法が床をきれいに保つコツです。
尖った物を落下させて、お気に入りのフローリングに小さなキズがついても、プロに頼まずにそのいやなキズを目立たなくできる商品がフローリングリペア専用に売られている補修セットです。
スチームアイロンを使用して無垢フローリングの床をお手入れすれば、長い年月そのままにしてあった無垢フローリングにできた嫌な凹みキズも、完全に新しい状態になるはずです。
 [PR]フローリング、床の補修はリペアアキ東京・神奈川・千葉、関東一円OK
専門家がやる床補修は、ひどいキズ、ヘコミ、色褪せ等を新築の床と同等まで補修がかないます。取り替えるのではなく、市販の補修材を利用して補修してくれます。
俗にいう集成材であれ天然木であれ、多くのフローリングは木材を材料として用いているので、毎日使っていると知らず知らずのうちにあちこちにいろいろな傷がつくのは当たり前です。

普通のフローリングはキャスター付きの家具のせいで、ものすごく傷つきやすいところがあります。重みのかかったキャスターで決まったところを繰り返し動くと、隅がせりあがって困ります。
フローリング床の上に塗布されたウレタン塗料などが取れてしまった家のフローリングをきれいにするには、剥げた部分にクリアー塗料などで補修しましょう。
今のフローリングや廊下に何箇所か傷があり、プロの補修業者に補修してもらいました。仕上がり具合は、どの箇所に傷があったのか一生懸命見ないと気づかないほど、元通りに近くなります。
フローリングの張り替えの値段よりリーズナブルにやってもらえる床リペアという方法は、傷が見分けられない状態まで直せます。借家に最適の補修方法として人気があります。
フローリングで、可動式のチェストなどを何の工夫もなく使い続けると、へこみ傷や破損の原因になるため、敷物を買ってきて床を傷から守りましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1年に1回のペースでフロー... | トップ | フローリングの補修あれこれ... »

フローリング補修」カテゴリの最新記事